新聞記事から  政治関係

このところ数日間の
新聞の注目記事を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します

明治大学特任教授の山内昌之さんは、
老川祥一氏の近著「政治家の胸中」の中に出て来る、
政治家の力量を量る判断規準として、
次の3点を紹介している。
@頭のよさ
A勘のよさ
B度胸のよさ

三拍子揃った政治家はなかなかいない、と。

確かに、今の政治家は右顧左眄し、
「党内融和」だのの内向きの価値判断ばかりで、
頭のよさを感じさせてくれる人はいない。
民主党の三代の首相など、
頭の悪さは目を覆うばかりだ。

鳩山総理の「最低でも県外」など、
勘の悪さの極みだし、
東日本大震災と福島第一原発問題での
菅総理の度胸のなさは、
その後の問題を長引かせた。

谷垣自民党前総裁の頭の悪さも相当なもので、
「近いうち民意を問う」
という言葉に騙されて、
消費税増税法案に賛成してしまうなど、
人の良さもほどほどにしてほしい。

老川氏は、
この判断規準に照らして、
おそらく岸信介氏一人だけが合格だろうと採点しているが、
60年安保の時、
国会をデモ隊が取り巻く中で、
日米安保を通したことの正しさは、
その後の歴史が証明している。

この数年、いや数十年の間の
政治家の劣化ははなはだしいが、
頭も勘もよく、度胸のある政治リーダーの登場が期待されている。


クリックすると元のサイズで表示します

千野境子さんのコラムでは、
尖閣諸島問題に触れ、
今すぐ取り組むべきこととして、
次の3つをあげている。

@日本発の国際的メディアもしくは準ずる手段の構築
A国際社会を魅了するスポークスパーソンの登用と派遣
B尖閣や竹島、北方四島の客観的で信頼できる、かつ外国人も読みたくなるような英文資料作り


中国はアメリカのメディアを利用して宣伝しているが、
それに対する日本の宣伝力はあまりに弱い。
このままでは、
中国の言うことを鵜呑みして、
「日本が中国領を盗んだ」
と本気で思ってしまう外国人も出て来るだろう。

歴史的にも国際法上にも、
日本の固有の領土であることは明白だ。
あとは、それを正しく伝える伝達力にかかっている。

中国に対抗して、
日本政府がなぜアメリカのメディアで発信しないのか
理解に苦しむ。
それとも、それだけの能力がないのだろうか。


クリックすると元のサイズで表示します

賢人・曽野綾子さんは、
ご自身のコラムで、
中国人との付き合い方について書いてみられる。

特に、中国に進出した日本企業が
その技術を盗まれ、
不動産や機械も取り上げられることを危惧しておられる。

そして、このように書く。

「少なくとも個人の生活では、
詐欺を働いて
偽物を売るような知人とは、
経済的な関係において
付き合うのを避けるのが普通だろう。
この人間関係の基本的な常識を無視して、
金儲けの意識が優先したところに、
今回の日本企業のつまずきがあるように見える」


そして、
今年1月から8月までの
対中国の直接投資額が
EUが前年同期比で4.1%減少、
アメリカも2.9%減少したのに対し、
日本だけが16.2%増
という数字を示し、
こう結んでいる。

「ヨーロッパ人もアメリカ人も、
口ではおきれいごとを言うが、
決して人を甘く見ない。
日本人も少し見習うべきだろう」




アイスランドの旅7・ブルーラグーン  旅行関係

アイスランド7日目は、
レイキャビク市内観光
といっても、
昨日の自由行動で行ったところばかり。

ハトルグリムス教会

国会議事堂周辺を散策

ホフジ・ハウス

ペルトラン

と、もう少し本気を出せよ、
というような内容でした。

というわけで、
最後はペルトランのドームの最上階の

クリックすると元のサイズで表示します

レストランで昼食。

クリックすると元のサイズで表示します

このレストランは、
2時間かけて一周します。

クリックすると元のサイズで表示します

昔の交通会館やホテル・オータニを思い出しますね。
食事の内容は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

鶏肉は七面鳥かと思うほど大きい。
しかし、美味でした。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、最後に向かったのは、

