ヨルダン旅行記・6 ペトラ遺跡・その2  旅行関係

ペトラは、
古代ナバタイ人の都市です。
ナバタイ人は、
アラビア半島からやってきた遊牧民で、
交易の中継都市として栄えました。
最も繁栄したのは、
紀元前1世紀から紀元1世紀の間だと言われています。

↓のように広大な土地に遺跡があり、
エル・ハズネはその入口です。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネのある場所を
振り返りつつ進むと、

クリックすると元のサイズで表示します

このような岩山の間に

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

古い墓が並ぶ場所があり、

クリックすると元のサイズで表示します

ハザード通りと呼ばれています。

クリックすると元のサイズで表示します

注目は建物の上部に彫られた階段状の模様。
ナバタイ人は、
死者の魂がこの階段を伝って天国に昇って行くと信じていました。

ここには土産物屋が並び、

クリックすると元のサイズで表示します

砂絵の店があります。

クリックすると元のサイズで表示します

何度見ても不思議な細工で、

クリックすると元のサイズで表示します

行く時に名前や日付の記入を依頼すると、

クリックすると元のサイズで表示します

帰り道にはもう出来上がっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

観光客を運ぶラクダや

クリックすると元のサイズで表示します

ロバがつながれています。

クリックすると元のサイズで表示します

この子はもういっぱしの御者。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして父や兄を見習って、
遺跡の中で一生を終えるのかと思うと、
ちょっと複雑。
でも、それはそれで幸福なのかもしれません。

↓は、ローマ式の劇場

クリックすると元のサイズで表示します

2〜3世紀のもので、
3500人は収容出来るといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

それだけ文化的行事も盛んだったのでしょう。

墓の中には、
高位の方の墓と思われる大型のものもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、「王家の墓」と言われる一角。

クリックすると元のサイズで表示します

その一つ、「アーンの墓」と言われる墓に登ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓が、それ。

クリックすると元のサイズで表示します

内部。

クリックすると元のサイズで表示します

ナバタイ人は、死者の名誉のために
墓をよく手入れし、
美しい彫刻で飾りました。
それにもかかわらず、
これらの建造物が誰のためのものなのか、
死者の名前をあらわすものは
全く発見されていません。

天井は彩色したわけではなく、
自然の岩石の色です。

クリックすると元のサイズで表示します

そこからの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

降りる途中、不思議な植物が。

クリックすると元のサイズで表示します

球根のような根がついています。

先程の墓の内部にあったような、
自然に彩色された岩。

クリックすると元のサイズで表示します

土産物屋に並んで、小さな喫茶店のようなものも。

クリックすると元のサイズで表示します

この石畳は、

クリックすると元のサイズで表示します

柱廊通り。幅6mあります。

クリックすると元のサイズで表示します

元はこのようなものでしたが、

クリックすると元のサイズで表示します

今は、ご覧のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

この通りをはさむように遺跡が沢山残されていましたが、
551年の大地震でほとんどが崩壊してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

凱旋門が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

その脇では

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっとした余興が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡の発掘はまだ1%ほどで、
山の上には、
まだ未知の遺跡が残っています。

クリックすると元のサイズで表示します

水を運ぶロバ。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか可哀相。

クリックすると元のサイズで表示します

大寺院の跡に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ帝国のポンペイウスは
紀元前63年にシリアとパレスチナを征服。
ペトラまで兵を派遣しましたが、
財政豊かなナバタイ人は金を払って
ローマ軍を懐柔し、和平を結びました。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、ユダヤの王ヘロデに攻撃を受け、
2度目の攻撃の紀元前31年には、
広範囲の領土を失いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ナバタイ王室の伝統も、
106年にペトラが
ローマ帝国に併合されたことによって終わりを告げ、
浴場や劇場、列柱通りの建設など、
ローマ風に町が造り変えられました。

