ホワイトハウス映画2本  映画関係

〔映画紹介〕

6月公開の「エンド・オブ・ホワイトハウス」

クリックすると元のサイズで表示します

8月公開の「ホワイトハウス・ダウン」は、

クリックすると元のサイズで表示します

どちらもアメリカ合衆国の
大統領官邸が占拠され、
機能不全に陥ってしまう、という話。
居合わせた一人の男が
獅子奮迅の働きをして、
大統領を救出する、
というのも似ている。

アメリカでは、
「エンド・オブ・ホワイトハウス」が3月22日公開に対して、
「ホワイトハウス・ダウン」は6月28日公開。
3カ月早い分、前者の方が興業収入は多かったようだ。

どうして同じような話が二つも出来てしまったのか不思議だが、
「ホワイトハウスがテロリストに占拠されたら、さぞ面白かんべえ」
という企画意図で突っ走ってしまったのだろう。
ただし、「エンド・オブ・ホワイトハウス」の方は、
日本で付けた題名で、
原題は「OLYMPUS HAS FALLEN」(オリンポス山は落ちた)。
原題にホワイトハウスという言葉はない。
オリンポス山はギリシャの神々が住んだ山で、
世界の最高権力者、アメリカ大統領の居城にたとえられている。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」で占拠したのは、
北朝鮮のテロリストで、
「ホワイトハウス・ダウン」で占拠したのは、
大統領を守るべき人々の内部犯行
両作とも、テロリストには
隠された動機があり、
物語の進行に従って
その真相が明らかになるのは同じ。

「エンド・オブ・ホワイトハウス」で活躍するのは、
大統領専任の元シークレットサービスで、
自動車事故で大統領夫人の命を守れなかったことから
現場を離れ、事務職についていたマイク・バニング(ジェラルド・バトラー)。
心に傷をかかえており、
大統領を命懸けで守る動機付けとなっている。
「ホワイトハウス・ダウン」の方は
議会警察官でシークレット・サービスの面接を受けて落選確実なジョン・ケイル(チャニング・ティタム)。
大統領オタクの娘をホワイトハウス観光ツァーに連れ出した時、
事件に遭遇し、
大統領と娘の両方を守らなければならない立場に立たされる。
娘も官邸内部からの情報提供など、活躍する。

まあ、どちらも似たような出来映えだが、
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の方が
やや単調な展開なのに対し、
「ホワイトハウス・ダウン」の方が
迷路のようなホワイトハウスの構造を駆使して、
手の込んだ作り方だ。
さすがローランド・エメリッヒ
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の監督はアントワーン・フークア

大統領が死亡した場合、
規定で副大統領が大統領職に就き、
副大統領も死亡した場合、
下院議長が大統領代行となるが、
聖書に手を置いて、
少数の立ち会いのもと、
宣誓するシーンは興味深かった。
ケネディが暗殺された時、
リンドン・B ・ジョンソン副大統領が、
空港のエアフォース・ワンの機内で
離陸前に就任宣誓を行ったのは有名な話。

大統領役を演ずるのは、
「エンド・オブ・ホワイトハウス」がアーロン・エッカートで白人、
「ホワイトハウス・ダウン」がジェイミー・フォックスで黒人なのが違う。
両者とも貫祿不足。

一人の孤軍奮闘で危機を乗り越えるというので、
どうしても「ダイ・ハード」の既視感が働くが、
「ホワイトハウス・ダウン」の方が
主人公の名前を「ダイ・ハード」と同じジョンにするなど、
意識した作りとなっている。

どちらも5段階評価の「3.5」


なお、
「大統領継承法」(1947年)は、
「もし死亡、辞任、解任、執務不能などの理由により、
大統領と副大統領の双方が
大統領の責務を果たし権限を執行できない場合には、
下院議長が、下院議長と下院議員を辞職したのちに、
大統領としてこれを行う」

とした上で、
その次を上院仮議長、
その次からは内閣の閣僚を
所轄省庁の設立年の古い順に並べ、
継承順位を次のように、
第18位まで定めている。

1.副大統領
2.下院議長
3.上院仮議長
(上院議長は副大統領が兼務。
          仮議長は上院によって選出され、
          慣例的に多数党の最長老議員が
          務めることとなっている。)
4.国務長官
5.財務長官
6.国防長官
7.司法長官
8.内務長官
9.農務長官
10.商務長官
11.労働長官
12.保健福祉長官
13.住宅都市開発長官
14.運輸長官
15.エネルギー長官
16.教育長官
17.退役軍人長官
18.国土安全保障長官


ただし
外国で生まれて合衆国に帰化した者など、
憲法で定める大統領の資格を満たさない者が
この順位内にいる場合は、
その者をとばして下位の者の順位が繰り上がる。

また、副大統領以外の者の地位は、
あくまで職権代行者たる大統領代行に留まり、
副大統領のように大統領に「昇格」することはできない。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