クリックすると元のサイズで表示します

ブルーラグーン

クリックすると元のサイズで表示します

こんな通路を歩いていって、

クリックすると元のサイズで表示します

世界最大級の露天風呂に至ります。
第2日目に行ったネイチャーバスより規模が大きい。

クリックすると元のサイズで表示します

近くに地熱発電所があり、

クリックすると元のサイズで表示します

そこで出た温水を再利用。
温泉施設としてスタートしたのが1987年。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、足場の悪かったプールの整備が進み、
砂を運び、こうした施設が出来ました。
体を洗ってから水着を着用しての混浴です。

クリックすると元のサイズで表示します

平均温度は37度と、
日本人の感覚からすると、ぬるい。
しかも塩分を含んで、塩っぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、ゆっくり長時間つかっているには、丁度いいかも。

クリックすると元のサイズで表示します

泥が肌に良いとされ、
みんな顔に塗りたくっています。
サウナなども完備しています。

クリックすると元のサイズで表示します

冬には、オーロラを眺めながら温泉に浸かることも出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

ぽかぽか温まった体でホテルに帰り、
最後の晩餐。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ明日は、
アイスランドを発って、
「おまけ」のロンドンです。


アイスランドの旅6・レイキャビク・その2  旅行関係

レイキャビクの町の中心街には、
様々な博物館があります。
それらを回ってみました。

カルチャーハウス

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドの文化についての展示があります。

クリックすると元のサイズで表示します

バイキング時代に関わるものが多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

当時の書物や

クリックすると元のサイズで表示します

住居の様子など。

クリックすると元のサイズで表示します

ギャオでの民主議会の様子の絵画もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

現代絵画やオブジェの展示もあり、

クリックすると元のサイズで表示します

ミニコンサートも開催されるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、ガムラ・ビオ・オペラハウス

クリックすると元のサイズで表示します

中には入れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

国立美術館

クリックすると元のサイズで表示します

現代絵画というか、オブジェの展示が主。
ちょっとがっかり。

クリックすると元のサイズで表示します

滝の写真がパネルで収蔵されていて、
パネルを引き出すと、その滝の音が流れるという展示物。
どの滝の音も同じに聞こえます。

クリックすると元のサイズで表示します

滝の水がシュレッダーにかけられるという、オブジェ。

クリックすると元のサイズで表示します

そっと写真を撮っていたら、
下から上がって来た係の人に、「写真は禁止です」と言われました。
監視カメラで見ていたらしい。

↓は、国立博物館

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、撮影OKです。

クリックすると元のサイズで表示します

展示物はかなり充実しており、

クリックすると元のサイズで表示します

年代順に3000点の文物が展示してあり、

クリックすると元のサイズで表示します

見応えがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

近所の住宅街の家。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛らしい家が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

生活レベルは高そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドでは、医療は無料
全国で7つの大学があり、
レイキャビクには、そのうち3つがあります。
6歳から16歳までが義務教育で、
その後、高校に当るカレッジ、
そして大学となります。
大学卒業後、40年のローンを組んで家を買うのだそうです。

↓チョルトニン湖から見たハットルグリムス教会。
高いので、町のどこからも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

紅茶は「TE」、コーヒーは「KAFFI」と表記。

クリックすると元のサイズで表示します

アイスランドでは、
9世紀に使われていたノルド語
1千年を越えた今も昔のまま使われている珍しい国です。
いわば、「言語の化石」。
耳にしたところでは、
ドイツ語と北欧の言葉に似ています。

アイスランド語には、
この国でしか使われていない文字があり、
アルファベットは36文字あります。
英語にないアルファベットは10文字。
文字のルーツは、
スカンジナビアで古くから使われていたルーン文字だと言われています。

外国語教育にも熱心で、
たいてい英語ともう1カ国語が話せます。
高校までに最低でも3カ国語をマスターすることが義務づけられています。
資源のない小さな国なので、
貿易で国を立てなければならない必然です。

↓町にあったオブジェ。それとも本物の井戸だった?