クリックすると元のサイズで表示します

2世紀半のローマ支配の後、
363年に大地震がペトラを襲い、
多くの建物が崩壊。

クリックすると元のサイズで表示します
                               
それ以来栄光を取り戻すことはなく、
6世紀にはほとんど人が住まなくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、
7世紀にイスラム軍が到来し、
12世紀に十字軍が砦を造った以外、
ペトラは人々に忘れられた廃墟になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、
「その1」で書いたように、

クリックすると元のサイズで表示します

1812年、
スイス人探検家ヨハン・ルートヴィッヒ・ブルクハルトが、
遺跡を確認し、世界にその存在を伝えるまで、
ペトラは眠り続けたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今、ペトラ遺跡は、
ヨルダン最大の観光資源
そんな日が来ることをナバタイ人たちは
考えてもみなかったでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

さあ、いよいよ、
ペトラの奥の院、
エド・ディルに向かいます。


日本の快適空間を世界へ  耳より情報

昨夜、テレビ東京の「ガイアの夜明け」という番組で

クリックすると元のサイズで表示します

面白い内容を放映したので、
紹介しましょう。

まず、長野県の湯田中温泉

クリックすると元のサイズで表示します

ここに外人が続々やって来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

お目当ては地獄谷温泉で猿が温泉につかる様を見るため。

クリックすると元のサイズで表示します

どういう観光案内に書いてあるのか、
年間2万人もやって来るといいます。
東京からのアクセスなども紹介されているのでしょうか。
とにかく、年間2万人というのは、驚き。

クリックすると元のサイズで表示します

次にその近くの温泉。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、冬場は半数が外国人だといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

目的は露天風呂。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう外人が増えているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

で、今夜のテーマは

クリックすると元のサイズで表示します

これ。

クリックすると元のサイズで表示します

日本在住の外国人に取ったアンケート
「日本で快適と思った施設やサービスは?」
の解答結果が、これ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

1位は、ホテルでウォッシュレットに触れた人たちの投票でしょう。
2位は世界に冠たる日本の交通システム。
コンビニはアメリカ発祥ですが、
日本で独自に進化。
便利さにおいてはアメリカのコンビニをしのぎます。
近いのは台湾のコンビニか。
自動販売機の多さも世界一。
これは防犯と深い関係があります。
アメリカでの自動販売機はホテルとか施設の中だけ。
路上に自動販売機が設置されているのは、日本だけです。

で、今回のテーマは第3位の風呂。

銭湯の全国チェーン店「極楽湯」が海外進出。

クリックすると元のサイズで表示します

その都市は上海

クリックすると元のサイズで表示します

事前に現地の銭湯をリサーチ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで見たのは恐るべき光景。
入浴中にタバコを吸う人。
浴槽の脇でアカスリをして、
そのタオルを浴槽に浸ける。

クリックすると元のサイズで表示します

お湯は濁って、下が見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

湯船に入るのにも覚悟が必要。

クリックすると元のサイズで表示します

女湯には湯船がありません。

クリックすると元のサイズで表示します

汚いので、入らないのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、進出を決定。
場所は浦東地区

クリックすると元のサイズで表示します

かなり広い施設です。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の銭湯がきれいなのは、日本の水技術

クリックすると元のサイズで表示します

1時間に何度も水をろ過して汚れを取り除き、
常にきれいなお湯が供給されています。

クリックすると元のサイズで表示します

更に、今回は硬水を軟水化する装置も導入。

クリックすると元のサイズで表示します

硬水は石鹸の泡立ちも悪い。
日本的な柔らかい湯を味わってもらおうとの配慮。

施設が出来、開場の準備を進めます。

クリックすると元のサイズで表示します

接客の訓練。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の強さは「もてなしの心」
それが理解してもらえますか。

以前添乗員から聞きましたが、
外国の友人は日本に来る時、
日系の飛行機会社にするといいます。
それは、キャビンアテンダントのサービスが良いから。
それも「もてなしの心」。
外国系、特にアメリカ系の飛行機会社は、
個人主義からか、
「用事があれば、自分で言うだろう」
という態度がありあり。
日本人キャビンアテンダントのように、
お客の要求を先回りして察する、などということはありません。
それで、少々高くても
日系の航空会社に乗るといいます。

