慰安婦の像 その他  

アメリカ、カリフォルニア州グレンデール市
慰安婦像が設置された。
市議会の決定だという。
何の関係もないアメリカの一地方都市が、
そのような決定をしたこと自体が面妖だが、
その背後には、
韓国ロビィストたちの働きかけがあったようだ。

その他のアメリカの地方都市や州で、
同様な動きがあり、
韓国人の多い地域では、
票に配慮して決議する動きもあるようだ。

ここへ来て、韓国の日本批判の戦略が、
謝罪と賠償を求めるためのものから
日本を国際社会でおとしめるためのもの
変容して来ていることが分かる。

先のサッカー試合での横断幕問題も、
韓国は「日本の応援団で旭日旗を掲げた者がいたからだ」
と日本を攻撃しているが、
旭日旗が出たから、
「歴史を忘れた民族に未来はない」という
大きな横断幕を急遽用意したわけではあるまい。
あの垂れ幕も安重根の肖像画も
2010年10月の日韓戦で掲げられたものと同じ。
何のことはない、
応援団は常時準備しているのだ。

とにかく「反日愛国」であれば何でも許されると思っている。
しかも、その手法が下品極まりない。
日本の閣僚が「民度に問題がある」と言ったが、
まさにそのとおり。
以前、靖国神社の池に放尿している韓国人の
自慢気な写真がネットに掲載されたが、
これなど、韓国人の民度の低さを如実に表している。

グレンデール市の公聴会に出席した日本人が
「慰安婦たちは、志願した売春婦であり、性的奴隷ではなかった」
「日本軍が女性を強制連行した事実はない」
「国家間の清算は済んでいる」
「外国政府間の案件に米国の地方都市が関与するのは不当である」
「碑の設置は、戦時の憎しみをあおりたて、
子供たちに悪影響を残すだけだ」
「韓国側の慰安婦についての主張は捏造だ」
と主張したことが、
アメリカの新聞にも掲載されているというが、
日本政府もは慰安婦問題に対しては
正式な見解
ニューヨークタイムスに全面広告で掲載するなどしたらどうか。
言われっぱなしでは、
相手の主張を認めたことになる、
というのが国際社会の常識なのだから。

竹島が日本領であることを示す古地図も発見されたというし、
日本政府は
竹島も尖閣も日本領であることの
理論的主張をアメリカの新聞に公式に掲載することもしたらいい。
両方とも法的にも歴史的にも日本の主張に利があるのだから。
それを「両国を刺激してはまずい」と遠慮している間に
日本の立場がどんどん悪くなっているのだ。

それにしても、
隣国なのに、
その悪口を言い続け、
国際的な地位をおとしめることに狂奔するような国とは
付き合わなくてもいい
くらいの覚悟が必要。
日本の力が借りられなくて困るのは、
あちらなのだから。


それにしても麻生さんの言い方も悪い。
「ワイマール憲法もいつの間にか
ナチス憲法に変わっていた。
誰も気づかないで変わった。
あの手口を学んだらどうかね?」
などと言えば、
たとえどんなに「喧噪の中で決めないでほしい」が主旨、
と弁解したところで説得力がない。
大体「手口」などという不穏当な言葉を使っているのがいけない。

その上、
言っていることに重大な過誤がある。
そもそもヒトラーは、
ワイマール憲法に代わる
ナチス憲法など制定しなかった
1933年3月23日の
全権委任法の成立によって
憲法が効力を失ってしまっただけなのだ。
だから、形式的には、
1949年5月23日の
「ドイツ連邦共和国基本法(ボン基本法)」に
代わるまで
ワイマール憲法は存続したことになる。

不勉強による間違った認識で発言し、
発言の影響も配慮できず、
安易に撤回しても
火種を残す。
麻生さん、しっかりして下さいよ。


『兄弟は勇敢だった?!』  ミュージカル関係

今日は夕方から
3週間ぶりに「上京」し、
六本木へ。

クリックすると元のサイズで表示します

芋洗坂を下って行きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何やら既視感がある光景。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが劇場への入口???

クリックすると元のサイズで表示します

これは・・・
「ブルーマン」をやっていた劇場だ!

