アリゾナ記念館  旅行関係

今夜10時30分から
フジテレビが
モロッコの特集番組を放送、
まさに絶妙のタイミング
カサブランカやフェズ、マラケシュ、砂漠の光景などが映し出され、
先日のツァーの参加者が全国で歓声を上げているのが聞こえるようでした。

この番組で、
モロッコへ行く方が増えるかもしれません。
来週も続きが放送されます。

しかし、このブログはまだモロッコには到達せず、
ハワイを掲載中。

潜水艦に入るところから、続きです。

クリックすると元のサイズで表示します

甲板の景色。

クリックすると元のサイズで表示します

高射砲を楽しむ人々。

クリックすると元のサイズで表示します

中に入ってみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

狭いです。

クリックすると元のサイズで表示します

調理室。

クリックすると元のサイズで表示します

食事の部屋。

クリックすると元のサイズで表示します

ベッドルーム。

クリックすると元のサイズで表示します

執務室。

クリックすると元のサイズで表示します

当然、トイレも。

クリックすると元のサイズで表示します

全てがアナログ。コンピューターなどない時代です。

クリックすると元のサイズで表示します

魚雷はここから発射。

クリックすると元のサイズで表示します

やっと外へ。

クリックすると元のサイズで表示します

ほっとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

閉塞感が緊張を生むためか、
昔から「潜水艦映画に駄作なし」と言われています。

↓は、日本軍の「回天」。

クリックすると元のサイズで表示します

「自殺魚雷」と書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

園内には↓のような博物館があり、

クリックすると元のサイズで表示します

大変立派な展示がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

このオーディオ装置はスグレモノで、よく分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

あんな遠いところから、
日本軍の飛行機が飛んで来るなどとは誰も考えていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ航空母艦で飛行機を運ぶ、などというのは知られていなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

艦隊は国後を出発。北太平洋を遠回り。
雲や霧で敵に発見されないためです。

クリックすると元のサイズで表示します

近くまで来て、爆撃機が発進。
まさに、山本五十六は天才です。

クリックすると元のサイズで表示します

山本五十六は広い世界を知っていただけに、
戦争には反対で、
開戦せざるを得なくなった時、
「6カ月間ならもたせてみせる」
と言って、
その間の講和を期待しましたが、
残念ながら、戦争は長期となりました。

機動部隊の構成は、
航空母艦6隻
戦艦2隻
重巡洋艦2隻
軽巡洋艦1隻
駆逐艦9隻
潜水艦3隻

日本では太平洋戦争の開戦は12月8日となっていますが、
時差があるので、アメリカでは12月7日。
第1次攻撃の183機は、午前6時に、
第2次攻撃の170機は、午前7時15分に
真珠湾に向かいました。

クリックすると元のサイズで表示します

爆撃機の部隊は、この方向から侵入。

クリックすると元のサイズで表示します

レーダーは導入されたばかりで、
しかも、偶然その日、
ロサンゼルスから航空編隊が来ることになっており、
レーダー技師は
日本軍を捕らえながら、
それを味方の飛行機と勘違いして、通報が遅れました。

これは博物館にある壁画。

クリックすると元のサイズで表示します

攻撃の様子は、
マルチスクリーンで上映されています。

クリックすると元のサイズで表示します

最も大きな被害を受けたのが戦艦アリゾナ号で、
そこに行くには、
まず映画を観る必要があります。
当時の世界情勢をていねいに解説するもので、
客観的で、
日本を一方的に悪者にしていないのが好感を持てました。
どこかの国の展示とはえらい違いです。

この船に10分間ほど乗って

クリックすると元のサイズで表示します

記念館に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

中はこのようになっていますが、
この白い建物は、

クリックすると元のサイズで表示します

沈んだ船の上に建てられています。

クリックすると元のサイズで表示します

上空から見た写真。
水の中の艦影が分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

水の下には戦艦の残骸があり、

クリックすると元のサイズで表示します

煙突の一部が水の上に出ています。

クリックすると元のサイズで表示します

この記念館で一番重要なのは、この部屋で、

クリックすると元のサイズで表示します

亡くなった方たちの名前が刻まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

その朝、戦艦アリゾナに乗り合わせていたのは、約1550人。

クリックすると元のサイズで表示します

この大きな戦艦が、わずか9分で二つに裂け、
沈んでいったのは、

クリックすると元のサイズで表示します

投下された徹甲弾が上甲板を貫通し、火薬庫に到達して
大爆発が起こったためです。

クリックすると元のサイズで表示します

生き残ったのは289人で、乗組員の5分の4は戦死。

クリックすると元のサイズで表示します

艦長以下1100人以上の遺体が
水中の艦内に眠っており、
その方かちをしのんで、
そのまま海底記念墓地とすることにして、
この記念館が建てられました。

そう思うと、粛然とさせられ、
↓のような雰囲気で見ることは出来ません。

クリックすると元のサイズで表示します

まさにここは、「アリゾナ記念廟」
今も制服のセーラーが旗を昇降しています。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人としては、やや辛い場所ですが、
逃げるわけにはいきません。

