歌舞伎鑑賞  演劇関係

今日は久しぶりに「上京」しました。

↓今日の歌舞伎座

クリックすると元のサイズで表示します

正面の旧歌舞伎座の表を模した飾りも出来つつあります。
↓は、別な角度からビルの全容。早いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

今日観たのは、↓の

クリックすると元のサイズで表示します

昼の部。
「菅原伝授手習鑑」(すがわらでんじゅてならいかがみ)から
「寺子屋」一幕

寺子屋の師匠・武部源蔵は、
菅原道真の嫡子菅秀才の首を差し出すように迫られている。
寺子の一人の首を差し出す計略を図ったが、
どれも山出しの顔でふさわしくない。
そこへ新たに寺子に入って来た小太郎が
品の良さから適切と判断し、
その首を討って差し出す。
首検分にやって来た松王丸は、
その首が菅秀才のものであると認める。
しかし、小太郎は実は松王丸の子であり、
菅原道真の恩に報いるために
女房の千代と申し合わせ、
わが子が身代わりになるように仕向けたのだった・・・

という、恩に報いるためにわが子を犠牲にし、
自分の子供の首と知りながら、嘘を付く、
松王丸の姿に
目頭を熱くする、という日本人好みのお話。

市川染五郎が松王丸をするはずが、
先日の舞台上の事故で出演できなくなったため、
叔父さんの吉右衛門が代わりをつとめ、
吉右衛門が演ずるはずだった武部源蔵を
梅玉が代わりにつとめる、
ということになりました。

首検分が終わって、
一度引っ込んだ松王丸が現れて、
真相が明らかになり、
小太郎が喜んで微笑みながら首を差し出した、
というくだりで胸が熱くなりました。


もう一つが「天衣紛上野初花」(くもにまごう うえののはつはな)から
「河内山」二幕

上州屋の娘が松江出雲守に腰元奉公し、
出雲守に見初められ、
断ったために幽閉されていると聞き、
奸計に長けた河内山宗俊が
金目当てで娘の奪還を請け負う。
お数寄屋坊主で坊主頭をいいことに
上野寛永寺の使僧と身分を偽って
出雲守の屋敷に乗り込み、
まんまと金を得た河内山が意気揚々と屋敷を出ようとした時、
北村大膳によって正体を見破られてしまう。
ここからが面白く、
開き直って見事な啖呵を切る。
悪党がもっと上の権力に立ち向かう姿を描いた作品。

松王丸、武部源蔵、河内山宗俊は全て
初代吉右衛門の当たり役
それを当代(二代目)の吉右衛門が演ずる。
吉右衛門丈は、
昨年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
歌舞伎界に5人いる人間国宝役者の一人が
出演する贅沢な舞台を堪能しました。


一緒に観劇した親戚筋とお茶した後、
夕方から「異業種交流」。
と言っても、こちらは今はどの業種にも関係していませんが。

行ったところは、
演舞場の側の築地の料亭「千秋」のはなれ。

クリックすると元のサイズで表示します

映画になった魚河岸三代目のモデルになった店です。
個室はみんな掘ごたつ形式。

クリックすると元のサイズで表示します

まず突き出し。

クリックすると元のサイズで表示します

刺身の盛り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿島産の岩がき。大きい! レモンだけでいただきます。

クリックすると元のサイズで表示します

さんまの山椒焼き。今年はさんまが高いそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します

くじらタレ漬け炙り。

クリックすると元のサイズで表示します

ジャコ山椒御飯。

クリックすると元のサイズで表示します

珍しくビールも飲んで、楽しい語らいの時間でした。


↓は、東劇でゲットした、
METライブビューイング、11月からのスケジュール

クリックすると元のサイズで表示します

◆第1作: ドニゼッティ《愛の妙薬》(新演出)
上映期間 11月3日(土)〜11月9日(金)

◆第2作: ヴェルディ《オテロ》
上映期間:11月17日(土)〜11月23日(金)

◆第3作:トーマス・アデス《テンペスト》(新演出/MET初演)
上映期間:12月8日(土)〜12月14日(金)

◆第4作: モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
上映期間:1月5日(土)〜1月11日(金)

◆第5作: ヴェルディ《仮面舞踏会》(新演出)
上映期間:1月12日(土)〜1月18日(金)

◆第6作: ヴェルディ《アイーダ》
上映期間:1月19日(土)〜1月25日(金)

◆第7作: ベルリオーズ《トロイアの人々》
上映期間:1月26日(土)〜2月1日(金)

◆第8作: ドニゼッティ《マリア・ストゥアルダ》(新演出/MET初演)
上映期間:2月9日(土)〜2月15日(金)

◆第9作: ヴェルディ《リゴレット》(新演出)
上映期間:3月9日(土)〜3月15日(金)

◆第10作: ワーグナー《パルシファル》(新演出)
上映期間:4月6日(土)〜4月12日(金)

◆第11作: ザンドナーイ《フランチェスカ・ダ・リミニ》
上映期間:4月13日(土)〜4月19日(金)

◆第12作:ヘンデル《ジュリアス・シーザー》(新演出)
上映期間:5月18日(土)〜5月24日(金)


という12本。
新演出が7本もあります。
入場料は3500円。
ただし、「トロイアの人々」と「パルシファル」は5000円。
3枚セット券9000円を買えば、1本3000円ですが、
「トロイアの人々」と「パルシファル」には使えません。


その前に、現在、アンコール上映中

クリックすると元のサイズで表示します

上映スケジュールは↓。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは1本3000円。
4枚セット10000円で、
1本2500円で観ることが出来ます。






AutoPage最新お知らせ