『55歳からのハローライフ』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

村上龍による新聞連載小説。
5篇の中編小説を収録。

題名のとおり、
55歳前後の「余生」を描く。

「結婚相談所」

定年退職した夫と離婚した後、
生活苦から再婚を志した女性が
結婚相談所の門を叩き、
何回かの見合いを通じて
人生の哀歓を味わう。
14回の見合いを通じてもゴールインまでは至らない。
そんな時、パーティの会場であったホテルで
奇妙な出会いを経験する・・・

結婚相談所とはこういうことをやるんだ、
と興味津々。
そして、見合いの現実をあますところなく描く。
最後の出会いはほろ苦く、かつ甘い。
人生には粋なことも起こる。
それを抱えれば生きていける、
と感じさせる秀逸な一篇。

両手で顔を覆って、
すみません、と何度も謝りながら嗚咽する男を見ていると、
胸が締めつけられるような気がした。
小さな子をあやすように、
中米志津子は手を伸ばして、
男の肩のあたりに触れた。
初対面の他人の前で、
男は幼児のように泣きじゃくっている。
あなた自身にも、
終わってしまった恋愛にも、
その涙にも価値がある、
とう言いたかった。
哀れを誘うものではないし、
恥ずかしいことでもない。
恥ずべきなのは、
相手の人格や気持ちを無視して自分のことだけを考え、
喋る人間たちだ。
今あなたは悲しくて苦しいかも知れないが、
何も起こらない退屈な人生よりもはるかに豊かなときを生きている、
そう思った。
だが、何も言えなかった。
そんな言葉は、実際に口に出してはいけないのだ。
言葉にした瞬間、装飾され、嘘が混じる。
傍らにいる他人の心を揺さぶるほどの深い悲しみは、
言葉を拒む。


「空を飛ぶ夢をもう一度」

出版社をリストラされた主人公が
道路工事現場の交通整理をしながら、
偶然旧友に会う。
その後、山谷のドヤ街を追い出されそうになっている旧友を訪ねて、
旧友の母親に会いに行く。
その二人の短い旅路を描く。

人生に夢も希望も失った中高年が
中学時代の旧友の窮状をみかねて
抱き抱えて高速バスに乗る場面で涙が出た。
バスの中でおもらしをしてしまい、
怒る乗客を
客の一人、革ジャンパーお男がいさめる場面は泣かせる。

「バカ野郎、病気なんだ。
小便の臭いくらい我慢しろ。
小便の臭いで、
お前ら、死ぬのか」


帰宅した後の妻の反応も嬉しい。

連絡先を渡して病院をあとにしたが、
自宅に戻ったときには、
夜の九時を過ぎていた。
疲れていたが、
待っていた妻に、
実際に起こったことをそのまま話した。
仕事を探すどころか五千円近くつかってしまった、
そう言うと、
妻は遅い夕飯を作りながら、
いいことをしたね、
と微笑んだ。


「キャンピングカー」

定年後、キャンピングカーを買って
妻と二人で全国を旅する計画を持っていた退職者が
その話を打ち明けると、
妻から断られる。
「自分の時間がなくなるのは困る」と。
計画が狂った主人公は、
娘から再就職を進められて
就職活動をするが、
現実は厳しい。
昔関係のある会社に依頼して断られた主人公は、
人材紹介会社に行き、
そこで屈辱を味わう。
情緒不安定に陥った主人公は心療内科医に相談する。

会社という隷属と庇護の関係性の中にいた男が
「外」との関係性を取り戻すまでのいきさつの一篇。

「ペットロス」

定年退職後、
書斎にこもってブログに励んでいる夫との関係に疲れた高巻淑子は、
柴犬のボビーを飼い始める。
愛犬家同志の交流も広がる。
その中の一人、ヨシダとの関係も良好だ。
そんな時、ボビーが心臓弁膜症にかかり、
ボビーを看取るために
淑子は部屋にこもってしまう。

