帰国しました  旅行関係

本日、夕刻、バンコクから帰国しました。

夜のタニヤ通り、

クリックすると元のサイズで表示します

パッポン通りを散策し、

クリックすると元のサイズで表示します

キム・ジュンスのコンサートに行って、

クリックすると元のサイズで表示します

歌と踊りを堪能し、

クリックすると元のサイズで表示します

観光では、ワット・アルン(暁の寺)

クリックすると元のサイズで表示します

ワット・ポー

クリックすると元のサイズで表示します

ワット・プラケオ(王宮寺院)の三大寺院を訪ね、

クリックすると元のサイズで表示します

タイの歴史絵巻のショーを観、

クリックすると元のサイズで表示します

タイ式マッサージをし、
タイスキも食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

詳しい旅行記は、また、今度。


ところで、
選挙の結果は、
ホテルのNHK衛星放送で知りました。
衆参ねじれの解消が成り、まずはめでたい。

読売新聞が、
これからの3年間を、
「黄金の3年間」と呼び、
国政選挙のない、安定政権下で、
国としての大きな政治課題をなし遂げるべき
3年間だと主張していましたが、
今は日本の分岐点
安倍さんには頑張ってほしいものです。
野党も足の引っ張り合いはやめ、
国民全体のことを考えて、
協力すべきことは協力する姿勢で臨むべきでしょう。

生活の党が議席ゼロで、
小沢一郎の息の根が止められたのは当然としても、
社民党が比例区で議席を獲得したのは残念。
この旧社会党の存在理由はなく、
早く無くなってほしいと思っていますが、
一定の固定ファンがいることも事実です。

今回は旅行に合わせ、
期日前投票を済ませましたが、
期日前投票をした人は
全国で合わせておよそ1060万人で、
前回3年前の選挙の同じ時期と比べて11%増えたそうです。
この制度、
以前は「不在者投票」といって、
手続きが結構面倒でしたが、
制度改革で簡便化が進み、
当日の都合で投票出来ない人の票が
生かされるようになりました。
しかし、1060万票といえば、
有権者の1割。
無視できない数字です。








AutoPage最新お知らせ