ケープタウン  旅行関係

それでは、今回のアフリカ旅行の前半を、
あちこちから拝借した写真で再構成してみましょう。

(このブログをずっとお読みの方はご存じですが、
最後のホテルにデジカメのメモリースティックを忘れて来てしまったのです)


今回の参加者は総勢22人
東京からの参加者が16人で、
大阪からの参加者1人と
九州からの参加者5人と
香港空港で合流するという寸法。
男性の1人参加は6人、
女性の1人参加は3人、
ご夫婦が2組、女性の友人同士が2組、
親子3人連れが1組、
その他1組
という組み合わせ。
最高齢は85歳。
親子3人連れは、
父母の古希のお祝いに
アフリカ旅行をプレゼントした孝行息子さんでした。

香港までは、キャセイ・パシフィック航空

クリックすると元のサイズで表示します

これが驚くほど古い機材で、
スクリーンはパーソナルであるものの、
リモコンは座席に備えつけ、
映画も20チャンネルしかなく、
日本語の映画は
行き2本、帰り1本という貧弱さ。
その上、オンデマンドでなく、
同時に始まり、
終わった後は、
最長の映画が終わるのを待って、
第2回目の上映が始まる、
という形。
成田〜香港路線はドル箱と思っていたら、
それとはかけ離れた扱いでした。
また、ゴーッというすごい音と共に機体が揺れ、
肝を冷やしました。
ただ、隣席が空席というラッキー。
隣に人がいないだけで
これほどストレスが少ないかと改めて認識した次第。

4時間37分の飛行時間で香港へ。
広い空港でしばし待った後、
深夜発便でインド洋を越えて、
南アフリカ航空
南アフリカのヨハネスブルグへ。
所要時間は12時間42分
この間も隣席が空席でノーストレス。

日本発着ではないので、
映画は期待できないと覚悟はしていましたが、
映画のプログラムは100本ほどあるものの、
日本語の映画は「ホタルノヒカリ」という、
綾瀬はるか主演の国辱モノの映画1本。
その上、冷房がきつくて風邪を引きそう。
通常、機内ではシャツ1枚ですごしますが、
成田で「冷房がきつい」という添乗員のアドバイスに、
いったんトランクの中に入れておいたジャンパーを出して、
機内に持ち込んでよかった。
添乗員の言うことはきくべきです。

↓は南アフリカ航空。

クリックすると元のサイズで表示します

南アフリカ政府がアパルトヘイト政策を取っていた時代、
他のアフリカ諸国が、
南アフリカ航空の領空通過を拒否。
そのため、
アフリカ諸国の上空を通るのが最短ルートであるヨーロッパ線は
やむなく大西洋上に出る遠回りのルートで運航されていたといいます。

ヨハネスブルグで乗り換えて、
ケープタウンまで2時間ほど。
隣席が1人参加の学生で、
聞いてみたら、
わが大学の後輩。
いやはや不思議なこともあるものです。

成田を発ってから
ケープタウン到着までの所要時間は
26時間。
随分遠くまで来たものです。


ケープタウンの象徴は、
テーブルマウンテン

クリックすると元のサイズで表示します

特徴ある形をしており、

クリックすると元のサイズで表示します

市内のどこからも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

この山に雲がかかっている状態を

クリックすると元のサイズで表示します

「テーブルクロスがかかっている」と言うのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

頂上に行くのは、このロープウェイで。

クリックすると元のサイズで表示します

登る間、客席がぐるりと回ります。

クリックすると元のサイズで表示します

見える角度によってテーブルのように見えるのかと思ったら、
上はまっ平で、本当のテーブル。

クリックすると元のサイズで表示します

標高は1086m

クリックすると元のサイズで表示します

ここから見る景色は、絶品。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、ここで通常なら
ホテルのことやら
食事のことやら書くのですが、
なにしろ写真がありませんので、省略。
2日目のロベン島観光に飛びます。

ロベンとはアザラシのことで、
山から見える島です。

クリックすると元のサイズで表示します

ケープタウン港から船で30分ほどの平らな島。
町までは12キロ、575ヘクタール。

クリックすると元のサイズで表示します

航空写真。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが何故世界遺産かというと、
アパルトヘイト政策(人種隔離体制)をしていた頃の
南アフリカの黒人専門の政治犯刑務所だったからです。

クリックすると元のサイズで表示します

当時の写真が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

1959年の開所から1991年に
最後の政治犯が釈放されるまでの約30年間に
延べ3000人の政治犯が収容されたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

勝手に刑務所内を見ることはできず、
↓こんなバスに混在させられて、説明を聞きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

所内は元囚人だった人が経験談を交えて説明してくれます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは大部屋。
床にマットと毛布一枚の劣悪な環境。

