バルト三国の旅2・ヴィリニウス  旅行関係

ビリニウスの朝は、霧となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

北部のためか、
サマータイム(10月最終日曜まで続きます)のせいか、
明るくなるのが遅いようです。

出発時間が朝9時と遅いので、
ホテルの近所を散歩してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

人が住んでいるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

この町での一番の交通手段は、トロリーバスです。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、世界遺産・ビリニウス歴史地区の観光で、
最初に訪れたのは、
聖ペテロ・パウロ教会

クリックすると元のサイズで表示します

この教会は内部が真っ白で、

クリックすると元のサイズで表示します

2000以上の漆喰彫刻があります。

クリックすると元のサイズで表示します

建築そのものは
1668年から7年間で造られましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

内装にその後30年もかけられたといいます。

クリックすると元のサイズで表示します

2000の彫刻は、どれ一つ同じものがないとか。

クリックすると元のサイズで表示します

ドームから吊り下がっているのは、ノアの方舟。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ白な彫刻群に
色彩を伴った像があると、

クリックすると元のサイズで表示します

どこか生々しく感じます。

クリックすると元のサイズで表示します

続いて行ったのは、夜明けの門

クリックすると元のサイズで表示します

城には元々9つの門がありましたが、
現在はただ一つ、この夜明けの門だけが残っています。
上の方に見えるのが、リトアニアの紋章。
ソ連時代には、ここでしか見られないものだったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

城門の内側から見たところ。
ガラス窓の部分に祈祷所があります。

クリックすると元のサイズで表示します

祈祷所への階段。

クリックすると元のサイズで表示します

祈祷所の内部。
沢山の人が祈っています。

クリックすると元のサイズで表示します

祈りが蓄積した場所というのは、
それだけで圧倒させられます。
たしかトルコのどこかで「マリアの家」を訪れた時も、
その祈りの膨大な蓄積を感じて、
胸打たれたことがありましたが、
その時以来の感動でした。

↓は、祈りの対象となっていた、
マリアのイコンです。

クリックすると元のサイズで表示します

次は、ゲディミナス塔の展望台へ。
ケーブルカーで上がります。

クリックすると元のサイズで表示します

この塔は、かつての城壁にあった塔。

クリックすると元のサイズで表示します

中は博物館になっており、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

屋上は展望台になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは、ヴィリニウスの町が眼下に広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの面積は6万5300平方キロメートル。
北海道の約8割の大きさです。

クリックすると元のサイズで表示します

人口は338万人。(2008年)
夫婦で子供一人が普通なので、
どんどん人口は減っており、
今では300万人という説もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニア人が84%、ポーランド人が6%、ロシア人が5%。

クリックすると元のサイズで表示します

かつてはバルト海から黒海まで支配したこともありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは大聖堂

クリックすると元のサイズで表示します

その手前にある鐘楼。高さは53mあります。

クリックすると元のサイズで表示します

礼拝堂内部。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

聖ペテロ・パウロ教会と違い、
ここは絵画が中心。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、彫刻もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

脇にあるのが、
聖カジミエルの礼拝所。

クリックすると元のサイズで表示します

リトアニアの宗教は、80%がカトリックです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、聖アンナ教会

クリックすると元のサイズで表示します

1812年、
ロシアへ攻め上がるナポレオンがヴィリニウスに入城した際、
この教会を見て、
「我が手に収めてフランスに持ち帰りたい」
と語ったといいます。

その前にあった木。服を着せられています。

クリックすると元のサイズで表示します

琥珀博物館

クリックすると元のサイズで表示します

バルト海は琥珀の産地です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

虫を含んだ琥珀は価値が高いそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

「ジュラシック・パーク」は、
琥珀に閉じ込められた蚊が吸った
恐竜の血液からDNAを取り出して、
それから恐竜を再生させる話でした。

皇后様もお見えになったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

旧市街を散策。

クリックすると元のサイズで表示します

石畳の町は何とも言えず風情があります。

クリックすると元のサイズで表示します

道路には、絵を売る人や

クリックすると元のサイズで表示します

様々なお店が。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここはロシア人のお店。

クリックすると元のサイズで表示します

マトリョーシカ人形です。

クリックすると元のサイズで表示します

昼食は、豊富な野菜のサラダと

クリックすると元のサイズで表示します

コルドゥーナイという、
リトアニア風水餃子。

クリックすると元のサイズで表示します

午後はトラカイ城へ向かいますが、
今日は、ここまで。





AutoPage最新お知らせ