夫との関係が壊れた女性が
ペットの死によって、新しい関係性に目覚める一篇。

「トラベルヘルパー」

トラックドライバーの源一が
老いらくの恋に陥る。
古書店で知り合った女性・堀切彩子とデートを繰り返す中、
想いが募ってしまう。
しかし、ある日、
彩子は一方的に「会うのをやめたい」と言い出す。
彩子には、人に言えない秘密があったのだ。
子供時代に海女である祖父に引き取られた経験があり、
死を覚悟した源一は、
故郷の断崖で死のうと旅を出かける。
そこで源一はあるグループに出会い・・・

高度成長が終わり、
トラック業界の停滞で取り残された一人の
トラックドライバーの日常を描く。
                                           

5篇の中編小説は、
どれも50歳後半から60歳までの
余生を生きる人たちの生きざまを描いている。
今も日本のどこででも起こっている現実。
そこで、題名の「55歳からのハローライフ」となる。
新しい人生との出会い
それを描いて、
味わい深い中編集である。


南米の旅・2 リオデジャネイロ  旅行関係

クリックすると元のサイズで表示します

朝、コパカバーナ海岸を散策してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観光は、まず、コルコバードの丘へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに行くには、

クリックすると元のサイズで表示します

このケーブルカーに乗らなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、前向き座席と後向き座席が。

クリックすると元のサイズで表示します

こうした木々の間を

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

約20分走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、降りる車両とすれ違い。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上の駅に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大きなキリスト像が出迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

独立100周年を記念して、
1922年に設置を決定。

クリックすると元のサイズで表示します

1924年に着工し、1931年に完成。

クリックすると元のサイズで表示します

像の高さは30m。台座を含めると、38m。

クリックすると元のサイズで表示します

横一文字に広げた両手の幅は28mあります。

クリックすると元のサイズで表示します

海抜709mの丘は、展望台になっていて、

クリックすると元のサイズで表示します

夜間のライトアップはLED。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからの見晴らしは絶景。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昨日行ったポン・ジ・アスカールの奇岩がよく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうポーズで写真を撮る人が続出。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

月が丁度いい場所に出ていて、

クリックすると元のサイズで表示します

帽子になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

裏側には小さな礼拝堂があり、

クリックすると元のサイズで表示します

一番下に「オサイセン」と書いてあるのが笑えます。

クリックすると元のサイズで表示します

お土産屋のグッズ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルの正式名称は、ブラジル連邦共和国
南米大陸で最大の面積を誇り、世界第5位。
日本の約22.5倍で、
アメリカ合衆国よりは約110万km2(コロンビア程度)小さいが、
ロシアを除いたヨーロッパ全土より大きい。
首都はブラジリア。
南北アメリカ大陸で唯一のポルトガル語圏の国。
ラテンアメリカ最大の経済規模であり、
同時に世界で6番目の経済規模でもあります。


↓は、リオのカーニバルの会場。

クリックすると元のサイズで表示します

700mの会場で、

クリックすると元のサイズで表示します

5千人が踊ります。

クリックすると元のサイズで表示します

リオのカーニバルを舞台にした映画では、
「黒いオルフェ」が有名。

クリックすると元のサイズで表示します

1959年、マルセル・カミユ監督。
その年のアカデミー外国語映画賞を受賞。
ギリシア神話のオルフェとユーリディスの挿話に基づき、
ブラジルの詩人ヴィニシウス・デ・モライスが書き下ろした物語を映画化したもの。
映像を観たい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=iHDfE6taRy4

主題歌「オルフェの歌」が有名です。
曲を聞きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=p_nyF5_7DjI

