『兄弟は勇敢だった?!』  ミュージカル関係

今日は夕方から
3週間ぶりに「上京」し、
六本木へ。

クリックすると元のサイズで表示します

芋洗坂を下って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何やら既視感がある光景。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが劇場への入口???

クリックすると元のサイズで表示します

これは・・・
「ブルーマン」をやっていた劇場だ!

クリックすると元のサイズで表示します

韓国ミュージカルの専門劇場が出来たと聞いて、
来ましたが、
「ブルーマン」の跡地だったとは。

クリックすると元のサイズで表示します

劇場入口。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

劇場内。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の作品は、↓

クリックすると元のサイズで表示します

ソウルでは
外国のミュージカルを演ずる大劇場がある一方、
大学路という
150以上の小劇場がひしめくエリアがあります、
そこでは、創作ミュージカルが盛ん。
その中で、
2008年春に初演され、
以来4回のリバイバル公演を行っている、
「観客が選ぶ一番人気のあるミュージカル」に選ばれたのが、
この作品「兄弟は勇敢だった?!」
海を渡っての1か月公演。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は慶北(キョンブク)道の安東(アンドン)。
内面に根深い対立を抱える兄弟、ソクボンとジュボン。
母の死を父のせいだと感じていた二人は、
もう3年も家を離れていたが、
父の訃報を受け、安東に戻ってくる。
久しぶりの再会にもかかわらず、
二人は会うや否や口げんかを始める。
親戚達は、
お化けが出るから丑三つ時までには必ず寝なさいと、
小心者の兄弟を怖がらせる。
そんな中、真夜中に
見たこともないような美しい神秘的な女性オ・ロラが二人のもとを訪れる。
法律事務所から来たというオ・ロラは、
亡くなった父親が宝くじの1等を当て、
実家のどこかにその宝くじが隠されていると告げる。
見つけたものが独り占めしてもいいという遺言に、
事業に失敗したソクボンと就職に失敗したジュボンは、
人生の逆転を夢見、
宝くじとロラを手に入れるため
壮大な兄弟げんかを繰り広げる・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
ややコミカルに展開した第1部に対し、
第2部は、
涸れ井戸の中で
母親の日記を発見したことから、
舞台はガラリと一変し、
嫁いで来た母親の物語になる。

(観る予定のある方は、
ここから先は読まないで下さい。)

顔も知らない相手と結婚し、
本家である重圧に押しつぶされそうになりながら、
二人の息子を育て、
やがて離反され、
ボケが始まり、
それでも本家の嫁であることを貫こうとする母。

長男に生まれた悲哀、
次男に生まれた鬱屈、
本家を守ることに汲々とした父親、
それぞれの心情が吐露され、
舞台は切ない感情が支配する。

これは、韓国の地方の名家における
失われていく伝統の悲しみを負った作品だと分かる。
そして、ボケが進行した母親が
それを自覚しながらそれを隠し、
夫を使用人と間違えて、
自分の夫はどんな人だったか、
二人の息子はどんな子供だったかを問い、
夫がそれに偽りの答えをするあたりで
頂点に達する。
胸が痛くなるような第2幕だが、
母親の葬儀で、
客席の通路を通って
母親が死の世界に入るあたりで、
ついに落涙した。

クリックすると元のサイズで表示します

喜劇の体裁を取りながら、
韓国の死生観因習
家族の和解まで描いたこの作品が
支持されたわけが分かる。

このような話が
音楽に乗って展開するのだが、
その音楽がまた素晴らしい。
音楽がストーリーを前に進め、
音楽が感情を高揚させるという
ミュージカルの必然
ここにはある。

というわけで、
韓国の創作ミュージカルの底の深さを感じた次第。

最近、日本では
創作ミュージカル、ほとんど見かけないが、
この点でも韓国に追い抜かれてしまったか。

以前、ソウルで観た「西便制」(映画「風の丘を越えて」のミュージカル版)
も素晴らしかった。
この劇場で「西便制」をやったら、
是非観てみたい。

このような良作にかかわらず、
客席は半分にも満たない入り。
今後のこの劇場の展開が心配になってしまいました。

上演中は当然撮影禁止ですが、
カーテンコールだけは撮影OK。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国ミュージカルは元々そうでしたが、
最近ではカーテンコールも禁止が増えました。

ここの粋な配慮で、
↓の客席のカメラ。

クリックすると元のサイズで表示します

これくらいのファンサービスは、あっていい。

クリックすると元のサイズで表示します

カーテンコールの動画は、
↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IlhMAXsSkvo

劇場のホームページは、↓をクリック。

http://www.amuse-musical-theatre.jp/

その後、このミュージカルを紹介して下さった方と、
↓で歓談。

クリックすると元のサイズで表示します

こんにゃくの唐揚げとは珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

親子丼。

クリックすると元のサイズで表示します

美味でした。






AutoPage最新お知らせ