『そして父になる』  映画関係

今日は渋谷に出かけ、映画を2本観ました。

クリックすると元のサイズで表示します

行きの電車。
車両の全部の広告がpalシステムの広告。

クリックすると元のサイズで表示します


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「誰も知らない」「歩いても歩いても」で
じっくりと家族の絆のありようを描いた
是枝裕和監督の期待作。

大手建築会社に勤め、
都心の高級マンションに
妻と6歳の息子・慶多と暮らす野々宮良多。
ある日妻が出産した病院に呼び出され、
病院で赤ん坊が取り違えられ、
6年間育てた息子が他人の子だと判明する。

DNA鑑定で証明され、
取り違えられた相手の家族と会うと、
相手は群馬県で電球一個を売っているような
しがない電器店・斎木雄大だった。

クールなエリートサラリーマンの野々宮の
内心電器屋を軽んずる気持ちを福山雅治がうまく演ずる。
野々宮は挫折を味わったことのない人生で、
野々宮の中には、
優しすぎて闘争心のない息子に対する疑念があり、
取り違えを聞かされた時、
おもわず「やっぱり」と口にしてしまったことが
妻のみどりを傷つける。

「子供が取り違えられていたら、どうするか」
という「石」を二つの家庭に投げ込んで、
その波紋をじっくりと見つめる是枝監督好みの題材。
盗作問題が生じているようだが、
子供の取り違え事件など、
映画の材料として決して新しいものではない。
問題は、そのよくある素材を
どうやって映画的に料理するかだろう。
その点、是枝監督の細やかな演出に脱帽する。

上司の提案で
「二人とも引き取る」と提案する野々宮に対して
「お金で買えるものと買えないものがある」
と逆襲される野々宮。
あとで「どうして電器屋にあんなことを言われなければならないんだ」とつぶやく。

豊かな暮らしをし、
有名大学の付属小学校に入学させることが
子供の幸福だと考える野々宮。
一方、妻を弁当屋のパートに出しながら、
暖かい触れ合いを大切にする斎木。
試験的な泊まりで
大皿に持った餃子を供する斎木と
高級和牛のスキヤキを食べさせる野々宮。
対照的に描く二つの家庭の
どちらが幸福なのか分からない。

斎木を演ずるリリー・フランキーも妻の真木よう子も好演。
野々宮の妻・みどりを演ずる尾野真千子もうまく、
是枝監督の時になると、
どうしてこうも役者が上手に演ずるのかと思うが、
それが是枝監督の演出の手腕というものだろう。
子供も自然だが、
「演技」を引き出すまでには至らなかった。

血のつながりと6年間の生活とどちらを大切に思うか。
野々宮自身、父が母と離婚しての
義母との生活があり、
その思い出も野々宮の目覚めの一歩となる。
題名通り、この映画の主人公は野々宮で、
野々宮の父親としての成長物語だ。
涙を呼び起こすような作品ではないが、
一つ間違えば、
どこの家庭にも起こるかもしれない事件を通じて
家族のつながり、
愛とは幸福とは
、を考えさせ、
深く心に残る一篇

4人の役者の好演で、
良き日本映画が出来上がった。

5段階評価の「5」。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