なお、その後、寺山修司
ねぶた祭の夜に舞台を移してラジオのステレオドラマにし、
「叙事詩・曼陀羅」として放送。
芸術祭大賞を取っています。


ブラジル人は大きく4つのグループに分かれます。
先住民、植民当時のポルトガル系、アフリカからの黒人奴隷の子孫、
そして19世紀半ばからブラジルに定住するために
ポルトガル以外のヨーロッパ、中近東、
日本を中心としたアジア諸国からやってきた移民。
日系人が一番多い国で、
150万人を数えます。
白人人口は半数を割り込み、
「黒人」「混血」が過半数を占めています。


さて、ここは、カテドラル・メトロポリターナ

クリックすると元のサイズで表示します

通常の教会建築とは違う、

クリックすると元のサイズで表示します

ピラミッドのような、ユニークな建物です。

クリックすると元のサイズで表示します

1976年に建造。
高さ80m、直径106mで、
5千人を収容出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルは、世界で最も多くのカトリック人口を擁する国で、
国民の約73%がカトリックの信者で、
これは1億1240万人に相当します。

クリックすると元のサイズで表示します

プロテスタントの信者は人口の15.4%。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

祭壇の十字架は天井からつり下げられており、

クリックすると元のサイズで表示します

空中に浮かんでいるように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します


あっという間にリオの観光は終わり、
国内線でイグアスに向かいます。
航空会社はタム航空。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1時間45分で、イグアスに到着。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しくも、後から降機。

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら雲行きがあやしい。

クリックすると元のサイズで表示します

天気予報では、イグアスは雨。
さて、明日はどうなることでしょうか。


南米の旅・1 リオへ  

それでは、南米旅行記を始めましょう。

今回の航空会社はアメリカン航空

クリックすると元のサイズで表示します

私はスターアライアンスの人なので、
アメリカ方面はいつもユナイテッドか全日空。
アメリカン航空は初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します

搭乗前に、
第2ターミナルでいつも行く店で
おにぎりとアサリの味噌汁を。

クリックすると元のサイズで表示します

リオまでは直行便はありません。
アメリカ国内で乗り継ぎ。
ニューヨークやロスでの乗り継ぎもありますが、
今回はダラス経由。

クリックすると元のサイズで表示します

機内。
今時、2・5・2の座席編成。
真ん中だった私は、
ゲートで通路側に変更してもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は11本。
うち日本語で観られるのは7本。
オンデマンドではなく、
30分置きに始まるまで待たなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

日本で始まったばかりの「世界にひとつのプレイブック」
もうじき始まる「ヒッチコック」
日本ではやらないと思われる「不思議の国のガーディアン」
日本でやったかもしれない「イルカと少年」
などを観ている間に、時間は過ぎていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食に期待してはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、更に期待してはいけません。

クリックすると元のサイズで表示します

ダラス空港に着きました。
ここまでで10時間48分。

クリックすると元のサイズで表示します

更に10時間かけてリオデジャネイロまで。

クリックすると元のサイズで表示します

機内。

クリックすると元のサイズで表示します

10時間以上かかる国際線で
パーソナルテレビがない
というのは驚きです。
本を持って行ってよかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ダラスの夜景。
ここには昨年8月、
ケネディ暗殺の現場を見るために来たのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

機内食。サラダはおいしかった。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は、ご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

下はアマゾンでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

この飛行ルートなら、アマゾン上空

クリックすると元のサイズで表示します

眼下に南米の大陸が広がります。
ようやく五大陸制覇の時が迫ります。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い色をした河が印象的。

クリックすると元のサイズで表示します

リオデジャネイロ上空。

クリックすると元のサイズで表示します

ついに南米大陸に足を踏み入れました。
出発してから26時間と8分
時差は12時間。
日本とは完全に昼夜逆転です。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルも貧富の差が激しく、

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは貧民街らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くにコルコバードの丘が見えますが、

クリックすると元のサイズで表示します

あの大きなキリスト像は雲の中。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、イパネマ海岸

クリックすると元のサイズで表示します

リオ屈指の海水浴場です。
ボサノバのヒット曲「イパネマの娘」で有名。
曲を聞きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Jl8e0xXmrFw

