『王になった男』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

最近、一時期ほどの精彩が感じられない韓国映画だが、
この一本はお勧めできる。
なかなか見応えのある映画が登場した。

朝鮮15代王・光海君(クァンヘグン)は、
権謀術数渦巻く宮中で
人間不信に陥り、
暴君と化していた。
毒殺を恐れた光海君は、
自分とそっくりの男をみつけだし、
影武者とすることを指示する。
そこで王と似た男探しがされるが、
白羽の矢が立ったのは、
芸人のハソンだった。

おりしも
光海君に麻薬が盛られ、
人事不省に陥った王の代役に
ハソンが立てられる。
その15日間の間、
政治の改革をなし、
疎遠になっていた王妃との関係を回復し、
王の臣下たちから信任を得ていく。
王でない者が本物の王よりも王らしhなっていく。

というわけで、
この手の「影武者もの」は、
黒沢明の「影武者」をはじめ、
チャップリンの「独裁者」や
ケヴィン・クライン主演の「デーヴ」など枚挙にいとまがなく、
一つのジャンルと言っていいかもしれないが、
この「王になった男」は、
その中でもうまく出来ている。

まず脚本がよく、
笑わせる場面、緊迫感に満ちた場面、
泣かせる場面がほどよくちりばめられている。
偽物であることが何時ばれるか、
という危機感がサスペンスを盛り上げる。
秘密を知っているのは、
宮中に二人しかいない。
戸惑いながら王の代役をつとめるハソン。
その前に政治的課題が並べられる。
「よきにはからえ」的にふるまうことを指示されるが、
法案を勉強し、
臣下の実情を学んだハソンは、
次第に独自の言動を取り始める。
それこそ、
国を憂い、民を思いやる心。
廷臣たちは、その変化に驚く。

なにやら日本の政治の世界も彷彿させて、奥が深い。

そして、役者がいい。
光海君とハソンの二役を演ずるイ・ビョンホンは、
王の立場にのし上げられてしまった下賤な男の哀感をよく演じている。
彼を王に仕立てた補佐役ホギュンを演ずるリュ・スンリョンも、
世話係チョ内官役のチャン・グァンもみんなうまい。
王妃役のハン・ヒョジュもきれいだし、気品があり、
物語にときめきを与える。

王宮の建物や衣装の豪華さも目を楽しませてくれる。

題名もよく、
「王に生まれるのではなく、王になる」という皮肉が生きている。

今年第一の収穫
観なければ損をする。

5段階評価の「5」。

タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