クリックすると元のサイズで表示します

フリーマーケットの壁画。

クリックすると元のサイズで表示します

レイキャビクは小さな町なので、
午後2時には、
行くところがなくなりました。
仕方なく、翌日の観光でも行く↓ペルトランへ。

クリックすると元のサイズで表示します

レイキャビク市内にお湯を供給するためのタンク。
ガラスのドームがかぶせられ、
展望レストランも入った総合施設になりました。
ペルトランとは、「真珠」の意。

↓玄関先のオブジェ。

クリックすると元のサイズで表示します

館内は4層で、噴水もあります。

クリックすると元のサイズで表示します

展望デッキからは、

クリックすると元のサイズで表示します

レイキャビクの町の全体像を見ることが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

わざわざここまで来たのは、

クリックすると元のサイズで表示します

サガ博物館があるからで、

クリックすると元のサイズで表示します

サガにまつわる蝋人形が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

サガ(saga)は、
古アイスランド語のsegja
(「言う」を意味する動詞で、英語のsay, ドイツ語のsagenに相当する)
から派生した言葉で、
「語られたもの、語り物、物語」を意味し、
おもに中世アイスランドで成立した
古ノルド語(古アイスランド語)による散文作品群の総称。
同時代に書かれたエッダ詩が
ゲルマン民族の神話や英雄伝説を題材にしているのに対し、
サガはノルウェーやアイスランドで起きた出来事を
題材にしたものが多いことに特徴があり、
約200点が現代に伝わっています。

クリックすると元のサイズで表示します

「エッダ」と並び、
ヨーロッパ中世文学の宝庫と讃えられ、
スカンジナヴアだけでなく、
ヨーロッパ文学の原点になったと言われています。

クリックすると元のサイズで表示します

エッダは歴史上の英雄を讃える詩、
格言、叙情詩などが集められもの、
サガは歴史伝承小説。

クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどのサガは著者不明で、
執筆期間はアイスランドで独自の民主制が置かれていた、
いわゆるアイスランド共和国時代の後期である12世紀から13世紀とされています。

サガが扱う内容は、
歴代のノルウェー王の伝記、
アイスランドの植民とキリスト教化の歴史、
島民の諍いと裁判、
古代ゲルマン民族の伝説など多岐にわたり、
主題をもとに
「王のサガ」、「司教のサガ」、
「アイスランド人のサガ」、「古代のサガ」
の4つに分類されます。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、サガに対する知識がないので、
蝋人形を見ても、何のことか分かりませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ペルトランからホテルまでは、
地図を見ながら徒歩で。

途中にあった市立劇場

クリックすると元のサイズで表示します

子供向けの海賊ミュージカルを上演中。
来年2月には、「メリー・ポピンズ」を上演するようです。

↓は、アイスランド最大のモール、
クリングラン・ショッピングモール
アメリカ式のモールです。

クリックすると元のサイズで表示します

包装は各自で。

クリックすると元のサイズで表示します

お菓子は量り売り。

クリックすると元のサイズで表示します

途中見た、団地。

クリックすると元のサイズで表示します

小さい国ですが、
インフラの整備は着々と進んでいるようです。

最後にアイスランドは、ヨーロッパには珍しく、
名前に「姓」がありません
イスラム圏と同様、
誰々の息子の誰々というのが名前です。
例えば、オゥンヌンドル・オーフェイグソンというのは、
オーフェイグールの息子のオゥンヌンドルの意味。
呼び名の最後に付く「ソン」(英語のson=息子と同じ)、誰々の息子の意味。
娘になると、「ドッティル」(英語のdaughter=娘と同じ)が付き、
1980年に就任した
世界初の女性大統領として有名な方は、
ヴィグディス・フィンボガドッティルといいますが、
フィンボガの娘のヴィグディスの意味。

日本なら、「義雄の息子の太一」
「健太郎の娘の佐知子」ですが、
アイスランドでは、
父親の名前がはっきりしていることから、
1千年前の先祖まで
名前だけで祖先をたどることが出来るといいます。



アイスランドの旅5・レイキャビク.・その1  旅行関係

アイスランド第6日目は、
グリーンランドへのオプショナルツァーへ行く13人とは別に
残ったメンバーは、
レイキャビクでの1日自由行動です。

レイキャビクという町の名前を知ったのは、
中学生の時、公開された映画「地底探検」でした。

クリックすると元のサイズで表示します

ジュール・ベルヌの小説を映画化した
1959年のアメリカ映画。

ジェームス・メースン演ずるリンデンブロック教授は、
パット・ブーン演ずる学生アレックから
贈られた溶岩の塊の中に、
行方不明になったスウェーデンの探検家アルネ・サクヌッセムが残した
「地球の中心」への行程を記したメッセージを発見。
サクヌッセムの記した行程に従って
アイスランドの休火山の噴火口から地底に降りて行く。
一行は巨大キノコの森や、
地底に広がる大海を越え、
ついに「地球の中心」を通過。
最後にたどりついたのは、
伝説の島アトランティスの都の廃墟であった。
そして、溶岩に乗って、
イタリアの噴火口から帰還する。