クリックすると元のサイズで表示します

続くはコパカバーナ海岸

クリックすると元のサイズで表示します

これもラテンの曲「コパカバーナ」で有名。
曲を聞きたい方は、↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=u-f1zPYJxa8

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ポン・ジ・アスカールへ。

クリックすると元のサイズで表示します

岩壁には、

クリックすると元のサイズで表示します

クライマーの姿も。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからポン・ジ・アスカールへは、

クリックすると元のサイズで表示します

ロープウェイを2回乗り継ぎます。

クリックすると元のサイズで表示します

開業当初は、
ブラジル人が作ったということで、

クリックすると元のサイズで表示します

乗る人が少なかったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが初代の展示。

クリックすると元のサイズで表示します

↓これが2代目。

クリックすると元のサイズで表示します

3代目は、ご覧の盛況。

クリックすると元のサイズで表示します

まず標高220mのウルカの丘に登り、
更に海抜396mのポン・ジ・アスカールを目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

ポン・ジ・アスカールとは、
「砂糖パン」の意味で、
砂糖を盛りつけた様子に似ていることから名付けられたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上からはリオの町が見下ろせます。

クリックすると元のサイズで表示します

「リオ・デ・ジャネイロ」とは、
「一月の川」という意味で、

クリックすると元のサイズで表示します

1502年1月に、
ポルトガル人探検家ガスパール・デ・レモスたちが
グアナバラ湾の湾口であるこの地に到達。
グアナバラ湾は湾口が狭まっているため
大きな川であると誤認し、
発見した月に因みポルトガル語で「一月の川」と命名しました。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど、ジャネイロとは、

クリックすると元のサイズで表示します

ジャニュアリーのことであったか、
と一人納得。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、コルコバードの丘のキリスト像が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

お土産物屋の商品の数々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

砂絵を見るとヨルダンを思い出します。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルは、海岸から一ブロック入ったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと探検。

クリックすると元のサイズで表示します

路上駐車が多いのは、
道路が駐車場として認められているからです。
日本では考えられません。

クリックすると元のサイズで表示します

コパカバーナの海岸に行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の方は「コッパ」と呼びます。

クリックすると元のサイズで表示します

住民の年齢が高く、
50%以上が50歳より上だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

女神の像を運んだ船が沈んだことで命名されたとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイの海岸とはまた違った趣です。

クリックすると元のサイズで表示します

みんな夏服ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

前日までは冬の天候だったそうで、

クリックすると元のサイズで表示します

私たちが来るのを待って、
夏の天候になったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

海岸近くのミニマーケット。

クリックすると元のサイズで表示します

様々な土産物が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は、バイキングと

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル名物「シュラスコ」

クリックすると元のサイズで表示します

串に差して焼いた肉を

クリックすると元のサイズで表示します

切り取って供します。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジル人は、肉が好きなようです。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、南米初日の夜は過ぎていきました。



新法皇と投票行動  

新ローマ法皇決定のニュースは、
ペルーのリマのホテルのテレビ、
ワールドNHKで知りました。
数日前、アルゼンチンを訪れたばかりですので、
親しみを感じました。

その後、
選出後初めての記者会見で、新法皇は、
「貧しい人々のための質素な教会を望む」
と語ったといいます。
法皇選出会議(コンクラーベ)で投票が進む中、
ブラジルのある枢機卿から
「貧しい人々のことを忘れるな」
と言われたことが心に残ったと述べ、
自身の富と名声をなげうって
「貧者のための教会」を目指した
聖人「アッシジのフランシスコ」を思い、
「フランシスコ1世」の名を決めたとのこと。

更にその後、
新ローマ法皇は、
出身国アルゼンチンの聖職者や信者に対して、
19日の就任式に出席するために渡航しないよう依頼、
「司教や信者が高価な長旅をして(ローマに)会いに来る必要はない。
代わりに貧しい人々にそのおカネを与えて」