クリックすると元のサイズで表示します

韓国ミュージカルの専門劇場が出来たと聞いて、
来ましたが、
「ブルーマン」の跡地だったとは。

クリックすると元のサイズで表示します

劇場入口。

クリックすると元のサイズで表示します

ロビー。

クリックすると元のサイズで表示します

劇場内。

クリックすると元のサイズで表示します

今日の作品は、↓

クリックすると元のサイズで表示します

ソウルでは
外国のミュージカルを演ずる大劇場がある一方、
大学路という
150以上の小劇場がひしめくエリアがあります、
そこでは、創作ミュージカルが盛ん。
その中で、
2008年春に初演され、
以来4回のリバイバル公演を行っている、
「観客が選ぶ一番人気のあるミュージカル」に選ばれたのが、
この作品「兄弟は勇敢だった?!」
海を渡っての1か月公演。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台は慶北(キョンブク)道の安東(アンドン)。
内面に根深い対立を抱える兄弟、ソクボンとジュボン。
母の死を父のせいだと感じていた二人は、
もう3年も家を離れていたが、
父の訃報を受け、安東に戻ってくる。
久しぶりの再会にもかかわらず、
二人は会うや否や口げんかを始める。
親戚達は、
お化けが出るから丑三つ時までには必ず寝なさいと、
小心者の兄弟を怖がらせる。
そんな中、真夜中に
見たこともないような美しい神秘的な女性オ・ロラが二人のもとを訪れる。
法律事務所から来たというオ・ロラは、
亡くなった父親が宝くじの1等を当て、
実家のどこかにその宝くじが隠されていると告げる。
見つけたものが独り占めしてもいいという遺言に、
事業に失敗したソクボンと就職に失敗したジュボンは、
人生の逆転を夢見、
宝くじとロラを手に入れるため
壮大な兄弟げんかを繰り広げる・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

というわけで、
ややコミカルに展開した第1部に対し、
第2部は、
涸れ井戸の中で
母親の日記を発見したことから、
舞台はガラリと一変し、
嫁いで来た母親の物語になる。

(観る予定のある方は、
ここから先は読まないで下さい。)

顔も知らない相手と結婚し、
本家である重圧に押しつぶされそうになりながら、
二人の息子を育て、
やがて離反され、
ボケが始まり、
それでも本家の嫁であることを貫こうとする母。

長男に生まれた悲哀、
次男に生まれた鬱屈、
本家を守ることに汲々とした父親、
それぞれの心情が吐露され、
舞台は切ない感情が支配する。

これは、韓国の地方の名家における
失われていく伝統の悲しみを負った作品だと分かる。
そして、ボケが進行した母親が
それを自覚しながらそれを隠し、
夫を使用人と間違えて、
自分の夫はどんな人だったか、
二人の息子はどんな子供だったかを問い、
夫がそれに偽りの答えをするあたりで
頂点に達する。
胸が痛くなるような第2幕だが、
母親の葬儀で、
客席の通路を通って
母親が死の世界に入るあたりで、
ついに落涙した。

クリックすると元のサイズで表示します

喜劇の体裁を取りながら、
韓国の死生観因習
家族の和解まで描いたこの作品が
支持されたわけが分かる。

このような話が
音楽に乗って展開するのだが、
その音楽がまた素晴らしい。
音楽がストーリーを前に進め、
音楽が感情を高揚させるという
ミュージカルの必然
ここにはある。

というわけで、
韓国の創作ミュージカルの底の深さを感じた次第。

最近、日本では
創作ミュージカル、ほとんど見かけないが、
この点でも韓国に追い抜かれてしまったか。

以前、ソウルで観た「西便制」(映画「風の丘を越えて」のミュージカル版)
も素晴らしかった。
この劇場で「西便制」をやったら、
是非観てみたい。

このような良作にかかわらず、
客席は半分にも満たない入り。
今後のこの劇場の展開が心配になってしまいました。

上演中は当然撮影禁止ですが、
カーテンコールだけは撮影OK。

クリックすると元のサイズで表示します

韓国ミュージカルは元々そうでしたが、
最近ではカーテンコールも禁止が増えました。

ここの粋な配慮で、
↓の客席のカメラ。

クリックすると元のサイズで表示します

これくらいのファンサービスは、あっていい。

クリックすると元のサイズで表示します

カーテンコールの動画は、
↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IlhMAXsSkvo

劇場のホームページは、↓をクリック。

http://www.amuse-musical-theatre.jp/

その後、このミュージカルを紹介して下さった方と、
↓で歓談。

クリックすると元のサイズで表示します

こんにゃくの唐揚げとは珍しい。

クリックすると元のサイズで表示します

親子丼。

クリックすると元のサイズで表示します

美味でした。



バンコク旅行C バンコクあれこれ  旅行関係

バンコクの歴史は、
1782年、ラマ1世がタクシン王を処刑し
それまでのトンブリーからチャオプラヤー川対岸に首都を移したことに始まります。

バンコクの儀式的正式名称は長く、
下記のとおり。

クルンテープマハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

意味は、次のとおり。

イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都。

この儀式的名称はラーマ1世が遷都の際つけられたものです。

日本語や英語で慣用されるバンコクの語は、
「バーンマコーク 」が訛った「バーンコーク 」がさらに訛ったもの。
バーンマコークとは
「アムラタマゴノキ (オリーブに外見の似たウルシ科の樹木) の水村」という意味で、
アユタヤ王朝時代、
この地トンブリー側にある要塞に駐屯していたポルトガル傭兵団が
地名を現地人に訪ねたところこの名前が答えとして返ってき、
バーンコークは固有名詞ではなく
普通名詞なのですが、
これが誤って広まり定着したとされています。