極楽湯の従業員も戸惑い気味。
日本人のように、
毎日湯船に浸かるような生活が、そもそもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

従業員も説明に困るらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろ、掛湯の意味が分からない。

クリックすると元のサイズで表示します

従業員にお風呂に入ってもらったりして、
いよいよ開業。
豪華な施設ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

1900円というのは、
日本人が見ても高い。

クリックすると元のサイズで表示します

のれんが掛けられ開業。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、繁盛したのか不入りなのか、

クリックすると元のサイズで表示します

そこまで報道していませんから、
もしかしたら不入りなのかもしれません。

場面は一転して、
インドに。
インドの安ホテル

クリックすると元のサイズで表示します

シャワーもこんな具合。
設備は劣悪です。

クリックすると元のサイズで表示します

実際、4年前にデリーで泊まったホテルは最悪でした。
なにしろ、お湯が出ず、
床にはゴキブリの死骸が。

そのブログは、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20090507/archive

一方、外資系の高級ホテルは高い。
↓の部屋はこのホテルでの最安値の部屋。
通常は7万円ほどします。

クリックすると元のサイズで表示します

インドのホテルは高いか安いか
安いものは千円〜3千円くらいで泊まれますが、
とにかく悲しくなるくらいひどい。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで出来たのが、↓のホテル。
きれいな部屋と手ごろな値段を両立する日本式のビジネスホテル

クリックすると元のサイズで表示します

ロビーはまるで日本のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

1泊1万円なら、安い。
シーツの交換なども清潔感を出します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにも大浴場が。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食は和食。
米は日本から空輸するといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで空室がない位繁盛しています。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、大富豪が接触。

クリックすると元のサイズで表示します

持っているホテルの稼働が悪いので、
日本式経営で建て直してほしい、との依頼。

クリックすると元のサイズで表示します

オープン当初はよかったものの、
その後、稼働率が低下したので、
企業関係者を招待してアピール。

クリックすると元のサイズで表示します

それまでマッサージに使っていたスペースを
大浴場に改装しました。

クリックすると元のサイズで表示します

おかげで1月は持ち直し。

クリックすると元のサイズで表示します

湯船につかって風呂に入る、
清潔なシーツが敷かれたベッドで眠る・・・、
日本人にとって当たり前のことですが、
世界の多くの人々にとっては特別なこと。
であれば、
確かに銭湯やホテルなどの日本の快適空間は輸出に値します
まだまだビジネスチャンスは残っている。
そう思わせる番組でした。

そういえば、昨春
評判になった映画「テルマエ・ロマエ」は、
ローマ時代からタイムスリップした
ローマの浴場設計者が
現代の日本の銭湯に驚嘆し、
その真似をローマ時代に持ち帰る話。
日本の銭湯文化はたいしたものなので、
時代を越えて輸出する話でした。

「テルマエ・ロマエ」の予告編は、
↓をクリック。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=naLPpDqoFu8

このブログでの「テルマエ・ロマエ」の紹介は、
↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20120504/archive





『満つる月の如し』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

平安時代
藤原家が権勢を誇った頃の話。

内供奉(ないぐぶ)になったばかりの隆範(りゅうはん)は、
まだ若い仏師・定朝(じょうちょう)の彫った仏像に心奪われ、
叡山(比叡山)の本尊・釈迦三尊像の造仏を依頼する。
ちなみに、内供奉とは、
宮中で帝の健康や国家安寧を祈願する護持僧。
定員は十名で、持戒堅固な清僧が選ばれる。

しかし、七条仏所の棟梁の息子として生まれ、
類まれな才能がありながら、
定朝はなかなか取りかかろうとしない。
ある時、その真情を隆範に吐露する。

「もし本当に御仏がこの世におわすのなら、
なぜあの子たちは日々の糧に事欠き、
飢えねばならぬのですか」
「いくら美しい御仏を彫ったとて、
その御仏があの子らに何をしてくれるのでしょうか」
「毎年のように起こる疫病、洪水、飢饉。
盗賊たちの夜毎の跋扈(ばっこ)、
お偉い貴族さまたちの権謀術数の数々・・・
どれだけ御仏を作っても変わらぬ現実を見るほど、
僕は無力感に打ちひしがれてならないのです。
僕の作る御像が、
この世の中で何の役に立つのでしょう。
御仏とはいったい、どこにおわすのですか。
教えてください、隆範さま」