と述べました。
選出後に公用車に乗らず、
他の枢機卿と小型バスで宿舎に戻ったそうです。

何だかバチカンが変わりそうな気配を感じます。

投票の際に用いられた投票用紙は焼却され、
その際、特殊な薬品を混ぜて、
新教皇がまだ決まらない場合には礼拝堂の煙突から黒い煙を出し、
新教皇が決まった場合には白い煙を出して外部への合図とする、
という粋な計らいは、
一体誰が始めたものなのでしょうか。

誰が決まってもいいように、
あらかじめ3つのサイズが用意されている法衣をまとう、
というのも粋な計らい。
助祭枢機卿の最年長者が
サン・ピエトロ大聖堂の広場を見下ろすバルコニーに出て、
ラテン語で新教皇の決定を発表し、
新教皇がバルコニーにあらわれて、
「ウルビ・エト・オルビ」(Urbi et Orbi、「ローマと世界へ」の意)ではじまる
在位最初の祝福を与える、
というのも伝統あるバチカンの習慣として素晴らしい。

去年の夏、
「ローマ法王の休日」という映画が公開されましたが、
このバルコニーに登る前に、
選ばれた新法皇が
「私には出来ない」
と逃げ出してしまい、
数日間ローマをさまよう、
という内容でした。

クリックすると元のサイズで表示します

抜群のアイデアを料理しそこねた
不出来な作品でしたので、
このブログでも紹介しませんでしたが、
世界12億人の信者の頂点に立つ役職、
イエスの一番弟子ペテロの伝統を受け、
天国への鍵を持たされるこの役職への重圧は大変なものに違いありません。

その役職に着くためには、
枢機卿団の3分の2の票を獲得するまで、
何度でも投票を繰り返すやり方。
まさしく神の手が人の手を会して介在する方法といえるでしょう。

今回の投票は5回目で決定したそうですが、
その間、ドラマが展開していたに違いありません。


一方、中国の全国人民代表大会
習近平氏が国家首席に選ばれた時の賛否の票は、
2952対1だったといいます。
まさに一党独裁国家の面目躍如ですが、
その反対票を投じた一人は、
追及され、処分されるんだろうな、
と思ったら、
反対票を投じたのは習氏本人だという見方があるそうです。
「謙虚さ」を示すためだといいます。
しかし、信任投票で
立候補者自身が自分に反対票を投じるというのは、如何なものか。
これが2953対0だったら、
どうなのか。


そこで、
菊池寛の名作「入れ札」を思い出しました。

代官を斬り殺した国定忠治は、
赤城山から榛名山を越え、信州へ落ちて行く。
忠治は少人数で逃げ延びようと決意するが
意中の3人を自分で決めると他の子分から不満が出ることを懸念して
自分から言い出すことができず、
迷った忠治は、卑怯にも「入れ札」を思いつく
連れて行くのにふさわしい子分の名を子分たちに書かせ
札数の多い者から3人を連れて行くことにしたのだ。

子分達に異存はないが、
一番古参の子分、稲荷の九郎助は複雑だ。
表向きは「あにい」と立てられているものの
他の子分たちから軽んじられているのは自分が一番知っていた。
古顔の弥助は好意的な微笑を自分に送ってきて、
九郎助の名前を書くという意思を見せた。

不安な九郎助は、
自分の名前は書かないという掟を破って
自分の名を書いてしまう。

入れ札の結果は、浅太郎に4枚
知恵者で軍師の役割を担う喜蔵に4枚
大力の嘉助に2枚、
そして九郎助に1枚だった
忠治に付いて行く3人は忠治の期待通りの結果となり、
弥助は裏切ったのだ。
九郎助は自分の名を書いた浅ましさ、卑しさがひしひしと身に沁みる。

忠治と分かれてそれぞれに落ちていく子分達だが
九郎助を追ってきた弥助は
「親分があいつらを連れて行くのは納得できねえ
11人のうちでお前の名前を書いたのはこの弥助1人だと思うと
奴等の心根がわからねえ」
と言う。