少し向こうには、
日本が降伏文書に署名したミズリー号があります。

クリックすると元のサイズで表示します


辛い思いをした夜は、
ディナーショーへ。

クリックすると元のサイズで表示します

ポリネシアの踊りに混じって、日系人のマジック。

クリックすると元のサイズで表示します

何もないところからヘリコプターを出したり、

クリックすると元のサイズで表示します

空中で車を消したり、

クリックすると元のサイズで表示します

という、どこかで見たことのあるものばかりでした。
イリュージョン系のマジックは、
演者のオリジナルであるよりも
発案者から上演権を買って上演するので、
大体どこも同じ内容になってしまいます。

こういう会場で、

クリックすると元のサイズで表示します

ショーを観るだけなら55ドルですが、
ジィナーが付くと89ドルに。
2700円の違いが、↓の料理。

クリックすると元のサイズで表示します

デラックス・ディナーというのは50ドル増しですが、
チキンがロブスターに変わるだけ。
後は、席が舞台に近い。
これから行く人は、
食事は外で食べて、
ショーだけ観た方が無難です。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、観客を舞台に上げての部分はなかなかで、
あまりの面白さに、
絶対あれはサクラだと思っていました。
今までシルク・ドゥ・ソレイユでさんざん騙されましたからね。
ところが終演後確認すると正真正銘の観客。
面白い動作は、
かげで、こうしろ、ああしろとの小声での指示があったそうです。
それにしても、あんなにうまくいくものか。

クリックすると元のサイズで表示します

あと、終わった思わせての最後の一押しは、
意表をつかれました。
ああいうのは、初めて観ました。

こうして、ハワイの第2夜は過ぎていきました。


トニー賞受賞式  ミュージカル関係

ベランダの胡瓜の実がなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

こういう花が咲いて、

クリックすると元のサイズで表示します

こうして出来た形が成長して、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに大きくなるのだから、不思議です。

クリックすると元のサイズで表示します

収穫した胡瓜は、長さ27センチ、直径3.7センチ。

クリックすると元のサイズで表示します

もろきゅうをつけて食べました。

クリックすると元のサイズで表示します

みずみずしくて、美味。


旅の疲れは、
一晩ぐっすり寝たら、元気回復。

午後からは、
昨夜放送した「第66回トニー賞授賞式」を観ました。

モロッコ出発前に録画予約をしたかったのですが、
予約は一週間前までなので、果たせず、
メモをパソコンに張り付けておいたおかげで、
深夜0時からの放送を録画することが出来ました。
歳と共に物忘れが激しくなっているので、
メモ書きは重要な忘却予防の手段です。

http://www.youtube.com/watch?v=OKkLV1zE8M0&feature=player_embedded

↑は、オープニング・シーン。
昨年大量受賞をした「ブック・オブ・モルモン」に出て来た
布教する伝道師たちをうまく使っています。

え? これておしまいか、
随分安上がりなオープニング・ショーだな、
と思ったら、
司会のニール・パトリック・ハリスによる続きがあり、
これが実に面白い。

http://www.youtube.com/watch?v=SvK7a3e8_Ck&feature=player_embedded

もし人生が芝居だったら、
という内容を面白おかしく展開します。

彼の司会はこれで3度目で、
すっかり定着したようです。

パトリックは、スパイダーマンのように天井から逆さまになって登場したり、

http://www.youtube.com/watch?v=F6LiV8lVan4&feature=player_embedded

有名ミュージカルナンバーを
単語一つでメドレーでつなげてしまう、
「尻取りナンバー」で会場をわかせました。
まさに「天才少年ドギー・ハウザー」の面目躍如。
やはり進行がスマートだと、
式そのものにリズムが生まれます。
やがてアカデミー賞の司会もするようになるでしょう。

会場のビーコン・シアターは
今までのラジオシティ・ミュージック・ホールより小振りで、
それだけ一体感も増したようです。

カリブ海のクルーズ船から初の中継があったのは、
船上で「ヘアスプレー」が上演されていたからで、
豪華客船内の劇場でミュージカルが上演されていたとは、
初めて知りました。驚き。

