『エフゲニー・オネーギン』  オペラ関係

今日は、夕方から銀座に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の歌舞伎座

クリックすると元のサイズで表示します

目的地は、ここ。
東劇METライブビューイングの2013〜14シーズンが開幕。

クリックすると元のサイズで表示します

半年ぶりに来たら、新兵器が導入されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

青い席が選択可能な席。

クリックすると元のサイズで表示します

以前は紙の座席表で、
取った席は赤鉛筆で塗っていました。
進歩です。

鑑賞前に腹ごしらえ。
築地の立ち食い寿司です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは「こばらセット」というのがあって、
小腹が空いた時に最適。
築地ですから、ネタもいい。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、METライブビューイング、
今シーズンの10作品のうち、
第1作目は、チャイコフスキー「エフゲニー・オネーギン」

クリックすると元のサイズで表示します

METライブビューイングが始まった最初の年にもやり、
今回が2度目のおつとめ。
ただし、新演出

クリックすると元のサイズで表示します

この演出がいい。
装置がしっかりとした出来で、
ロシアの芝居を観ているよう。
群衆シーンの人間の処理も良好。

クリックすると元のサイズで表示します

演出のデボラ・ワーナーは、
元々シェイクスピアやブレヒト、イプセンなどの芝居の演出家だからうなずける。
デボラが体調不良で降板した後、
フィオナ・ショウが、そのコンセプトを引き継いで演出した。

クリックすると元のサイズで表示します

タチヤーナを歌うのは、アンナ・ネトレプコ

クリックすると元のサイズで表示します

今回指揮をするワレリー・ゲルギエフ
(サンクトペテルブルクのマリンスキー・オペラの指揮者)
が見いだした歌手で、
幕間インタビューでゲルギエフが
ネトレプコのことを「努力の人」と言っていたのが印象的。
第3幕の公爵夫人になってからが貫祿充分。
それにしても毎年太くなる。

オネーギンを歌うのは、マリウシュ・クヴィエチェン(右)、
親友のレンスキーを歌うのは、ピョートル・ベチュワで
二人とも適役。
ポーランド出身だから、
この公演、指揮者と主役三人が
バルト海近辺の出身者ということになる。

クリックすると元のサイズで表示します

第2幕のタチヤーナの命名日のお祝いの場から
オネーギンとレンスキーの対立、決闘、
第3幕のサンクトペテルブルクでの
オネーギンとタチヤーナの再会と、
息をつく間もないほど緊張が続き、
音楽も盛り上がる。
決闘前のレンスキーのアリアが哀切。

チャイコフスキーの音楽は美しく、叙情的で、
それもそのはず、
このオペラ「叙情的情景3幕」という頭が付く。

失われた過去への追憶、
取り戻せない青春の日々への悔恨があふれ、
ロシアのオペラの中だ、
この作品が一番好きだ。

ブログを検索したら、
前回(7年前)の感想が出て来た。
興味のある方は↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20070226/archive

中には変な演出で観たのもあって、
二期会公演のとんでも演出の感想は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20080914/archive






AutoPage最新お知らせ