『風立ちぬ』  映画関係

今日の「あまちゃん」
ついに東日本大震災の当日になりましたが、
津波の描き方、
ジオラマを使って、
大変すぐれた描写だったと思います。
被災者の心情を考慮しての方法で、
こういうところに
脚本家と演出家の心意気を感じます。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

この映画、予告編で観る気をなくしましたが、
宮崎駿監督引退表明を聞き、
「遺作」とあらば、観ざるをえなかろう、
と思って観てきました。

観てよかった

大正から昭和にかけての暗い時代、
空を飛ぶ機械を作ることに命をかけた堀越二郎と
その恋人である少女菜穂子の交わり。
自分の夢を追うことが、
時代の反映で、いたしかたなく
殺戮の機械を作ることになってしまう矛盾。
その苦痛を当人ではなく、
当時の空気を上手に織りまぜることによって
うまく描写されています。
「機関銃を積まなければ、
もっと軽く出来るんだが」
というセリフは皮肉一杯。

群衆処理が優れ、
一人一人に至るまで
当時の日本と日本人の空気に触れる思い。

そして、二郎と菜穂子の恋は、
純粋な魂同士が触れ合った時の
切なさが表現され、
不覚にも涙を流してしまいました。

再三描かれるカプローニとの
幻想での出会いは、
スケール感も大きく、
描写も美しい。
最後の部分、
「(ゼロ戦は)一機も戻って来ませんでした」
というセリフは重い。
技術を追究した結果が
空しいものとなった終結は哀切です。
時代が変われば、
全く別な価値を発揮したでしょうに。

始め、アニメにする題材かと疑いましたが、
やはりアニメでしか描けない作品になっていました。

宮崎作品には初めての
大人の恋を描き、
新機軸かと思いましたが、
これが遺作かと思うと悲しい。
もっとも、前にも引退を撤回したことがあり、
創造者としての業で、
良い題材に出会えば
もう一度取りかかる可能性もあります。
その時は、
もう「子供を喜ばすこと」はやめて、
大人のためのアニメを作っていただきたい。

主人公の声に素人を起用したことの是非が問われていますが、
私は否定的。
二郎のセリフは、
訓練された声優ならば、
もっと深みが出たはず。
声優のプロとしての技術と実力を
もっと信じてもいいのではなかったか。
黒沢明監督も終わりの頃、
訓練された役者を信用せず、
重要な役に素人を起用して墓穴を掘ったが、
その二の舞のような気がする。

それにしても、
観客に観たい気を起こさせるために作る予告編
私のように宮崎アニメをずっと観て来た人間に
観る気を起こさせないというのは何事だろうか。

5段階評価の「4」。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