アカデミー賞を沢山受賞しているアラン・メンケン
トニー賞は初受賞というのも驚きでした。

ヒュー・ジャックマンの10週間のチャリティ特別公演に対して賞が与えられた時、
奥さんがプレゼンターとして登場した際の
ヒュー・ジャックマンの驚きようは本当にマジ。
なんでも「トイレに行って来るわ」と行って立ち、
舞台袖から何食わぬ顔をして出て来たそうです。

ミュージカル主演男優賞のスティーヴ・ガシーのスピーチはなかなかでした。
この春、お母さんを亡くしたそうで、
「母がこう言っていた。
『舞台であなたが誰の子か
堂々と見せなさい』
僕はガンと勇敢に闘った
キャスリーン・ガシーの息子だ。
母さんがいなくて寂しい。
でも、今夜は一緒だね」


式そのものがエンタテインメントになっており、
様々な候補作のさわりを演じてみせる時、
有能なクリエーターたちが集まって
ブロードウェイの舞台を作り上げていることが分かります。

そして式を貫く感情は、
尊敬友情、そして感謝
名優たちに対する深い敬意は
見ていて胸を打ちます。

最後はパトリックのいつもの
受賞作をネタにした替え歌。
受賞者名の封印が切られるまでは
誰が受賞するかを知らないはずなので、
それを短い時間にまとめて、
しかも背後に出て来る映像と連動。
挑戦した人たちの志の高さがうかがえます。

最後にミュージカル作品賞を受賞したプロデューサーの言葉がよかったな。

「帝政時代のロシア。
子だくさんな家庭の話。
母は重い病気で、子どもたちは泣いていました。
乳母は彼らを腕に抱き、
慰めながら言いました。
『特別なお薬があるの。
一粒飲めば病気知らず、
一口飲めば不老不死。
その薬の名前は、劇場』
この話が、ある子どもの人生を変えました。
スタニスラフスキーです。
演劇界にいる私たちも
この薬で人生が変わったのです」



毎年、トニー賞の受賞式の後は、
あれを観たい、これを観たい、
と悩むのですが、
このところ、やや風変わりな作品が多かったのに、
今年は観たい作品ばかり。

ミュージカル作品賞を取った「ワンス/ダブリンの街角で」は是非観たいし、

http://www.youtube.com/watch?v=9NXMlRoUIAk&feature=player_embedded

アラン・メンケンの「ニュージーズ」も楽しそう。

http://www.youtube.com/watch?v=U3vtPAFA6sY&feature=player_embedded

「奇跡を呼ぶ男」も、
「ナイス・ワーク・イフ・ユー・キャン・ゲット・イット」もよさそうだ。
賞には縁がなかったが、「ゴースト」
どんな風に舞台化したのか観てみたい。

リバイバルでは、
「ポーギーとベス」よさそうだね。
それに「エビータ」の、この演出はなかなかのようだ。

http://www.youtube.com/watch?v=9gpHLHSGbF0&feature=player_embedded

「ジーザス・クライスト・スーパースター」

http://www.youtube.com/watch?v=iI9Ul9bhL3U&feature=player_detailpage

「ゴッドスペル」の聖書モノ2作品の対決も興味がある。

すると、脇で見ていたカミさんがこう言いました。
「あなた、行けるようになったんだから、
行って来たら」
なんて理解のあるカミさんなんだ。涙。


西の果てへ  旅行関係

モロッコに飛んでまいりました。

日程は6月16日(土)〜23日(土)の5泊8日。

エミレーツ航空でドバイ乗り継ぎカサブランカで入国。
その後、バスで
カサブランカからフェズへ。
アトラス山脈を越えて、エルフードへ。
早朝起きて、大砂丘で日の出を迎え、
カスバ街道を西へ向かって、ワルザザードへ。
アトラス山脈を今度は南から北へ越えてマラケシュへ。
途中、今回の旅の最高地点、海抜2260メートルの峠を通過。
マラケシュからカサブランカへ戻って出国し、
再びドバイ経由で成田へ。

↓の地図のとおり、

クリックすると元のサイズで表示します

モロッコの都会と田舎の主要都市を
ぐるりと回って、
走行距離は1750q。

楽な旅ではありませんが、
アラブの国を堪能。

沢山写真を撮りましたが、
順次旅行記で掲載してまいります。

乞うご期待。


ハワイ・2日目  旅行関係

2時に起きて撮った、夜中のカラカウワ通り。

クリックすると元のサイズで表示します

さすがに人がいません。

2日目の朝のワイキキ。

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、以前に行き損なったアリゾナ記念館に。

パールハーバーです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

行くには船に乗っていかなければならないのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

1回ごとの定員があり、
そのチケットが12時半の分しか取れなかったといいます。
その時点で9時。
3時間半時間をつぶさなければなりません。
やり方が間違っているのではないかと思いましたが、
ガイドさんは、朝鮮戦争にも出兵したという80歳の方↓ですから、
文句を言うわけにはいきません。