手作り感たっぷりのSF映画で、
当時評判になり、
受賞は逃したものの、
アカデミー賞の美術賞・特殊効果賞・音響賞の3部門にノミネートされました。

東京ディズニー・シーの
「センター・オブ・ジ・アース」
この作品がモチーフとなっています。
また、2008年にはリメイクされました。

記録によれば、1960年5月1日、
築地の東劇で姉二人と一緒に観ています。
当時の学生料金は100円。
東劇の前の運河(今は高速道路)があった時代のことです。

そして、高校2年の時の
英語のサブ読本が「地底探検」。

その時からいつかアイスランドに行ってみたい、
という願望を抱いていましたが、
半世紀を経て、ようやく実現したわけです。

レイキャビクは「煙がたなびく入り江」の意味。
きっと昔は、もっと火山性の蒸気がたなびいていたに違いありません。

ホテルからは徒歩で中心街へ。
現在の気温が表示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

信号は青→黄→赤は日本と同じですが、
赤から青に変わる時は、一旦黄色も着きます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

歩道は自転車通路と兼ねており、

クリックすると元のサイズで表示します

歩行者が優先。

クリックすると元のサイズで表示します

虹が出ました。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、ホフジ・ハウスへ。

クリックすると元のサイズで表示します

迎賓館で、
1986年10月に
レーガンとゴルバチョフが会談を行った歴史的な場所。

クリックすると元のサイズで表示します

元々はフランス領事館として建てられた建物でしたが、
幽霊が出るということで、レイキャビィク市に売り渡されました。
↓中のシャンデリアが見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

町の通りにある建物。

クリックすると元のサイズで表示します

マッチ箱のように可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

ハットルグリムス教会
名前は有名な牧師であり詩人である人から。

クリックすると元のサイズで表示します

柱状節理を思わせるデザインで、
ロケットのようにも見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

教会の前にある像は、
コロンブスより前にアメリカ大陸に到達した
レイブル・エイリケソンの像。
アメリカ合衆国がこのことを認めて、
1930年に贈呈したものです。

クリックすると元のサイズで表示します

1945年から86年まで40年かけて建てられました。
アイスランドで2番目に大きい教会で、
タワーの高さは74m。
ルーテル派の教会で、
牧師は女性です。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、シンプルです。

クリックすると元のサイズで表示します

巨大なパイプオルガンがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タワーに上がってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

更に上の70mの展望台へ。

クリックすると元のサイズで表示します

こうしてレイキャビクの町を眺めます。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛い町並みが眼下に広がります。

クリックすると元のサイズで表示します

高いビルはほとんど見られず、

クリックすると元のサイズで表示します

建物の高さはほぼ揃っています。

クリックすると元のサイズで表示します

なにしろアイスランドは、
北海道と四国を合わせたほどの国土に
人口はわずか32万人
32万人で経済が成り立つのかと心配しますが、
インフラは整備されているようです。
レイキャビクの人口は12万人
浦安市(16万人)にり少ない。
周辺の首都圏を合わせると、
国民の8割がレイキャビクの周辺に住んでいます。
北緯64度08分、世界最北の地点にある首都
首都に定められたのは1786年。
その時の人口は200人しかいなかったそうです。

ここが一番の繁華街、ロイガヴェーグル通り

クリックすると元のサイズで表示します

面白そうな店が沢山あります。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

お寿司屋さんも。ネタが新鮮そう。

クリックすると元のサイズで表示します

自転車で回る人たちもいます。

クリックすると元のサイズで表示します

私もそうしたかったですが、
どこて借りるのか分かりませんでした。

コンサートホール

クリックすると元のサイズで表示します

独特なデザインです。

クリックすると元のサイズで表示します

6角形のガラスの筒のようなものを組み合わせています。

クリックすると元のサイズで表示します

中から港が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

造型的な美にあふれた建造物です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

港には、大きな船が止まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、フリーマーケット

クリックすると元のサイズで表示します

覗いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の人のために日用品を売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

