『アルゴ』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは面白い。これは観るべき
あまり面白いので、2日続けて観てしまった。

1979年11月、
ホメイニ革命下のイラン。
アメリカに亡命したパーレビ前国王の引き渡しを求めて
過激派がアメリカ大使館を占拠し、
大使館員を人質に取る。
6人の館員が脱出し、
カナダ大使の家に身を隠すが、
見つかれば公開処刑は間違いない。
アメリカ政府は6人を救出するための計画を練る。
最終的に採用されたのが、
CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスの立てた計画。
それは、偽の映画企画で、
6人をロケハンに来たカナダ人撮影スタッフに仕立てて
出国させるというものだった。
そのためにハリウッドの特殊メイクアーチストが協力、
大物プロデューサーを立て、
クソのような脚本を買い取り、
SF映画「アルゴ」の製作を発表。
記者会見や読み合わせまで開催し、
新聞にも新作の広告を出す。
脚本や絵コンテも準備して、
イスタンブール経由でカナダ人としてイランに入ったメンデスは、
6人と接触し、計画を打ち明ける。
6人がこの計画に乗ってくれるかどうか。
何時イラン側にこの計画がばれてしまうか。
ワシントンは持ちこたえられるか。
そうしたサスペンスでぐいぐい引っぱる。
とくに最後の30分の緊迫感
心臓がバクバクすること必至。
演出とカメラがさえわたる。
これぞ、まさしく「映画」だ。

冒頭、イランの歴史から当時の実情までを
絵コンテ風のものと記録映像を上手につないで
分かりやすく解説する。
一転して、テヘランのアメリカ大使館の襲撃シーン。
ここも記録映画を交えて臨場感のある演出だ。

監督のベン・アフレックは、
「ザ・タウン」の時にも書いたが、
役者としては盟友マット・デイモンに水を開けられたが、
監督業としては才能あふれることが今度も証明された。
主演(メンデス役)を兼ねているが、
役者としても大いに進歩した。
6人と約束したことを必死に果たそうとする
メンデスの心意気がよく出ている。
特殊アーチスト役のジョン・グッドマン
大物プロデューサー役のアラン・アーキン
メンデスの上司役のブライアン・クランストン
らもうまい。

この話、実話だというから驚く。
当時のカーター政権は、
人質の身を思って、事実を秘匿。
事件から18年もたった1997年になって、
クリントン大統領が機密扱いを解除して真相が明らかになった。
従って、メンデスのしたことは秘匿され、
全てはカナダ政府の功績となり、
CIAは関与していないとして、
メンデスに与えられた勲章も
非公開のまま、召し上げられてしまうが、
そのあたりの皮肉も効いている

飛行機がイラン領空に入ると
機内でのアルコールサービスを停止する、
というのは初めて聞いたが、
それも上手に生かしている。

エンドクレジットになっても席を立たないのが賢明。
ある人の声が流れる。
また、6人の実際の顔写真が出るが、
よく似た役者を使ったものだ、とこれも感心。

5段階評価の「4.5」


「ザ・タウン」の紹介は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110220/archive


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