ベルギー・オランダ旅行記・11 アンネ・フランクの家  旅行関係

アムステルダムのプリンセン運河沿いに

クリックすると元のサイズで表示します

西教会があり、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

その脇、

クリックすると元のサイズで表示します

プリンセンフラハト263番地

クリックすると元のサイズで表示します

そこが、アンネ・フランクの隠れ家だった場所です。

クリックすると元のサイズで表示します

朝から行列が出来、

クリックすると元のサイズで表示します

その記念館の開場を待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

入口では、
各国語の説明資料が配られます。

クリックすると元のサイズで表示します

これが、その日本語版。

クリックすると元のサイズで表示します

館内は撮影禁止です。

クリックすると元のサイズで表示します

アムステルダムの町は、
奥に深く、
父・オットー・フランクは、
オペタクとペクタコンという二つの会社を持っており、
そのジャム工場と
肉用調味料の製造工場の奥に
隠れ家を作ったのです。

中立を宣言していたオランダに
ドイツ軍が侵攻してきたのは1940年。
フランクフルトから逃げて来た
アンネ・フランクの一家は、
この隠れ家に1942年7月6日、
移り住み、それから2年間、
他の家族も交えた8人で生活することになります。

昼間は工場に人がいるため、
声も発せず、
水も流すことも出来ない生活。

↓は、その模型。

クリックすると元のサイズで表示します

屋根裏のような狭い場所かと思っていたら、
意外と広い。

クリックすると元のサイズで表示します

1942年6月12日から
1944年8月1日まで
アイネは日記を付けました。
13歳から15歳までの2年間。

クリックすると元のサイズで表示します

その3日後、8月4日に
ナチス親衛隊幹部が隠れ家を訪れ、
8人と協力者2人は逮捕、
それぞれ強制収容所に入れられました。
アウシュビッツの強制収容所がロシア軍に解放され
生還した父・オットー・フランク以外、
全員が強制収容所で亡くなっていました。

8月4日の連行の後、
階下の事務室で働いていたミープ・ヒースは、
アンネの日記を自分の机の引き出しに保管し、
ただ一人生還したオットーに日記を渡しました。
オットーは長らく考慮を重ねた末、
アンネの日記を公刊することに決め、
それが世界的に広がっていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

1960年、
オットーは隠れ家を博物館にするために、
ここを訪れました。
その時の写真が↓。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ一人生き残ったことを責めているような表情が印象的です。

クリックすると元のサイズで表示します

「アンネの日記」は、
1959年、ジョージ・スティーヴンス監督によって映画化されました。

クリックすると元のサイズで表示します

アンネ役を演じたのは、ミリー・パーキンス

クリックすると元のサイズで表示します

アカデミー賞には作品賞を含む8部門にノミネート。

クリックすると元のサイズで表示します

同居人、ファン・ダーン夫人を演じた
シェリー・ウィンタース助演女優賞を受賞しました。

クリックすると元のサイズで表示します

他に撮影賞(白黒)、美術賞(白黒)も受賞しています。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の旅行の間、
2度ほど泣きだしたくなるような気持ちを味わいました。
一度目が、アントワープの教会でルーベンスの絵
「キリスト昇架」「キリスト降架」の2枚の絵の前に立った時。
もう一度が、アンネ・フランクの家を訪ねた時です。

祈りの蓄積した場所
悲しみの降り積もった場所は、
そこに立つだけで、
魂が共鳴するのか、
こみあげるものがあります。

表に出たら、
行列は朝よりも長く続いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に訪れたのは、ダム広場

クリックすると元のサイズで表示します

王宮

クリックすると元のサイズで表示します

第二次世界大戦の戦没者の塔

クリックすると元のサイズで表示します

広場の裏側にあったロシア風の建物。

クリックすると元のサイズで表示します

マダム・タッソーの蝋人形館も、この広場にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

この新教会は、

クリックすると元のサイズで表示します

4月30日に行われた、
新国王の即位式の会場となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ベアトリックス女王が退位し、
33年ぶりに
ウィレム・アレキサンダー皇太子に王位を譲りました。

クリックすると元のサイズで表示します

ベアトリックス女王とウィレム皇太子と
王妃のアルゼンチン出身のマクシマ・ソレギエタさん。

クリックすると元のサイズで表示します

スキポール空港では、
驚愕の光景が。
この空港、
チェックインが自動なだけでなく、
荷物を預けるのも自動化。

クリックすると元のサイズで表示します

搭乗券をパネルにかざすと、
荷物のタグが出て、
それを自分で荷物に付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、ボタンを押すと、
控えのタグが出ると共に、
荷物が向こう側に。

クリックすると元のサイズで表示します

常日頃、
自動チェックインでも
荷物を預けるのにまた並ばねばならず、
同じことではないか、
と思っていましたが、
ここまで進んだか。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、帰りは少し早く10時間10分。

クリックすると元のサイズで表示します

日本海の上を飛びましたから、
北朝鮮がミサイルを発射したら、
航路を変えなければならなかったところです。

クリックすると元のサイズで表示します

これで、
ベルギー・オランダ旅行記は終わりです。
長いことご愛読、ありがとうございました。


プラハ観光  旅行関係

今日は、午前中を使って、
プラハ市内観光。
プラハ城、聖ヴィート大聖堂から
カレル橋を通り、旧市街へ。
もちろん世界遺産です。
旧市街広場の建物を眺め、
小道を通って、ワクワクする思いを味わいました。
「その町の一番高い建物に登る」たいう方針に従い、
天文時計のある旧市庁舎へ。
また階段を登らされるかと思ったら、
エレベーターで最上階へ。
赤い色をしたきれいな屋根の連なりを眺めました。
バスは国境を越えて、ドイツへ。
ケムニッツという町で泊まり、
明日は、ドレスデン経由で、
最終目的地ベルリンへ。




AutoPage最新お知らせ