東京ディズニーランド  わが町・浦安

今日は、わけあって、
東京ディズニーランドに出かけました。
我が家からは自転車で15分ほど。
↓は自転車置場。(無料)向こうに見えるのは、ディズニーランドホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

通常入園料金は大人6200円(シニアは5500円)ですが、
5時から入場出来る「夏5パスポート」だと3300円。
ネットで購入すると、
↓のようなものが送られてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

端に印刷された2次元コードを入口の読取機にかざして入場。
同じ2次元コードは受け付けない仕組み。
プリントアウトしたものを持っていれば、
チケット売り場に並ぶ必要はありません。

↓は、5時からの入場を待つ人の列。

クリックすると元のサイズで表示します

今年、東京ディズニーランドは30周年を迎え、

クリックすると元のサイズで表示します

「ハッピネス・イヤー」という、特別なプログラムを開催中。

クリックすると元のサイズで表示します

入ってすぐのワールド・バザール
すごい人出です。

クリックすると元のサイズで表示します

待っている間に
iPhoneで各アトラクションの待時間を調べておきました。
「スペースマウンテン」
「ビッグサンダーマウンテン」
「スプラッシュマウンテン」
の「山」モノは全部120分待ち以上。
「カリブの海賊」「ジャングルクルーズ」など、
開園当初からあるものは、
40分待ち程度。
開園以来の東京ディズニーリゾートの
総来園者数は5億7千万人だそうですから、
大部分がリピーターなので、そうなるのかもしれません。、

で、待時間120分のスターツァーズに。

クリックすると元のサイズで表示します

このスターツァーズ、
今年5月にリニューアルして、
3D版になりました。
「ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」と
添えられています。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間ほど並んで、ようやく中に。

クリックすると元のサイズで表示します

壁面に映像が出て、退屈しのぎとなります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これがこれから乗るスタースピーダー1000。
ナビゲーターはR2D2。

クリックすると元のサイズで表示します

相棒の3POもいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ディズニーの世界というより、
完全にスターウォーズの世界

クリックすると元のサイズで表示します

120分待たず、80分ほどで乗れました。
表示より早く乗れて喜ばせるのも、テクニックの一つ。

クリックすると元のサイズで表示します

前のシャッターが開くと、3D映像が始まりますが、
撮影は、ここまで。

クリックすると元のサイズで表示します

映像に合わせて乗り物が動くもので、
3Dメガネをかけて、迫力が増しました。
乗客のノリもいい。
50通りのストーリーがあるそうです。
私が見たのは、「スターウォーズ エピソード1」の
ポッドレースと水中の怪物との遭遇。
出来ればエピソード5を観たいですが、
何回通えば出会えるのでしょうか。

スペースマウンテンを横目に見ながら、

クリックすると元のサイズで表示します

キャプテンEOへ。

クリックすると元のサイズで表示します

マイケル・ジャクソン主演、
フランシス・フォード・コッポラ監督のこの作品は、
1987年の3D宇宙ミュージカル。

クリックすると元のサイズで表示します

一度中断して、再上映。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、最近のCGによる3Dを見慣れた目からは、
やや古めかしく、
フィルムも劣化しているのではないかと思われました。
しかし、マイケルはカッコいい。

その後、園内を移動。

クリックすると元のサイズで表示します

和のテイストか、ちょうちんが飾られています。

クリックすると元のサイズで表示します

うちわがミッキーの耳になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

シンデレラ城も

クリックすると元のサイズで表示します

30周年の飾りつけ。

クリックすると元のサイズで表示します

移動したのは、いい位置でエレクトリカル・パレードを観るため。
午後8時から開始。

クリックすると元のサイズで表示します

先頭を飾るのは、フェアリー(妖精)。

クリックすると元のサイズで表示します

ミッキーとミニーが乗っています。

クリックすると元のサイズで表示します

「アリス」のチシャ猫。

クリックすると元のサイズで表示します

ドラゴン。

クリックすると元のサイズで表示します

その後ろを白雪姫が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ピーター・パン。

クリックすると元のサイズで表示します

「アラジン」のジニー。

クリックすると元のサイズで表示します

クマのプーさん。

クリックすると元のサイズで表示します

トイ・ストーリー。

クリックすると元のサイズで表示します

ニモ。

クリックすると元のサイズで表示します

モンスターズ・インク。

クリックすると元のサイズで表示します

背中に女の子を背負っています。
時々「ニャンコ」と言います。

クリックすると元のサイズで表示します

エレクトリカル・パレードは、
1985年から1995年、東京ディズニーランドで開催。
その後、ディズニー・ファンティリュージョンを経て、
2001年に復活。

クリックすると元のサイズで表示します

エレクトリカル・パレードはいつ観ても素晴らしい。
「冥土の土産」と言った人もいたくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

夢のような25分間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

その後は、カルーセルと

クリックすると元のサイズで表示します

イッツ・ア・スモールワールドを横目に見て、

クリックすると元のサイズで表示します

プーさんのハニーハントへ。

クリックすると元のサイズで表示します

A・A・ミルン原作の童話の世界。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、私の高校時代の愛読書は「クマのプーさん」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

大学受験の時には、
服の下に
お守り代わりに「クマのプーさん」の本を
しのばせたという変わり者。

クリックすると元のサイズで表示します

ハンドルネームは「浦安のプーさん」。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この絵、いいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

回りはカップルか家族連ればかり。
オッサン一人で来ているのは、私くらい。
係から人数を聞かれて「一人」と言うのは、
ちょっと恥ずかしい。

蜜壺に乗って、
プーさんの夢の世界を旅するこの乗り物、
蜜壺が不思議な動きをします。

クリックすると元のサイズで表示します

出たところのお土産コーナーには、

クリックすると元のサイズで表示します

プーさんグッズだらけ。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、A・A・ミルンの「A・A」ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

アラン・アレクサンダー・ミルンがフルネーム。

クリックすると元のサイズで表示します

知ってました?

クリックすると元のサイズで表示します

その後は、
ミッキーのフィルハーマジック

クリックすると元のサイズで表示します

これも3Dで、
ドナルドの演奏会が思わぬ方向に。
次々とディズニーメロディがかかり、
風が吹いたり、水がかかったりと、
大変凝った作りでした。

閉園のアナウンスが流れる中、
カリブの海賊に行ってみると、
10時1分前なのに、
入れてくれました。
これが他の遊園地とは違うところです。

クリックすると元のサイズで表示します

大傑作・カリブの海賊、
これを観なければディズニーランドに来たことにはなりません。

前と変わったところは、
蛸の足のひげのおじさんの映像と、
ジャック・スパロウが3回も登場すること。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、外に向かうワールド・バザールの人込み。

クリックすると元のサイズで表示します

閉園時間まで、こんなに人が園内にいたとは。

考えてみれば、
事故に遇ったカミさんの全快祝いで来て以来ですから、
4年ぶり。
何だか、懐かしい。
それにしても、
夏休みとはいえ、
この混雑ぶりは驚きです。

私がもっとも東京ディズニーランドに行ったのは、
開園の年。
その頃は、まだ混んでいなくて、
一日いれば、
アトラクションは15位制覇できました。
今日は5時間で5つ。

全快祝いのことは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090524/archive







AutoPage最新お知らせ