スカイツリーに登りました  耳より情報

ベランダのトラッペットの花が、いっぺんに5つ咲きました。

クリックすると元のサイズで表示します

ずっと数えていたカミさんによると、
これで15咲いたそうです。

しばらくぶりにキュウリもなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

明日食べられる運命です。


今日は「上京」し、浅草に。

クリックすると元のサイズで表示します

↓この駅を下りた途端に、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな店があって、びっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

なんで豹がら?

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、カミさんと一緒に
東京スカイツリーに登るのです。

クリックすると元のサイズで表示します

一時世界一の高さだったタイペイ101(509メートル)にも、

クリックすると元のサイズで表示します

世界一のドバイのバージュ・ハルファ(828メートル)にも

クリックすると元のサイズで表示します

登りましたので、
東京スカイツリーにも登らざるを得ないのです。

最近、晴男になったらしく、
ずっと雨の予報だった麗水(ヨス)の万博は、
私がいる間は雨は降らず、
空港に着いた途端に大雨に。
雨天だったソウルも
私の到着に合わせたかのように小降りになり、
雨の予報だった翌日は、
暑いほどの晴天に。

そして、今日。
予報は曇り後雨だったのに、
すっかり晴れてしまいました。

スカイツリーの入り口は、4階にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

7月10日までの入場者は、抽選。
(後に辞退者が出たため、ネットで申し込み受付を追加)
今日からは、WEBで予約をした人だけなのかと思ったら、
当日券も発売。

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか、だまされたみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず2時の予約をしてありますので、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな列に並びます。

クリックすると元のサイズで表示します

後から入って来たのは、当日券の方々。

クリックすると元のサイズで表示します

WEB予約の方は、こちらの機械へ。
(対面でも対応します)

クリックすると元のサイズで表示します

予約に使ったクレジットカードを入れると、

クリックすると元のサイズで表示します

こんな風にチケットが出て来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

大人2500円。

クリックすると元のサイズで表示します

当日券は大人2000円。

クリックすると元のサイズで表示します

先にお金を払った前売券の方が高いというのは、
なんだか納得がいきません。

平日なら、
当日券の時間指定を受けて
(自動的に配るので、時間の要望は出来ません)
2時間位お店を見て時間をつぶし、
時間が来たら列に並べば、
1人500円の節約になります。

荷物検査を受けて、チケットを受け付けて、

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターに。
エレベーターは、春・夏・秋・冬の4台があって、
中の装飾が違います。

クリックすると元のサイズで表示します

私たちが乗ったのは、「夏」。
隅田川花火を江戸切子で表現。
一番人気だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

東芝製のエレベーターは350メートルの空中まで50秒。
耳が痛くなるヒマもありません。

クリックすると元のサイズで表示します

意外と広いですね。
既に、東京タワーより上にいます。

クリックすると元のサイズで表示します

眼下に広がる東京の町。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、壮観。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに江戸風の装飾も。

クリックすると元のサイズで表示します

桜橋も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

説明は↓映像ディスプレイで。

クリックすると元のサイズで表示します

↓その実際の景色。

クリックすると元のサイズで表示します

浦安方面のディスプレイ。

クリックすると元のサイズで表示します

「家から見えるんだから、こちらからも見えるはずだ」
という暴論で、
じっと目をこらしますが、
分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

持参の双眼鏡で見ると、
ディズニーランドまでは分かり、
そこから視界を移動すると、
どうもあれらしい・・という程度。

飲み物やドーナツなども売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

ここだけで売っているソフトクリーム。

クリックすると元のサイズで表示します

方角によっては、スカイツリーの影を見ることも出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、↓この色づかいは、どうなのか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この地上350メートルの天望デッキの上には、
更に445〜450メートルの天望回廊があります。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のパンフレット写真の下が天望デッキ、上が天望回廊。

クリックすると元のサイズで表示します

行くには、1000円の追加料金。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来て、引き返すわけにはいきません。
(天望デッキから帰ることは可能です)

このエレベーターは日立製。
通常は30秒で上がりますが、
風が強いと、徐行運転も。

みんなが見上げているのは、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな光景が見られるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

下より狭いのは当然ですが、

クリックすると元のサイズで表示します

構造上の問題で、ちょっと見にくい。

クリックすると元のサイズで表示します

バージュ・ハリファの展望台が452メートルですから、
もう少し高ければ、世界一の展望台だったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

バージュ・ハリファからの景色を見たい方は、
↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100511/archive

この回廊をぐるりと回ると、

クリックすると元のサイズで表示します

5メートル高くなります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが終点。

クリックすると元のサイズで表示します

下に回廊の出発点が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

有料で写真を撮ってくれます。
↓この方がしているのが、それ。

クリックすると元のサイズで表示します

実は、この後、エレベーターへ向かう途中の方が、
ここより高いのです。

クリックすると元のサイズで表示します

その最高地点から見た景色。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり、高いです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

影は、ここからは、こんな風に。

クリックすると元のサイズで表示します

タイペイ101でも、
バージュ・ハリファでもしましたので、
ここでも「東京一高いところ」で小用を。

クリックすると元のサイズで表示します

各フロアの関係は、↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

4階から350フロアに上がり、
そこから445フロアまで上がった人は、
歩いて450フロアへ行き、
エレベーターで345フロアに戻り、
一段下がった340フロアへ。
そこからエレベーターで5階に下ります。

340フロアには、
床面がガラスになったところも。

クリックすると元のサイズで表示します

ここにはレストランもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

地上に戻りました。
団体さんも来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

下の商業施設、ソラマチの店。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸風のものを扱ったお店が多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プラネタリウムもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

今日もしっかり空にそびゆる東京スカイツリーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

なお、ネットでの予約
8月終盤は夕方以降に空きがあります。
2カ月前の予約なら楽々取れます。
試したい方は、↓をクリック。

http://ticket.tokyo-skytree.jp/


とこで、今日が
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、
マーティが未来に行って、
将来の自分と家族の様子を見てしまう日であったこと、
知ってました?

クリックすると元のサイズで表示します

時代の進み方は映画作家の想像力より遅いようで、
スカイツリーは建っていても、
まだ車は空を飛んでいません。









AutoPage最新お知らせ