それに対し、叡山の色稚児・甘楽丸(かんらまる)は、
こう言ってのける。

「御仏が本当におるのかおらぬのか、
そんなところは実のところ、
大した話ではないのよ。
肝心なのは、それを信じたい者がおり、
それにすがるため、
寺を建てたり念仏を唱えたりする人々がおる。
そうせざるをえない弱い人心を如何に救い、慰めるかが、
仏師や僧侶の務めじゃわい」
「人は確かに、御仏を知らずとも生きていけよう。
されど御仏がいると信じられれば、
この困難な世において、
それに勝る幸せはないはずじゃ。
家がなくとも、親がおらずとも、
どこかで我らを見守っておられる方がおると考えられれば、
少しの苦労なら忍べようでなあ」
「御仏を信じられずば、
御仏を信じる人々を見ればよいのじゃ。
その者の向こうには必ず、
御仏の姿が見えてくるでなあ」


こうして定朝は、隆範との間に
「わたくしと共に、
これまでにない御仏を作りましょうぞ」

と約束する。

一方、皇太子の資格を剥奪された敦明親王が
その鬱屈のあまり狼藉を続けており、
その孤独を思う女房の一人中務(なかつかさ)の
命を惜しまぬ行為の中に
御仏の姿を
定朝は見いだす。

「僕はずっと、
御仏はどこにおわすのだろうと思っていました。
人が人を傷つけ、誰も信じられぬこの地獄のごとき世、
まことに御仏がおられるのであれば、
こんな苦しみがあるはずがないと迷い続けていたのです」
「ですが、この中務さまの御顔を見てわかりました。
僕はこれまでいったい、
なにを愚かに迷うていたのでしょう。
真実の御仏の姿とは、
人の裡(うち)にこそあるのですね。
そのことをようやく、悟りました」


しかし中務の死亡事件の罪をかぶる形で
隆範は東国に追放されてしまう。

時は流れ、
平等院鳳凰堂↓に阿弥陀如来を作りあげる。

クリックすると元のサイズで表示します

「どんな仏像であれ、
完成後に手直しした箇所が一つや二つ出てくるものだが、
この如来像にはそれがまったくといっていいほど見当たらない。
目の前にある尊容は、
幾度となく胸の中で彫った姿と、瓜二つであった。
本当にこの像は、
自分が作ったのだろうか。
ひょっとして己の中に隠れていた御仏が、
この腕や眼を通じて、
人間が有する普遍的な慈悲を
中務の容貌に仮託させたのではないか。
そんな思いが突然胸を突き上げ、
定朝は板間に両手をついた。
御仏の姿を探し求めるあまり、
中務を死なせた自分。
そんな己の中にも、
仏性は宿っているのか。
だとすればこの世は地獄などではない。
一見地獄と見えるこの世にも、
衆生を救う仏は間違いなく来臨し、
我々を見守っているのだ。
それでいいのだ、
と何者がささやいた気がして、
定朝は顔を上げた。
薄く見開かれた如来の双眸が、
静かに自分を見下ろしている。
その澄み切った眼差しが
自分を許しているかに思われ、
定朝はこみあげる嗚咽を懸命にこらえた」


定朝の作った阿弥陀如来像↓。

クリックすると元のサイズで表示します

その開眼供養の準備の最中、
自分の到達した造仏の姿を
群衆にまみれて隆範が見に来るのではないかと期待していた・・・

時は平安、仏教が人の身も心も縛っていた時代。
主人公は叡山の高僧と仏師。
そして、テーマは宗教の永遠の課題といえる内容。

着眼点は素晴らしくいい。
人物配置も適切。
なのに、話がはずまない。
人物像が立ち上がってこない。
一つ一つの事件が納得する形で収まっていかない。
実在の人物を随所に散りばめながら、
それが物語にからんでこないもどかしさ。

