モロッコの旅・その9・フナ広場  旅行関係

今回、↓「耳太郎」というものを持たされました。

クリックすると元のサイズで表示します

小型レシーバーで、
ガイドさんの説明を聞くことが出来ます。
なにしろ大人数で列を作りますから、
ガイドさんが遠くなる。
しかし、これなら、ガイドさんの説明を聴けて、
ガイドさんも声を張り上げずに住むわけです。

しかし、ものすごく音質が悪く、
その上、片耳なので、聴きにくい。
人間の耳は片方だけで聴くようには出来ていないのです。

そこで、私は、持参していたiPod用のイヤホンを付けてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

音質ががらりと変わり、
両耳なので聴きやすい。
これから旅行する方は、
是非、マイ・イヤホンをお持ち下さい。


で、夕方からフナ広場へ。
正式名称はジャマ・エル・フナ広場といいます。
日本人には、鮒広場で覚えやすい。

クリックすると元のサイズで表示します

このデジカメでは、とても広さ感をお伝え出来ませんが、
とにかく広い。

↓このような喫茶店があるので、

クリックすると元のサイズで表示します

上に上がると、よく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

もともとここは、

クリックすると元のサイズで表示します

公開処刑場だったところです。

クリックすると元のサイズで表示します

この衛星アンテナをご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

きっと、あの下はとんでもないことになっているのだろう、と思い、

クリックすると元のサイズで表示します

行ってみたら、やはりとんでもないことに。

クリックすると元のサイズで表示します

すさまじい数の店が

クリックすると元のサイズで表示します

迷路を作っています。

クリックすると元のサイズで表示します

観光客相手というよりは、

クリックすると元のサイズで表示します

地元の人相手。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人とみると、
「コンニチハ」と声をかけて来ます。
「ビンボー価格」などという言葉も聞こえます。
エジプトなどで一時流行った
「バザールでござーる」
とは言われませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この感覚は理解不能。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな沢山ジューススタンドがあって、売れるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

夕刻になったので、屋台を組み立て中。

クリックすると元のサイズで表示します

福岡から来た人から聞いたのですが、
中洲の屋台は分業制で、
飲食店の人が建てるのではなく、
専門業者が建てて、
お店の人は食材を持って来るだけ。
終わるとそのまま帰ってしまい、
業者の方が来て、
片づけるのだそうです。
なるほど。

ここがどういう仕組みか分かりませんが、
端から組織的に屋台が出来ているところをみると、
分業制かもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

屋台には、ちゃんと番号が付いています。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、もしかして、UFOキャッチャーの元祖?

クリックすると元のサイズで表示します

人だかりは、大道芸人。

クリックすると元のサイズで表示します

撮影すると、チップを要求されます。

クリックすると元のサイズで表示します

モロッコの人は、夕方涼しくなると、
町に出る習慣があるそうで、
明かりが入ると、
ますます人が増えて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

この喧騒は夜中の1時頃まで続くそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

フナ広場は圧倒されました。
その持っている雰囲気、
民衆が生きている証のような
固まったエネルギーの高揚。
「世界無形遺産」の第1号となったのは納得します。
無形というのは、
建物などハードではなく、
広場の持っている文化的空間が評価されたということで、
2009年9月、
「人類の無形文化遺産」として、登録されたものです。
つまり、その空間に行って浸ってみなければ、
その価値が分からない、という性質のものなのです。

ここは、来るべきです。

クリックすると元のサイズで表示します

こうして、モロッコ最後の夜は過ぎていきました。

クリックすると元のサイズで表示します






AutoPage最新お知らせ