ヨルダン旅行記・5 ペトラ遺跡・その1  旅行関係

さあ、いよいよ今回の旅行のメインイベント、
ペトラ遺跡です。

クリックすると元のサイズで表示します

観光の拠点となるのは、
ワディ・ムーサという町。

クリックすると元のサイズで表示します

前回紹介したモーゼの泉が「アイン・ムーサ」という名前ですから、
この町の名前もモーセゆかりの町なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡入口の土産物屋。

クリックすると元のサイズで表示します

インディ・ジョーンズ。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんからチケットをもらって入場。

クリックすると元のサイズで表示します

そのチケット。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、こんな道を歩かされます。

クリックすると元のサイズで表示します

岩山。

クリックすると元のサイズで表示します

「ペトラ」とは、ギリシャ語で「岩」の意味。
イエスの一番弟子が「岩」という意味で「ペテロ」と名付けられたのと同じです。

遺跡の中にも住まいがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、

クリックすると元のサイズで表示します

馬が走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

上に4つのオベリスクを持つ岩窟墓、オベリスクの墓

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ遺跡の入口。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ兵の扮装をした方たちが迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡に行くには、
シークと呼ばれる岩の狭間を通らなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

長さ1.5qのこの狭い通路は、
鉄砲水が作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年行ったアメリカのアッパー・アンテロープキャニオンと同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

シークの崖の高さは60〜100m

クリックすると元のサイズで表示します

日は射さないので、ひんやりと涼しい。

クリックすると元のサイズで表示します

左が当時の石畳。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡に到達するには、
この岩盤の隙間を通り抜けていかねばならず、

クリックすると元のサイズで表示します

それが遺跡を世の中から隔離しました。

クリックすると元のサイズで表示します

祠のようなもの。

クリックすると元のサイズで表示します

水源地から水を引いた水路跡が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

人とラクダの像があったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ペトラ遺跡は
長いこと忘れられた遺跡でした。
この長い通路の奥に隠され、タブー地域にもなっていたらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、1812年、
ダマスカスからカイロまで行く途中に、
ペトラの噂を聞きつけたスイス人探検家
ヨハン・ルートヴィッヒ・ブルクハルトが、
外部の人間に生活を乱されることを恐れる
現地人の目をかいくぐって遺跡を確認し、
世界にその存在を伝えたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨハンさん、
この通路を通りながら、
どんなにワクワクしたでしょうか。
それとも不安にかられていたのか。

クリックすると元のサイズで表示します

岩の隙間に、何か見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

これは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネ

クリックすると元のサイズで表示します

娘との会話。
「とうとう来たね」
「来ましたね」

クリックすると元のサイズで表示します

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
ラスト近く、
インディたちは、
ここに入り、
イエスの聖杯を守る騎士に出会います。

クリックすると元のサイズで表示します

崖を削り、彫り抜いた神殿風正面を持つ霊廟。
幅30m、高さ43m
紀元前1世紀〜紀元2世紀のもの。
ヘレニズム建築の影響を受けていることから、
ローマ時代に建てられたものではないかと考えられています。

「エル・ハズネ」とは、「宝物殿」という意味で、
建物の一番上に乗っている壺の中に
宝物が隠されているという伝説から、こう呼ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します

発見された当初は6つの柱のうち1本は折れた状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今は中には入れませんが、
昔は入れたようで、
写真集によれば、内部は↓こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては漆喰細工の装飾が施されていたと言われます。

クリックすると元のサイズで表示します

左側の岩山。

クリックすると元のサイズで表示します

右側の岩山。
階段があるところを見ると、
上から眺められるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

今入って来た入口。
ヨハンさんの驚きはどれほどだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネは、
微妙な光の違いによって一日に50色ものバラ色を見せると言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

近くにあった墓に

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

遺体はどこに行ったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

いつまで見ていても飽きません。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネは、
遺跡の始まり。
ペトラ遺跡はまだまだ奥があります。

続きはまた今度。





AutoPage最新お知らせ