劇的空間と劇的テーマを掲げながら、
意余って筆足りず、の結果となった。
残念。



ヨルダン旅行記・5 ペトラ遺跡・その1  旅行関係

さあ、いよいよ今回の旅行のメインイベント、
ペトラ遺跡です。

クリックすると元のサイズで表示します

観光の拠点となるのは、
ワディ・ムーサという町。

クリックすると元のサイズで表示します

前回紹介したモーゼの泉が「アイン・ムーサ」という名前ですから、
この町の名前もモーセゆかりの町なのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡入口の土産物屋。

クリックすると元のサイズで表示します

インディ・ジョーンズ。

クリックすると元のサイズで表示します

ガイドさんからチケットをもらって入場。

クリックすると元のサイズで表示します

そのチケット。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、こんな道を歩かされます。

クリックすると元のサイズで表示します

岩山。

クリックすると元のサイズで表示します

「ペトラ」とは、ギリシャ語で「岩」の意味。
イエスの一番弟子が「岩」という意味で「ペテロ」と名付けられたのと同じです。

遺跡の中にも住まいがあり、

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、

クリックすると元のサイズで表示します

馬が走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

上に4つのオベリスクを持つ岩窟墓、オベリスクの墓

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ遺跡の入口。

クリックすると元のサイズで表示します

ローマ兵の扮装をした方たちが迎えてくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡に行くには、
シークと呼ばれる岩の狭間を通らなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

長さ1.5qのこの狭い通路は、
鉄砲水が作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年行ったアメリカのアッパー・アンテロープキャニオンと同じ。

クリックすると元のサイズで表示します

シークの崖の高さは60〜100m

クリックすると元のサイズで表示します

日は射さないので、ひんやりと涼しい。

クリックすると元のサイズで表示します

左が当時の石畳。

クリックすると元のサイズで表示します

遺跡に到達するには、
この岩盤の隙間を通り抜けていかねばならず、

クリックすると元のサイズで表示します

それが遺跡を世の中から隔離しました。

クリックすると元のサイズで表示します

祠のようなもの。

クリックすると元のサイズで表示します

水源地から水を引いた水路跡が見られます。

クリックすると元のサイズで表示します

人とラクダの像があったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ペトラ遺跡は
長いこと忘れられた遺跡でした。
この長い通路の奥に隠され、タブー地域にもなっていたらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、1812年、
ダマスカスからカイロまで行く途中に、
ペトラの噂を聞きつけたスイス人探検家
ヨハン・ルートヴィッヒ・ブルクハルトが、
外部の人間に生活を乱されることを恐れる
現地人の目をかいくぐって遺跡を確認し、
世界にその存在を伝えたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヨハンさん、
この通路を通りながら、
どんなにワクワクしたでしょうか。
それとも不安にかられていたのか。

クリックすると元のサイズで表示します

岩の隙間に、何か見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、

クリックすると元のサイズで表示します

これは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネ

クリックすると元のサイズで表示します

娘との会話。
「とうとう来たね」
「来ましたね」

クリックすると元のサイズで表示します

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」
ラスト近く、
インディたちは、
ここに入り、
イエスの聖杯を守る騎士に出会います。

クリックすると元のサイズで表示します

崖を削り、彫り抜いた神殿風正面を持つ霊廟。
幅30m、高さ43m
紀元前1世紀〜紀元2世紀のもの。
ヘレニズム建築の影響を受けていることから、
ローマ時代に建てられたものではないかと考えられています。

「エル・ハズネ」とは、「宝物殿」という意味で、
建物の一番上に乗っている壺の中に
宝物が隠されているという伝説から、こう呼ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します

発見された当初は6つの柱のうち1本は折れた状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今は中には入れませんが、
昔は入れたようで、
写真集によれば、内部は↓こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

