『終の信託』  映画関係

〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「それでもボクはやってない」で冤罪を扱った
周防正行監督の期待の新作。
今度は、終末医療と尊厳死の問題に取り組む。
医療の現場と法律との相剋も描く。

大変重要な題材に取り組んだものだとは思うが、
脚本作りで大きな問題を抱えてしまった。

まず、主人公である折井綾乃(草刈民代)という女医の造型。
一流大学の医学部を出て、
病院初の女性部長。
しかし、同じ病院の医師と不倫をしており、
病院内の物置で情事をしたりする。
あっさり振られた結果、
睡眠薬を飲みすぎて
自殺未遂の疑いをかけられる。
その時の苦しみが
後の尊厳死の措置につながったというのだが・・・
こういう主人公を観客は共感できるだろうか

慢性の喘息で苦しむ江木(役所広司=さすがの演技)
との心の交流があり、
悩みの時の支えになったという。
「喘息日記」をつけるなど
模範的患者の江木と
往診に出た先でたまたま出会い、
車中で交わした約束、
「チューブでつながれた状態で延命治療をしない」
を、心肺停止状態になった江木に実行するのだが、
家族への説明があまりに不足だ。
気管に通した管を抜いた途端
江木が苦しんで暴れ出し、
あわてて鎮静剤を処方する。
その上、臨終した江木にすがって号泣したり、
江木から聞いた満州時代の子守歌を歌ったりする。
医療の現場ではあり得ない場面
この時の家族の反応の描写もない。
撮影現場で、
「監督、これはおかしいですよ」
と言う勇気あるスタッフは誰もいなかったのか。

これでは家族から告発を受けるのも当然だ。
そして後半、
検察庁に呼ばれ、
塚原(大沢たかお)という検事から厳しい追及を受けるが、
言い訳ばかりだ。
むしろここは、
尊厳死の定義も知った上での
確信犯にすべきだったろう。
「苦しみから解放してあげたい」
という主観的主張だけでしたとしたら
あまりにも医師として未熟で、
あれでは殺人罪に問われるのも無理はない。

ならば、前半の綾乃の精神的彷徨の部分は不要で、
まして胸もあらわなベッドシーンなど、
観客を驚かすだけだ。
むしろ終末医療の現場の描写や、
それにともなう家族の負担などをしっかり描き、
家族にも明確に説明した後、
医師の資格が問われることを承知の上、
責められるのも覚悟で
確信犯的に措置し、
法律の見解と堂々と渡り合うほどの強さが欲しかった。
号泣などせず、
涙を一滴流す程度の描写で十分だっただろう。

ただ、後半の検察庁での
「二人芝居」(正確には事務官も入るから「三人芝居」)
緊迫感あふれる場面は、
検事役の大沢たかおの憎たらしい演技で盛り上がる。
現場の事情を知らないで
法律を大上段にかかげて裁こうとする
権力者の姿は反感を覚える。
これは「それでもボクはやってない」と繋がる世界だ。

それだけに、
女医の設定、
状況描写の不足、
主観的主張だけでの措置
が悔やまれる。
後味も悪い。

いつも言うことだが、
「間抜けな登場人物には、観客は同情しない」のだ。

せっかくのいい題材なのに、
周防監督、今度は料理しそこなった。

5段階評価の「3」


タグ: 映画




AutoPage最新お知らせ