南米の旅・1 リオへ  

それでは、南米旅行記を始めましょう。

今回の航空会社はアメリカン航空

クリックすると元のサイズで表示します

私はスターアライアンスの人なので、
アメリカ方面はいつもユナイテッドか全日空。
アメリカン航空は初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

搭乗前に、
第2ターミナルでいつも行く店で
おにぎりとアサリの味噌汁を。

クリックすると元のサイズで表示します

リオまでは直行便はありません。
アメリカ国内で乗り継ぎ。
ニューヨークやロスでの乗り継ぎもありますが、
今回はダラス経由。

クリックすると元のサイズで表示します

機内。
今時、2・5・2の座席編成。
真ん中だった私は、
ゲートで通路側に変更してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は11本。
うち日本語で観られるのは7本。
オンデマンドではなく、
30分置きに始まるまで待たなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

日本で始まったばかりの「世界にひとつのプレイブック」
もうじき始まる「ヒッチコック」
日本ではやらないと思われる「不思議の国のガーディアン」
日本でやったかもしれない「イルカと少年」
などを観ている間に、時間は過ぎていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食に期待してはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、更に期待してはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

ダラス空港に着きました。
ここまでで10時間48分。

クリックすると元のサイズで表示します

更に10時間かけてリオデジャネイロまで。

クリックすると元のサイズで表示します

機内。

クリックすると元のサイズで表示します

10時間以上かかる国際線で
パーソナルテレビがない
というのは驚きです。
本を持って行ってよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ダラスの夜景。
ここには昨年8月、
ケネディ暗殺の現場を見るために来たのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食。サラダはおいしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、ご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

下はアマゾンでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

この飛行ルートなら、アマゾン上空

クリックすると元のサイズで表示します

眼下に南米の大陸が広がります。
ようやく五大陸制覇の時が迫ります。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い色をした河が印象的。

クリックすると元のサイズで表示します

リオデジャネイロ上空。

クリックすると元のサイズで表示します

ついに南米大陸に足を踏み入れました。
出発してから26時間と8分
時差は12時間。
日本とは完全に昼夜逆転です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルも貧富の差が激しく、

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは貧民街らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くにコルコバードの丘が見えますが、

クリックすると元のサイズで表示します

あの大きなキリスト像は雲の中。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、イパネマ海岸

クリックすると元のサイズで表示します

リオ屈指の海水浴場です。
ボサノバのヒット曲「イパネマの娘」で有名。
曲を聞きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Jl8e0xXmrFw

クリックすると元のサイズで表示します

続くはコパカバーナ海岸

クリックすると元のサイズで表示します

これもラテンの曲「コパカバーナ」で有名。
曲を聞きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=u-f1zPYJxa8

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ポン・ジ・アスカールへ。

クリックすると元のサイズで表示します

岩壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

クライマーの姿も。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからポン・ジ・アスカールへは、

クリックすると元のサイズで表示します

ロープウェイを2回乗り継ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します

開業当初は、
ブラジル人が作ったということで、

クリックすると元のサイズで表示します

乗る人が少なかったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが初代の展示。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが2代目。

クリックすると元のサイズで表示します

3代目は、ご覧の盛況。

クリックすると元のサイズで表示します

まず標高220mのウルカの丘に登り、
更に海抜396mのポン・ジ・アスカールを目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

ポン・ジ・アスカールとは、
「砂糖パン」の意味で、
砂糖を盛りつけた様子に似ていることから名付けられたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上からはリオの町が見下ろせます。

クリックすると元のサイズで表示します

「リオ・デ・ジャネイロ」とは、
「一月の川」という意味で、

クリックすると元のサイズで表示します

1502年1月に、
ポルトガル人探検家ガスパール・デ・レモスたちが
グアナバラ湾の湾口であるこの地に到達。
グアナバラ湾は湾口が狭まっているため
大きな川であると誤認し、
発見した月に因みポルトガル語で「一月の川」と命名しました。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど、ジャネイロとは、

クリックすると元のサイズで表示します

ジャニュアリーのことであったか、
と一人納得。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、コルコバードの丘のキリスト像が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

お土産物屋の商品の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

砂絵を見るとヨルダンを思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルは、海岸から一ブロック入ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと探検。

クリックすると元のサイズで表示します

路上駐車が多いのは、
道路が駐車場として認められているからです。
日本では考えられません。

クリックすると元のサイズで表示します

コパカバーナの海岸に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の方は「コッパ」と呼びます。

クリックすると元のサイズで表示します

住民の年齢が高く、
50%以上が50歳より上だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

女神の像を運んだ船が沈んだことで命名されたとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイの海岸とはまた違った趣です。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな夏服ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

前日までは冬の天候だったそうで、

クリックすると元のサイズで表示します

私たちが来るのを待って、
夏の天候になったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸近くのミニマーケット。

クリックすると元のサイズで表示します

様々な土産物が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、バイキングと

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル名物「シュラスコ」

クリックすると元のサイズで表示します

串に差して焼いた肉を

クリックすると元のサイズで表示します

切り取って供します。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル人は、肉が好きなようです。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、南米初日の夜は過ぎていきました。






AutoPage最新お知らせ