『もうひとりの息子』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

テルアビブに暮らすユダヤ人家族の一人息子ヨセフは、
兵役のために健康診断を受け、
その血液検査の結果、
ヨセフは両親と血がつながっていないという衝撃の事実を知る。
18年前の湾岸戦争の混乱の中、
出生時の病院で別の赤ん坊と取り違えられたのだ。

なにやら「そして父になる」とよく似た発端だが、
「血のつながりか息子として暮らした歳月か」
という問題とは別に
更に複雑な様相が加わる。
とり違えた相手がパレスチナ人の一家だと分かったからだ。
イスラエルとパレスチナという「宿敵」の子供
自分の息子として育てていた事実に衝撃を受ける。
しかも、パレスチナ人の父親・サイードは
ヨルダン川西岸のイスラエルの占領地区に住んでおり、
ユダヤ人の父親・アロンはイスラエル軍の将校。
パレスチナ人にとってはイスラエル軍は憎んでも憎みきれない相手だ。

家族同志の交流会がもたれ、
取り違えられたパレスチナ人の子供・ヤシンが
両親と共にヨセフの家を訪れる。
すぐに打ち解ける母親に対して、
父親同士は占領政策に対して口論を始める。
この会合にヤシンの兄は反発して欠席し、
帰宅した弟に
「お前はユダヤ人だ、この家から出て行け」と言う。

ヤシンとヨセフの心は通じ合うが、
二人の心は揺れる。
ユダヤ人もアラブ人も
民族の血を重んじるからだ。
ユダヤ人として育てられた自分と、パレスチナ人としての血。
パレスチナ人として育てられた自分と、ユダヤ人としての血。
どちらを重視するかで、
自分のアイデンティティーが崩壊してしまう。

こうして、家族とは何か、民族とは何か、
歴史とは何か、愛とは何か
が問われる。

映画の中でヨセフとヤシンが並んで鏡に向かい、
「見ろ、イサクとイシマエルだ」と言うシーンがあるが、
イサクとイシマエルは旧約聖書に出て来るアブラハムの二人の息子。
兄イシマエルの子孫が回教徒になり、
弟イサクの子孫がユダヤ人となったことは、
旧約聖書にもコーランにも出て来る。
つまり、ユダヤとアラブの問題は、
何千年も前の家族問題であり、
その長い歳月を争いあい、
こじれにこじれた近親憎悪の問題なのだ。
それだけに根が深く、解決は難しい。

同じ題材を扱っても
これだけ違う映画になる。
つくづく日本は平和だな、と思う。

映画は淡々と進むが、
通行証のお礼にアロンを訪ねたサイードが
二人で行ったカフェで何も口を開かず黙々と時を過ごす描写、
テルアビブに来たヤシンを家の入口で迎えた母親が
落とした果物を拾うヤシンの手に
血のつながりのぬくもりを覚えるシーン、
占領地帯を訪れたヨセフが
夕食の場でアラビア語の歌を歌い、
父親が楽器でそれに和する場面、
(ここで、対面の時に、
ヨセフがミュージシャンを目指していることを聞き、
母親が父親に「貴方の血よ」と
言ったセリフが生きて来る)
迎えに来た軍人の父が、
途中で出会ったヨセフの頭を抱き、
「お前は未来永劫に私の息子だ」というシーンなど、
切なくて涙があふれるシークエンスが随所に出て来る。
それが押しつけがましくなく迫って来るのが秀逸。

民族の血と歴史にこだわる父親の世代と違い、
若者同士の交流の中に
未来への希望を感じさせる
珠玉の一篇

両方の父親、母親、兄、二人の息子、
みんなうまい。
難しい題材を
リアルで感動的な家族の物語に昇華したのは、
フランスの女性監督ロレーヌ・レヴィ
昨年の東京国際映画祭で
東京サクラグランプリ最優秀監督賞を受賞したのもだてではない。

5段階評価の「5」


予告編は↓をクリック。
.
http://www.youtube.com/watch?v=TLRIAmQ55Xc&feature=player _embedded&list=UUQlRluwSVryF5z9z_YIDHdQ

パレスチナ問題については、↓をクリック。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%8A%E5%95%8F%E9%A1%8C



タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