クリックすると元のサイズで表示します

多い時には、
一部屋64人が寝たといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはネルソン・マンデラさんの独房だったところ。

クリックすると元のサイズで表示します

マンデラさんは、
この刑務所に18年いました。
他の刑務所での9年を合わせて計27年。
たいした精神力です。
マンデラさんはここで囚人たちを教化しました。
ボールペンも紙もありませんから、
土に字を書いて教育しました。

やがて、世界から批判を浴びてアパルトヘイト政策が終わると、
マンデラさんは大統領になるわけですから、
本当に偉い人です。
1995年5月10日の
大統領就任セレモニーには、
国連事務総長、
45カ国の国家首相をはじめとする
多くの国々の代表が参列し、
その就任演説の基調は和解の呼びかけでした。

「あまりにも長く続いた
並外れた人間的悲惨の経験の中から、
全ての人間が誇りに思えるような社会が誕生しなければならない。
傷を癒すべき時がやって来た。
私たちを分断してきた
深い溝に橋を架けるべき瞬間がやって来た。
建設の時代は、
私たちの肩にかかっている」



このような負の遺産に対して、
南アフリカの自然が世界遺産に指定されています。
「ケープ植物区系地方の保護地区群」がそれで、
その中にあるカーステンボッシュ植物園に行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

南アフリカは、
世界で6番目に植物の種類が多い国で、
この公園には
4500種類の植物が
山を背景に咲き乱れています。

クリックすると元のサイズで表示します

プロテアの花は100種類あり、

クリックすると元のサイズで表示します

中でも最大級の花を咲かせる
キング・プロテアの花言葉は「王者の風格」。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の花に囲まれて、

クリックすると元のサイズで表示します

ロベン島の鬱々とした気分を払拭しました。

クリックすると元のサイズで表示します


夕食後、シグナルヒルからケープタウンの夜景を楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します



『ジーザス・クライスト・スーパースター』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

10月5日、英国の
バーミンガム・ナショナル・インドア・アリーナで行われた
「ジーザス・クライスト・スーパースター」の公演の記録。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」は、
作曲家アンドリュー・ロイド=ウェーバー初期の作品。
「ヨセフ・アンド・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」
に続く、
ロイド=ウェーバーの出世作。
「ヨセフ〜」が旧約聖書に題材を取ったのに対し、
新約聖書の福音書、イエスの最後の数日に焦点を当てている。

まず1969年にシングル「Superstar」が発表され、
翌年に2枚組LPレコード「Jesus Christ Superstar」がリリース、
翌71年、ブロードウェイで舞台化。
翌72年にはロンドンでも公演が行われた。
ブロードウェイでは73年まで上演、
ロンドン公演は80年まで続くロングラン公演となった。

全編に渡って語りのセリフは無く、
音楽と歌曲のみで物語が進行するロック・オペラ
イエスに対する冒涜的な見解がちりばめられており、
キリスト教会から反発を受けた。
現代の若者がイエスの存在に問いかけるような内容で、
キリスト教会の抗議はお角違い。
日本では劇団四季が上演。

今回の映像作品は、
珍しいアリーナ公演で、
舞台中央に階段状の構築物が作られ、
その左右にバンドを配置。
背後に映像が映し出される。

役者は全員現代の服装で、
イエスのグループはヒッピー風、
ユダヤの指導者たちは
シティの重役タイプとして演じられる。

イスカリオテのユダ役は、
数々の賞を受賞しているミュージカルコメディアンのティム・ミンチン。
マグダラのマリア役は、
元スパイス・ガールズのメラニー・C。
ヘロデ王役はラジオDJのクリス・モイレス。
そして、イエス役はイギリスの番組「スーパースター」で
一躍脚光を浴びたベン・フォースターが演じる。
演出はローレンス・コナー。

とにかく歌手が抜群にうまい。
これは桁違い。
ピラトの夢の歌、
マリアの「あの人をどう愛していいか分からない」、
イエスとユダの掛け合いの「最後の晩餐」、
そして、「ゲッセマネの園」のイエスの絶唱。
思わず拍手したくなるようなシーンが多々あった。

カーテンコールには、
アンドリュー・ロイド=ウェーバーが登場する。

「オペラ座の怪人」に次ぐ、
特別公演の映像化。
観るべし。

5段階評価の「4」。

しかし、宣伝不足か
同じスカラ座での「オペラ座の怪人」のようにはいかず、
平日の昼、広い客席は50人ほどの入りだった。
20日まで
その後、立川シネマシティ、品川プリンスシネマ等でも上映。
特別料金2000円均一。


タグ: 映画

選挙結果  政治関係

本日の衆議院議員選挙で、
民主党が歴史的敗北、
自民党が単独過半数を取り、
自公両党合わせて
参議院で否決された場合での再可決に必要な
3分の2の320を取る勢い。

