運転免許、取りました!  

今日は早起きして、幕張へ

クリックすると元のサイズで表示します

千葉運転免許センター
最後の学科試験を受けるため。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

既に一月だけで、
千葉県内の交通事故死亡者は15名。
全国ワースト4位だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

がらんとした空間に

クリックすると元のサイズで表示します

申請の列。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食堂や売店もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

教習所卒業の方はこの看板の下に並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

早めに行ったので、行列の一番でした。

クリックすると元のサイズで表示します

受験番号をもらい、階上へ。

クリックすると元のサイズで表示します

座席が指定されています。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな会場。

クリックすると元のサイズで表示します

最初に録音された説明があり、
試験開始は9時28分
50分間に95問の設問に「正誤」の○×で解答します。

ヨルダンから帰国後、
22,24,25と怒濤の教習を受け、
めでたく先週末の26日に卒業検定に合格して
この日を迎えましたが、
学科試験に落ちては洒落にならないので、真剣。
教習所の自習室のコンピューターの模擬試験では
99点の連続でしたので、
(なぜか1つだけ間違える)
まず不合格はないだろうと思いつつも、
やや緊張。

試験終了後、
電光掲示板の前で結果を待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

終了後、15分ほどで結果が出て、
いよいよ発表です。

クリックすると元のサイズで表示します

番号の出た人が合格者。
「やった」という歓声が上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

空白のスペースは不合格者で、
元の試験会場に戻って、
点数をきかされます。

さいわい合格したので、
次に行列を作り、

クリックすると元のサイズで表示します

適正検査。実は視力検査。

クリックすると元のサイズで表示します

カメラはここまでにし、
次に写真撮影して、
再び2階の別の会場で
講習、実は交通安全協会の説明を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

今日からみなさんはドライバーの仲間。
事故を起こさずに済む立場である。
昨年千葉県は死亡事故170人目標でしたが、
年末175人で目標を達成できなかった。
交通安全協会の交通指導員はボランティアで3千人いる。
その活動の目標は
「交通事故を一件でも減らそう」ということです、
との貴重な話。

そして、運転免許証の交付。

クリックすると元のサイズで表示します

この一枚をもらうために、
10月4日の入所式から
約4カ月間教習所に通いました。

第1段階12時間、
第2段階19時間の技能教習の合間に
第1段階10時間、
第2段階16時間の学科教習。
計57時間。
追加教習3時間を入れて、合計60時間。


学科教習は決まったスケジュールに合わせて行けばいいのですが、
技能教習は予約制で、
これが大変詰まっています。
なにしろ3週間先でないと取れない。
後はキャンセル待ち。
勤めながらはまず無理で、
教習生は学生ばかりです。

その中で65歳のおっさん一人。
初めての車上では、
あっちによろよろ、
こっちによろよろ。
1時間やって
「もう一回やりましょう」と教習科目1時限目は不合格。
その日は落ち込み、
「自分は運転に向いていないのではないか」と
弱気の虫が頭をもたげました。

「前ばかり見ないで、目的地を見ろ」
「ハンドルを見ちゃ駄目だ」
「反応が遅い」
と叱咤され、
「あなたは会社では管理職でしょうが、
教習中の姿は部下には見せられませんよね」
と指導員に同情されたりもしました。

途中、「狭路の通行」では、
曲線(S字)コース、屈折(クランク)コースで
何度も脱輪し、
2度「もう一回やりましょう」を食らいました。

毎日夜と早朝、
教習所のホームページにアクセスして
キャンセルによって生ずる「空車」をみつけるとクリックして予約。

その甲斐あって、
仮免検定は2カ月弱の11月29日に通過。
その後の仮免学科試験も満点をいただきました。

第2段階に入り、路上教習へ。
教習所内は最高速度30キロで、
しかも狭いですから20キロ位しか出せません。
路上で最高60キロ出せるものかと心配していましたが、
意外とスピードが出て、快適。
路上教習は楽しかった
高速では100キロを体験し、
自主経路設定はクリア。

約4カ月弱で免許をいただきましたが、
この間、毎月海外旅行をしていたことを思えば、
順調だったのではないでしょうか。

かかった経費は、
最後の登録のための千葉県収入証紙代を含め、
総額29万2,975円
3回食らった足踏みの教習料13,230円の追加で済んだのも
普通ではないでしょうか。

自動車保険会社に電話して
運転者の追加もし、
いよいよ明日からドライバーの仲間入り。
せいぜい事故をしないように気を付けます。
「世界が広がるよ」
と言ってくれる方もいます。
65の手習い。
どんな世界が見えて来るのか、楽しみです。






AutoPage最新お知らせ