日本で言うフリーマーケットと違い、

クリックすると元のサイズで表示します

固定的な商店の集まりのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

食料品も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

この行列は・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「宇宙一おいしいホットドッグ」と評判のお店。

クリックすると元のサイズで表示します

お兄さんが流れるようにホットドッグを作っています。

クリックすると元のサイズで表示します

計ってみたら、
6秒に1個作っています。
そうしながら、
飲み物も出し、
カードの決済をします。

クリックすると元のサイズで表示します

6秒に1個ということは、
1分に10個、
1時間に600個。
朝10時から夕方6時まで売るとして、
4800個。
1つ320クローネ(210円)で、
1日100万円の売り上げ、
と税務署の代わりに計算してしまいました。

創業以来の年表が掲示され、

クリックすると元のサイズで表示します

クリントンが来た時の写真も。

クリックすると元のサイズで表示します

↓ここは、国会議事堂

クリックすると元のサイズで表示します

裏側から見たところ。こじんまりした国会です。

クリックすると元のサイズで表示します

大統領官邸

クリックすると元のサイズで表示します

町の中央にはチョルトニン湖があります。

クリックすると元のサイズで表示します

湖の北端にある市庁舎↓。

クリックすると元のサイズで表示します

湖にあったオブジェ。

クリックすると元のサイズで表示します

鳥たちが集まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

湖の回りにある美術館などについては、
今度。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


子夏1周年と『最強のふたり』  

忘れていましたが、
昨日は、
子夏が家に来て1周年の日

あの時は、↓こんなに小さかったのに、

クリックすると元のサイズで表示します

今は↓こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

先住猫・子春との対比も、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんなになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓惰眠をむさぼっています。

クリックすると元のサイズで表示します


今日は、都内某所に出かけ、
親戚筋の家で、
こんな昼食をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしかった。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「最強のふたり」は、
東京国際映画祭でグランプリを取ったフランス映画。

フランス映画の話法はやや苦手だが、
これは面白い

パリに住む大富豪が介護者を募集する。
富豪は事故で首から下がマヒしており、
住み込みでの24時間介護。
沢山の応募者の中から
富豪が選んだのは、
スラム育ちで、家庭に問題を抱え、
失業手当ての就活実績のために不採用にしてほしいと求める
黒人青年だった。

というわけで、
このインテリ実業家・フィリップと、
粗野で下品な若者・ドリスとの心の交流が描かれる。

親戚・友人は、
若者が前科者であることで、やめろと言う。
しかし、実業家は
「彼だけが私を対等に扱うんだ」
と中傷をしりぞける。

若者は、実業家の身障者であることまで笑い飛ばす。
他の介護者が「同情」していたのに対して、
「思いやり」で対応する。

実業家が文通だけで交流している女性には、
強引に電話をかけさせる。
フィリップの誕生パーティーでは、
お高く止まったクラシックの演奏に対して、
ポップスをかけてダンスで祝う。
髭を生やしたフィリップの髭を剃り、
たっぷりと遊んでしまう二人。

こうして、何もかも正反対のふたりは
お互いの存在を認め、理解しあう。
両人とも、偽善を憎み本音で生きる姿勢が同じだったからだ。
いわば、二つの異なる世界が理解うあうまでの過程にも見える。

こうした話を感情多過ではなく、
涙をさそうわけでもなく、
軽妙に描く監督(オリヴィエ・ナカシュエリック・トレダノのふたり=最強のふたり)のセンスが良く、
終始明るく、笑いに包まれる。

ドリスを演ずるオマール・シーの演技が軽妙。
フィリップを演ずるフランソワ・クリュゼは、
首から上だけの演技で絶妙。
軽妙な演技と絶妙な演技が
心地よい世界を作り上げる。

実話で、
ラストで本人たちの写真が出るが、
ドリスは黒人ではなかった。

笑って笑って、心が温まり、
劇場を出た後、
胸をつまされる、
これぞ、映画を観る醍醐味

5段階評価の「5」


最近、映画を観ても感動せず、
感性がにぶってしまったかと心配していたが、
感動できて、ほっとした。






AutoPage最新お知らせ