アイスランドの旅4・ゴールデンサークル  旅行関係

アイスランド5日目は、
前日の晴天の反動のような悪天候

クリックすると元のサイズで表示します

途中見た二つの滝も雨の中。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、圧巻だったのは、
グトルフォスの滝

クリックすると元のサイズで表示します

「黄金の滝」を意味するこの滝は2段重ね。

クリックすると元のサイズで表示します

川幅は70メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

上ら下までの落差は32メートル。

クリックすると元のサイズで表示します

ラングヨークトル氷河から溶けた水が

クリックすると元のサイズで表示します

轟音と共に落ちて行く様子は壮観。

クリックすると元のサイズで表示します

見る角度によって様々な顔を見せます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1907年、ここにイギリスの会社が
水力発電所を造る計画が持ち上がり、
美しい景色が損なわれることになるかもしれないことになりました。
この計画に反対して立ち上がった
近くの農夫の娘が、
「もし滝が外国資本に売られるなら、
私は滝に身を投げます」
と訴えました。
結局、発電所計画は頓挫し、
その後、滝は自然保護区の指定を受けました。
↓は、滝を守った少女のプレート。

クリックすると元のサイズで表示します

少女には見えません。

↓は、ゲイシールの間欠泉

クリックすると元のサイズで表示します

英語で間欠泉を意味するガイザーの語源は、
このゲイシールから来ています。
ゲイシールは「噴き出す」という意味。

クリックすると元のサイズで表示します

最大時70メートルも噴き上げたという間欠泉も、
地殻変動で活動を停止。
今、一番大きいのは、
↓のストロックルの間欠泉

クリックすると元のサイズで表示します

ゲイシールの70メートルには及ばないものの、
約20メートル噴き上げます。
間隔も5〜10分に1回ほど。
大きいのや小さいのや様々。

クリックすると元のサイズで表示します

近すぎると、
こんな状態で何がなにやら分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

適当な距離を取ったのに、
残念、傘が入ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターチャンスを狙って、
下半身ずぶ濡れになりながら撮った
執念の1枚が、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは、ゴールデンサークルと呼ばれ、
レイキャビクから日帰りで観ることが出来る、
観光スポット。
しかし、何よりのハイライトは、
「ギャウ」と呼ばれる、
「地球の割れ目」。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドは、
大西洋中央海嶺が地表に露出している珍しい地形です。

クリックすると元のサイズで表示します

ギャウは、
北アメリカプレートとユーラシアプレートが
生まれ、東西に分岐している場所。

クリックすると元のサイズで表示します

プレートの分離は、
通常海底で行われていますが、
ここ、アイスランドでは地表に現れており、
こうして見ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

二つのプレートは今も左右に広がっており、
アイスランドは毎年2センチほど
東西にその幅を広げています。

クリックすると元のサイズで表示します

東西に広がったプレートは、
日本で再び出会います。
北海道と東北地方は北アメリカプレート上にあり、
伊豆以西の西日本はユーラシアプレート上にあります。
北アメリカプレートとユーラシアプレートの接点は、
関東を縦断して日本海に延びています。
アイスランドで生まれ二つに別れた
二つのプレートが日本で出会い、
その国から、
こうして旅行者が
プレートの始まりを見にやって来る。
不思議です。

↓遠くに見える山のようなものは、

クリックすると元のサイズで表示します

北アメリカプレートの東端。

クリックすると元のサイズで表示します

このような約40メートルある岩の壁が延々と続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、ここは歴史的な場所で、

クリックすると元のサイズで表示します

この壁の前で、
930年に
世界初の民主議会が開かれたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

プレートには、↓のような絵が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜここで会議が開かれたかというと、
高い崖の底で会議をすれば、
固い岩に音が反響し、
遠くまでその音が届いたからだと言われています。
世界最初の民主議会が、
ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸の分岐点で生まれた
というのも不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します

現在、北アメリカプレートとユーラシアプレートの始まりの間隔は
約7qあり、
両方を同時に見ることは出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら天気が悪くて、
鮮明な写真が撮れなかったのが心残り。
今回の旅行で初めて、
ダイソーで買った100円の雨ガッパを着、
胸に手を突っ込んでカメラを守りながらの撮影でした。
寒さのためにカメラに異変が起こり、
スイッチを切っても、
レンズが元に戻らなくなりました。

ギャウのある場所は、
シンクヴェトリル国立公園として、世界遺産に登録。
アイスランドにはもう一つの世界遺産、
海底噴火によって出来た島、スルスエイ島があります。

ゴールデンサークル観光を終えた一行は、
レイキャビクのホテルへ。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがヒルトン。設備は良く、
久しぶりにバスタブに浸かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

食事もレストランへ。

クリックすると元のサイズで表示します

創作料理の店で、

クリックすると元のサイズで表示します

何やら見たことのない料理を食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します






AutoPage最新お知らせ