人口824万人(2010年)、
都市圏人口は1456万人にものぼり、
東南アジア屈指の世界都市です。

町中に物売りがあふれています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

露天の食べ物屋も沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

人口が多いので、交通も過剰。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、信号待ちを利用しての交通安全のお守り売り。

クリックすると元のサイズで表示します

花で作っているので、
枯れると、新しいのに買い換えます。
結構売れていました。
それにしても、
命懸けの商売です。

タクシーは、初乗り35バーツ(120円位)と安い。
定期的に新型車両への代替が義務付けられているので、
オンボロタクシーはありません。
↓はメーター制のタクシー。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、夜になると、殆どが交渉制になります。
パッポン通りからホテルまでは、200バーツ(700円)、
後で出て来るサイアム・ニラミットからホテルまでは150バーツ(525円)で
交渉成立。
それにしても、
タクシー会社は黙認しているのでしょうか。

他にトゥクトゥクと呼ばれる乗り物も。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、値段は全部交渉制。
なにしろ、メーターが付いていませんから。

クリックすると元のサイズで表示します

公衆電話。

クリックすると元のサイズで表示します

本当にかかるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

「BKK48」とは何のことかと思えば、

クリックすると元のサイズで表示します

マッサージ屋さんでした。

ホテルの前の道路はマッサージ屋さんだらけで、
お店の前ではマッサージ師が客待ちをしていて、
声をかけてきます。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうちの一軒でマッサージをしてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、足壺マッサージを1時間。

クリックすると元のサイズで表示します

次にカーテンで境をした
怪しげな個室で背中、首、腰を1時間。
料金は2時間で500バーツ(1750円)。
日本の7分の1です。

こんなところにも、
国王と王妃の写真が。
今の国王は、ラマ9世・フミポン王
1646年からで67年と、在位期間が最も長い国王。
人格者で国民に慕われ、
バンコク王朝最高の国王と評判です。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の晩餐は、
ホテルの近くの食堂でタイ料理。

クリックすると元のサイズで表示します

これはカニ肉を玉子でとじ、カレー味をつけたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

カニ肉をすり身にまぜて揚げたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

両方とも美味でした。

最後に行ったのは、
サイアム・ニラミット

クリックすると元のサイズで表示します

会場内はこのように飾りつけられ、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プレ・ショーが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

本番のショーは、
収容人数2千人、
世界一の規模といわれる巨大なステージで、
150人以上の役者が
タイの歴史と文化をテーマとしたパフォーマンスを見せるもの。
実際に舞台に川が流れ、
民家や庭が再現されたステージです。
が、場内は撮影禁止。
そこで、↓のプログラムで、その一部を紹介しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

バンコクはHISとJTBが幅をきかせており、

クリックすると元のサイズで表示します

送迎もこのような専用車。

クリックすると元のサイズで表示します

現地の雇用を生み出しているのは、いいことです。

朝4時15分のピックアップで、
高速道路を110キロで飛ばします。

クリックすると元のサイズで表示します

再び、スワンナプーム空港。

クリックすると元のサイズで表示します

中にあった「乳海攪拌」の像。

クリックすると元のサイズで表示します

「乳海撹拌」は、
古代インドの大叙事詩「マハーバーラタ」や「ラーマーヤナ」に書かれた
ヒンドゥー教の天地創世神話です。
神々とアスラ(悪鬼)たちが、
天空にそびえるマンダラ山を軸棒とし、
亀の王クールマの背中で軸棒を支え、
それに大蛇を巻きつけて
綱引きをした結果、
様々なものが生まれ出たという話。

クリックすると元のサイズで表示します

タイ航空のラウンジを使用させてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

巨大な空港の、ここはFゲート。

クリックすると元のサイズで表示します

このジャンボは、
2階はビジネスとファースト。
1階は全部エコノミー。
従って、入口も2層に。

クリックすると元のサイズで表示します

飛行機は一路、成田へ。

クリックすると元のサイズで表示します

あまり美味しくはない機内食。

クリックすると元のサイズで表示します

尾翼にカメラがついているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、バンコク旅行記は終わりです。








AutoPage最新お知らせ