それを聞いた九郎助は脇差さえ掴んだが
弥助の嘘を咎めるには
自分の名前を書いたという
自分の恥を打ち明けなければならないことに気付き、
九郎助は自分の卑しさがなおさら情けなくなる・・・

国定忠治の任侠物語の脇筋を菊池寛が創作した作品。


倉本聰のテレビドラマにもこういうのがありました。
町議会選挙に立候補。
妻と娘と3人で選挙運動に励む。
しかし、投票結果は、
自分の得票数はわずか2票で落選。
ということは、
家族のうち一人が裏切ったことになる。
それは妻か。
それとも娘か。
と疑心暗鬼になる話。

投票行為とはこのような悲喜劇を生みます。

ユダヤでは、
全員一致の議決(又は判決)は無効」という掟があるそうです。
どんな決定もかならず異論があるはずで、
全員一致は
その過程で何か不自然な圧力が働いた結果である、と、
成熟したユダヤ人らしい智恵です。

それを適用すると、
全人代の決定は「全員一致」ではないから有効。
そこまで考えて習さんが「反対」票を投じたのか、
それは不明です。


無事帰国とラスベガス版『リゴレット』  

本日、午後4時17分、
無事、南米14日間の旅から
帰国しました。

さて、それからが大変。
バスで東京ディズニーランドに着くと、
すぐに舞浜駅に移動。
そこで待っていた娘の車にスーツケースを積み込み、
ジャケットに着替え、電車で東銀座へ。
METライブビューイング
今期9作目の
ヴェルディ「リゴレット」を観るためです。
一週間連続上映の今日が最終日。
そういうわけ、
家にも帰らずに
7時からの開映に間に合わせたわけです。

そうまでして見たかった理由は、
この「リゴレット」は、
ブロードウェイの演出家マイケル・メイヤーによる新演出で、
舞台がラスベガスに置き換えられている、と聞いたからです。

このブログの読者は既にご存じのとおり、
私は無類のラスベガス好き。
そんな奇抜な演出ならば、
観なければなるまい、
となったわけです。

更に、このブログの読者はご存じだと思いますが、
私はこの手の
時代を移し代えたり、
演出家の解釈を押しつけたり
という手の演出が大嫌い。

で、どうなったか。

16世紀のマントヴァは、↓これこのとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

公爵は、「デューク」と呼ばれ、
踊り子を従えて、
「あれか、これか」を歌います。
イメージはフランク・シナトラ。
なんと、これが違和感がない。
不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

歌うはピョートル・ベチョワ。

リゴリットのジェリコ・ルチッチも良く、
ジルダのディアナ・ダムラウも
歌がよく響きます。

クリックすると元のサイズで表示します

舞台の絢爛豪華さが
音楽とよく調和します。

クリックすると元のサイズで表示します

最後の悲劇も
車を上手に使って視覚的効果も満点。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、さすがに長旅の疲れからか、
一番音楽的に盛り上がる
ジルダ殺害のシーンで眠ってしまい
起きた時には殺人は終わっていました。
残念。

同じアメリカの国土で
ラスベガスを舞台にニューヨークで演ずる、
というのが奇跡的な成功をもたらしたのだと思われます。
これをヨーロッパでやったら、
顰蹙を買うでしょう。

ちなみに、
「リゴレット」の前の演出(オットー・シェンク版)のものを
私は観ており、
その舞台は、↓のような重厚なもの。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

METのゲルブ総裁は、
長い間続いた古典的な演出作品を
新進の演出家によって
次々と改作しているようです。

しかし、今度のような成功例は珍しい。
まさかフランコ・ゼッフィレッリ演出の
「トゥーランドット」まで
新演出にするなどしないでほしいものです。


旅行の写真は、
順次掲載します。





AutoPage最新お知らせ