かつては漆喰細工の装飾が施されていたと言われます。

クリックすると元のサイズで表示します

左側の岩山。

クリックすると元のサイズで表示します

右側の岩山。
階段があるところを見ると、
上から眺められるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

今入って来た入口。
ヨハンさんの驚きはどれほどだったでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネは、
微妙な光の違いによって一日に50色ものバラ色を見せると言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

近くにあった墓に

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

遺体はどこに行ったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

いつまで見ていても飽きません。

クリックすると元のサイズで表示します

エル・ハズネは、
遺跡の始まり。
ペトラ遺跡はまだまだ奥があります。

続きはまた今度。


浦安シティマラソン  耳より情報

今日は、浦安シティマラソンの日。

新聞には交通規制に協力を呼びかけるチラシが入っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

そうか、既に22回になるのか。
確か6年ほど前にも
このブログに載せましたっけ。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20070204/archive

会場の運動公園近くに行くと、
ご覧のとおりの交通規制。

クリックすると元のサイズで表示します

会場はランナーたちで一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

後で聞いたら、
主催者発表で5572人も参加したとか。

はて、確か3qと10qとハーフマラソンの3種ではなかったか、

クリックすると元のサイズで表示します

と思ったら、
2年前の東日本大震災での道路液状化の
復旧工事でコースの一部が使えないため、
昨年に続き、
見送られたそうです。

3qレースは既にスタート。
8qレースはAとBの2グループに分かれて、
1時間の時間差をおいてのスタート。
Aは5q地点を30分以内で通過し、
50分以内でゴールするグループ、
Bは5q地点を40分以内に通過し、
65分以内でゴールするグループ。
要するに「早い組」と「遅い組」のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

市長の挨拶というのがあって、
どこからともなく声が聞こえてきたので、
どこにいるのかと思ったら、
↓こんなところに。

クリックすると元のサイズで表示します

カントダウンの後、市長の号砲一発。

クリックすると元のサイズで表示します

何百名ものランナーが走り出します。

クリックすると元のサイズで表示します

コースはディズニーシーとディズニーランドの脇の海岸沿い。

クリックすると元のサイズで表示します

太鼓でお見送り。

クリックすると元のサイズで表示します

1q地点は、
ディズニーシーの
タワー・オブ・テラーの脇。

クリックすると元のサイズで表示します

コロンビア号もみつめています。

クリックすると元のサイズで表示します

ディゾート地らしい道路を走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

これで海が見えれば最高ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら、
海は土手の向こうで見えません。

クリックすると元のサイズで表示します

早くも折り返しのランナーとすれ違い。

クリックすると元のサイズで表示します

ダントツのトップランナー。

クリックすると元のサイズで表示します

葛西臨海公園の観覧車と
東京スカイツリーがこんな風に見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

舞浜のホテル群の脇を走ります。

クリックすると元のサイズで表示します

向こうに見えるのは、
東京ディズニーランドホテル。

クリックすると元のサイズで表示します

トイレに救護班。

クリックすると元のサイズで表示します

給水場所。

クリックすると元のサイズで表示します

落伍者の収容車。

クリックすると元のサイズで表示します

折り返し点です。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく半分。

クリックすると元のサイズで表示します

近くに東京ディズニーリゾートの玄関が。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴールの運動公園に戻ります。

クリックすると元のサイズで表示します

続々と脚自慢たちが駆け込んできます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでも太鼓がお出迎え。

クリックすると元のサイズで表示します

ラスベガスマラソンでは沿道がにぎやかだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ハワイマラソンも一度走ってみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

岡本太郎作のモニュメントの下を続々ランナーが到着します。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでフィニッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜あ、疲れた。

クリックすると元のサイズで表示します

ゴール近辺には、

クリックすると元のサイズで表示します

ご覧のような屋台が出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

こういうのを見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

止まらなくなり、

クリックすると元のサイズで表示します

はい、たぬきうどん250円也。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう場所で食べると、
どうしてこんなにうまいのでしょう。

来年は体を鍛えて、
娘と一緒に参加してみようか、
と思っています。







AutoPage最新お知らせ