『エビータ』と『チャップリン』  旅行関係

午前中、レンタサイクルを借りて
セントラルパークへ。
土日は車両は通行止めで、
自転車とジョギングする人に解放されているので
安心して走ることが出来ます。
パークの中に出来ている
サイクリングロードを
一周してパークの北端も制覇しました。
良い汗をかきました。

土曜日はマチネーがあるので
今日はミュージカルは2本立てです。

まず「エビータ」。
何度も観ていますが、
トニー賞受賞式でのパフォーマンスが、
これは、と思わせるものがありましたので。
期待を裏切らない演出で、
装置も象徴に逃げずに立派。
場面転換も群舞を上手に使います。
ブロードウェイで30年ぶりだそうで、
終わりのあたりは、
音楽にも改変があったようで、
エビータの死では、
初めて泣きそうになりました。
トニー賞のミュージカルリバイバル賞は、
「ポーギーとベス」ではなく、
こちらではなかったか、
と文句をつけたいくらいです。

もう1本は、
新作でプレビュー中の「チャップリン」。
少年時代から始め、
ハリウッドに招かれ、
あの山高帽にだぶだぶズボンに
至る瞬間も描かれます。
「キッド」や「独裁者」の撮影風景も出て来ます。
後半は赤狩にあって、
アメリカを追われるまでも
しっかり描きます。
最後、アカデミー賞の受賞式に呼ばれて、
名誉回復するシーンでは、
胸が熱くなりました。
主演のロブ・マクルア、
よくチャップリンをやりこなしていました。

2本続けて感動作を観て、
良い土曜日でした。




AutoPage最新お知らせ