『空飛ぶ広報室』と直木賞候補作  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

前回の直木賞候補作。
作者は「図書館戦争」「県庁おもてなし課」など
映画化作品も多い有川浩(ありかわひろ)。


航空自衛隊に入った空井大祐は、
長年の夢だった
ブルーインパルスに入れるようになった28歳の春、
その道を断たれた。
何の責任もない交通事故に巻き込まれて重傷を負い、
その障害から
パイロット資格を剥奪されたのだ。
その空井に新たな辞令が発せられ、
赴任した先は
防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室だった。

広報室はユニークな人間の集まりだ。
ミーハーでアイドルグループのメンバーをそらんじている鷺坂一佐(室長)。
昇進試験を拒否し、
一曹のまま、広報の仕事の継続性を重んじる比嘉一曹。
その比嘉と以前別な部署で仕事をし、
比嘉に劣等感ともつかず、
優越感ともつかない不思議な感情に悩まされる片山一尉。
片山と防衛大学校の剣道部で一緒だったことがあり、
女性であることの悩みから解放されていない柚木三佐。

これらに
帝都テレビの女性記者で
自衛隊に偏見を持っている稲葉リカがからむ。

一般人からみれば
偏見と先入観と無理解に満ちた目で見られる自衛隊という組織を
どうしたら分かってもらうかが広報室の役目。
その一般人の代表者が稲葉リカで、
物語は空井とリカの成長物語として描かれる。

自衛隊の広報というものがどういうものか、
どんな制約を受けてなされているか、大変興味深く読んだ。
特に戦闘機への体験試乗を巡る話が面白かった。

中で、流布されているという
各自衛隊の性質を言い表した言葉というのが面白い。

空=勇猛果敢・支離滅裂
陸=用意周到・動脈硬化
海=伝統墨守・唯我独尊
統幕=高位高官・権限皆無
内局=優柔不断・本末転倒
そして、
防衛記者会=浅学非才・馬鹿丸出し
というオチもつく。

本編が終了した後に、
東日本大震災で被災した
松島基地の話が付け加わる。
災害現場での自衛隊の活躍は知っているが、
どんな心情でしているかが描かれていた。

「しかし、我々は自衛官ですから、
どんな状況にあっても
支援する側に回るのは当然の義務です。
被災したことは同じでも、
我々は有事の訓練を受けております」
「でも・・・隊員にもこちらに家族のある方がいるでしょう。
心配じゃないんですか」
尋ねたリカに、
広報班長は「もちろん心配です」と頷いた。
愚問だったと頬が火照る。
「ですが、自衛官はみんな妻や子に
言い聞かせていると思いますよ。
もし何かあっても
俺は家にいないから何とかやってくれ、とね。
それが自衛官と所帯を持つということです」
大きな災害があったとき、
一家の大黒柱は被災地へ急行する。
たとえ家族が同じ被災地にいたとしても、
見知らぬ他人を助ける任務を優先するのだ。

税金で訓練するのだから当然だ、
と言う者もいるだろう。
しかし、いくら給料をもらっているとはいえ、
そこまで見知らぬ他人に尽くせるものだろうか。

作者は、あとがきでこのように結ぶ。

自衛隊をモデルに
今までいろんな物語を書いてきましたが、
今回ほど平時と有事の彼らの落差を
思い知らされたことはありません。
ごく普通の楽しい人たちです。
私たちと何ら変わりはありません。
しかし、有事に対する覚悟があるという一点だけが違います。
その覚悟に私たちの日常が支えられていることを、
ずっと覚えていたいと思います。

直木賞の選考委員の評は辛かった。
「作家が取材の対象とこれほど一体化してはいけない。
いくら素晴らしい人たちで賞賛すべき仕事をしていようと、
作家はその奥にある何かトゲあるものを見なくてはいけないのだ」
「文字通り自衛隊の広報のような印象が残り、
感動がえられなかった」

まさにそのとおりだが、
直木賞候補になったこと自体、
一番驚いたのは、
作者の有川浩なのではないか。


というわけで、ようやく前回(第148回)の直木賞候補作
ようやく全て読み終えた。
順位を付けると、

1位:安倍龍太郎「等伯」(受賞作)
2位:西加奈子「ふくわらい」
3位:伊東潤「国を蹴った男」
4位:有川浩「空飛ぶ広報室」
5位:志川節子「春はそこまで」
6位:朝井リョウ「何者」(受賞作)

それぞれの感想文は、↓をクリック。

「等伯」
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130215/archive

「ふくわらい」
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130329/archive

「国を蹴った男」
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130131/archive

「春はそこまで」
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130125/archive

「何者」
http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20130518/archive





AutoPage最新お知らせ