『脳男』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

第46回(2000年)江戸川乱歩賞受賞作の映画化。

都内近郊で無差別連続爆破事件が頻発し、
事件を担当した刑事・茶屋(江口洋介)は、
犯人のアジトを突き止めたが、
現場に踏み込む直前、
アジトは爆破される。
しかし、現場には、一人の男が残っていた。
その男(生田斗真)は、『鈴木一郎』と名乗った以外、
一切身元不明。
爆破の共犯者と見なされ、
精神鑑定を受けるが、
担当医師の鷲谷真梨子(松雪泰子)は
彼の特殊な人間性に興味を覚える。
一切の感情がないように見える。
その上、痛みを感じる感覚がない。
なぜそのようなことになったのか、
真梨子は、
一郎の過去を調べ始める。
そして・・・。

一郎の生い立ちの秘密、
なぜ『脳男』と呼ばれるようになったか。
一郎の周辺で起こる様々な殺人事件。
そして、爆破犯が一郎に挑戦して来る・・・
鷲谷医師にも過去の事件に関わってトラウマがあり、
その問題も関わって来る。

なかなか面白い
何より生田斗真の脳男の造型がいい。
原作のイメージを損なわずに、
表情、目線、動きで、
独自の脳男像を作り上げた。
ラストのあるかないかの微笑もいい。
松雪康子の女医の精神鑑定の質問への受け答えがサスペンスを呼ぶ。
江口洋介の刑事は少々リアリティに欠ける。

原作の力を借りてだが、
日本映画もこういうダークヒーローを描くことが出来るようになったか。
しかし、後半の展開、
爆破犯の人間像は
やや説得力に欠ける。
脳男の哀愁にまで踏み込むことが出来れば、
厚みのある映画になっただろうに。
それだけが残念。

5段階評価の「3」


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