3年前の選挙の裏返しを見ているような印象だが、
それについて、
小泉進次郎議員が、
「3年前は自民党がひど過ぎた。
今回は民主党がひど過ぎた」

と言っていた。

小選挙区で自民党が圧勝しているが、
それは当然なので、
3年前の敗北以来、
落選議員はどぶ板選挙を展開していた。
町内会の会合に顔を出し、
運動会、盆踊りに出席し・・・
それがいいとは思わないが、
努力が実を結んだ、というべきだろう。

3年前の選挙のテーマは「政権交代」で、
「自民党がひど過ぎるから、
一度民主党にやらせてみよう」
という「壮大な実験」が失敗したことを示している。
一日も早く解散総選挙が望まれていたのが、
民主党の延命策で延ばされて来た。
政治に対する閉塞感が高まり、
あきらめムードさえあった。

それを前に進めたのが、
消費税を上げる法案に対する
三党合意で、
「近いうちに」信を問う、という約束だ。
「嘘つき」と言われたくない野田総理が、
ようやく3カ月目で実行。
いわば消費税値上げと交換で解散を勝ち取ったといえよう。

これで再び「政権交代」がなされたわけだが、
安倍さんには、
まず景気対策デフレからの脱却をしてもらわなければならない。
勝利した安倍さんが
ニコニコしたりせずに、
責任の重圧を感じている顔をしているのがよかった。

他に田中真紀子、仙谷由人、菅直人、
辻元清美、赤松広隆、加藤紘一

らが選挙区で落選したのは当然だろう。
比例で復活するのかもしれないが、
田中真紀子、加藤紘一は復活はない。

自公政権の独走を許さず、
維新の会みんなの党に頑張ってもらって、
政治の改革を進めてもらいたいものだ。

とりあえず、
再政権交代を祝いたい。


『ホビット 思いがけない冒険』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

あの長大な3部作「ロード・オブ・ザ・リング」を完成させた
ピーター・ジャクソン監督が、
その60年前を舞台にした「ホビットの冒険」の映画化に挑む、
なれば、観に行かざるを得ない。

前作の主人公フロド・バギンスの養父、
ビルボ・バギンスが今作の主役。
冒頭、フロドも登場して、
ビルボがつづる昔の物語として語られる。

繁栄していたドワーフの王国が
ドラゴンに奪われ、
その失われた国を取り戻すために
ドワーフたち13人が
故郷の「はなれ山」エレボールを目指す旅に
魔法使いガンダルフに誘われて
ビルボが同行する、
という趣向。

その旅の描写が半端ではない
どうして撮影したのか分からない光景が次々と続く。
CGだと言えばそれまでだが、
それにしてもすごい。

結局ファンタジーは、
その架空の世界を成立させるだけの
映像が命だが、
「ロード・オブ・ザ・リング」で見事に成功したものが継承されている。

特にゴブリンが潜む地下空間の
木製の橋を駆け抜けていくシーン、
それと並行して描かれる
ビルボとゴラムの出会いが秀逸。
ホビット庄のシーンも
どんなセットを組んだのか、
これもCGかとうならされる。

「足でまとい」と、うとまれていたビルボが
ドワーフのリーダー、トーリンと和解するシーンなど
胸打つシーンもある。
コンドルたちの飛行シーンも美しい。

ビルボが旅立つ決意が意外とあっさりしていたり、
大勢出て来るドワーフのキャラが立っていない、
前作にある闇の力との対比が欠けていたり、
欠点はあるが、
今後3部作の中で解決するのを期待する。

5段階評価の「4」。

第2部「ホビット スマラグの荒らし場」は2013年、
第3部「ホビット ゆきて帰りし物語」は2014年公開の予定。


タグ: 映画

ザンベジ川のサンセットクルーズ  旅行関係

アフリカ旅行最後のプログラムは
ザンベジ川サンセットクルーズ
↓こんな船に乗り込みます。

クリックすると元のサイズで表示します

船上の様子。↓

クリックすると元のサイズで表示します

飲み物は飲み放題。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな料理も出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ザンベジ川は、
ナイル川、コンゴ川、ニジェール川に続き、
アフリカで4番目に長い川

クリックすると元のサイズで表示します

ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、モザンビークの
4カ国にまたがります。

↓この水煙は、ビクトリア瀑布。

クリックすると元のサイズで表示します

二階建ての船や

クリックすると元のサイズで表示します

様々な船がクルーズを展開。

クリックすると元のサイズで表示します

岸ではクロコダイルが見守ります。

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けが始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

刻々と変わる景色をお楽しみ下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

落日。
ザンベジ川に夕闇が迫ります。






AutoPage最新お知らせ