チョベ国立公園のボートサファリ  旅行関係

知らない間に、
定年退職後6カ月目を過ぎました。
最近は意識しない程になりました。
この間、
いろいろ揺らぎはありましたが、
すっかりリタイア生活が身についたようです。


では、アフリカ旅行記の続きを。

7日目の午後は、このロッジから

クリックすると元のサイズで表示します

この船に乗って、

クリックすると元のサイズで表示します

ボートサファリへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ザンベジ川の支流・チョベ川の水辺の動物の観察です。

クリックすると元のサイズで表示します

右側の小屋のようなものは、
「ここから国立公園」で、
乗船者の名前を登録しなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

覗いてみると、
無人で自己申告制のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さな船もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

バッファロー発見。

クリックすると元のサイズで表示します

同じ姿勢でこちらを見ています。

クリックすると元のサイズで表示します

サファリでは「ビッグファイブ」というのがあり、
人気の高い、
ゾウ、ライオン、サイ、ヒョウ、バッファロー
5種類の動物を指します。
今回の旅行では、
ゾウ、ライオン、バッファローの3種類を見ることが出来ました。

カバはビッグファイブではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、すごい巨体。

クリックすると元のサイズで表示します

水浴びするカバたち。

クリックすると元のサイズで表示します

でかい図体のわりに走るのは早く、
時速40キロも出すとか。

クリックすると元のサイズで表示します

水中でも時速30キロは出すといいます。
水中に潜る時は、
耳がぴたりとふさがります。

クロコダイル発見。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなのに襲われたら、と思うとぞっとします。

クリックすると元のサイズで表示します

クロコダイルとアリゲーターは、
どちらも爬虫類綱ワニ目に分類されますが、
その後の科が違います。
いわゆる「人食いワニ」はクロコダイルの方で、
大きくて性格もより獰猛です。
アリゲーターの方がやや小さく、
クロコダイルより大人しいと言われます。
見た目の違いは、頭部で顕著で、
とんがってしゃくれた顔をしているのがクロコダイル、
鼻先が丸くなっているのがアリゲーター。
横から見て下から大きな歯が出ているのがクロコダイルで、
アリゲーターはこの歯は唇の中に入っていますので見えません。
まあ、どっちも「ワニ」ですけどね。

インパラ
水際に子供のインパラがいると、
ワニの餌食になります。

クリックすると元のサイズで表示します

黙々と草を食むカバたち。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥が側にいるのは、
カバが歩く時、
ふみしめた地面から虫が飛び出して来るのを食べるため。

クリックすると元のサイズで表示します

川の中島は動物たちの楽園です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

島はボツワナが領有権を主張して、
国旗がひるがえっています。
竹島も尖閣も北方領土も日の丸をはためかせたい。

クリックすると元のサイズで表示します

象の群れを見ても、
午前中、たっぷり見たので、感動はわきません。

クリックすると元のサイズで表示します

対岸はザンビア。
煙が出ているのは、
草を燃やし、
新芽の促進をするためです。

クリックすると元のサイズで表示します

岸に咲く花。

クリックすると元のサイズで表示します

再び国境を通ってジンバブエに再入国。

クリックすると元のサイズで表示します

バスの前を象たちが横切っていきました。

クリックすると元のサイズで表示します

今日も晴天に恵まれて、

クリックすると元のサイズで表示します

絶好のサファリ日和となりました。

いよいよ明日はヴィクトリア瀑布です。





AutoPage最新お知らせ