クリックすると元のサイズで表示します

結局、いろいろな展示をゆっくり見れて、かえってよかったかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

タイプライターのそばにあるのは、
12月7日の新聞。
日本軍の攻撃が報じられています。

クリックすると元のサイズで表示します

↓潜航艇に乗っていた日本兵の遺品。愛する人の写真が哀しい。

クリックすると元のサイズで表示します

この人は、間違ったところに浮上して、捕まってしまいました。
つまり、第二次大戦最初の捕虜

クリックすると元のサイズで表示します

湾に浮かぶ潜水艦に、実際に乗り込むことが出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

行ってみましょう。


と、ここまで書いて、
申し訳ありません。
只今からモロッコに飛びます

実は、今は6月16日午後4時。
この数日のブログは予約投稿でしたものです。
しかし、時間が来ました。
これから現地まで22時間の飛行機の旅。(1回乗り継ぎ)
帰国は23日。
今度は現地でネットにアクセスしませんので、
しばらくお休みです。
それでは。





『笑いの経済学』  書籍関係

〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

吉本の現役常務取締役が書いた本。
ただし、12年前の本だから
古くなっているところはある。

こういうものを改めて読むと、
当たっている点、外れた点、
実現できたもの、実現できなかったもの、
などが分かって面白い。

笑いの質は常に変わるので、
10年は一昔どころか二昔ほどの違いがある。
人気の出たタレントの凋落の激しいのも
お笑いの世界では顕著だ。

「人間にも賞味期限があり、
時代感覚へのずれは年齢と共にやって来る」

と自ら書いているように、
感覚をとりすましていないと
取り残されてしまう世界だろう。

「よく野球などで
球の速いピッチャーが登場すると、
松坂より尾崎のほうがすごかったなどと言い出す輩(やから)がいます。
あるいは、
サッカーでストライカーが出てくると
やっぱり釜本のほうがすごいよと言っているおじさんサポーターがいます。
それと一緒で
今も存在しない
見たこともない伝説だけが絶対になってしまい、
物事に対する判断が膠着化してしまうのです。」


という指摘は鋭い。
「昔はよかった」
という話ばかりしている人は駄目だと思う。

吉本新喜劇がつまらなくなった時、
乗り込んでいった筆者が、
そのつまらなくなった原因を解明するところがなかなか面白い。

「吉本新喜劇は
藤山寛美さんのような大スターがいて成り立つ
松竹新喜劇のようなものではなく、
大したスターはいなくても
一人のギャグに全員がこけて
笑いをとっていく全員野球のようなものです。
それがいつのまにかサラリーマン化してしまって、
同じようなことだけを繰り返していたのです。
生活そのものが、
お昼過ぎの2時に来て1回目、
夕方から2回目の公演をこなし、
夜はいきつけのスナックで一杯やって帰る
というようになっていました。
同時に花紀京さんとか岡八郎さんといったスター級、
いわば部長、課長クラスがいつのまにか、
牢名主のような存在となってしまって、
若い作家の台本や
若いプロデューサーのアイデアをことごとく退けて、
自分たちのやりやすいように変えていたのです。
やりやすい芝居というのは、
年を取った人間が動くのが億劫になっていたので、
身体を使わずにセリフで済ませるということなのです。
当然芝居は
動きのないダイナミズムのないものに陥っていきますから、
吉本新喜劇独特の全員野球のようなものは期待できないわけです。
これでは、客も引いてしまいます」


そこで、一旦全員をクビにし、
台本によってキャスティングしていったら、
今までベテランによって押さえつけられていた
次の世代が前に出て来たという。

というのは、
吉本に限らず、
あらゆる芸能、芸術に、
いや組織にも通じるものだろう。

何にせよ、安住したら、活力がなくなるのだ。

「教育のことを『エデュケーション(education)』といいます。
この言葉のもとは、educatusというラテン語から来ていにようなんですが、
この意味はもともと『引き出す』という意味だそうです。
そこから派生して
タンスとか机の「引き出し」という意味になったそうです。
ですから、教育の本来の意味は
君の引き出しのなかには
こんなに素晴らしい才能とか素質が一杯入っているんだから、
それを気づかせてあげて、
生きていく勇気と自信をあたえてあげるということなんです。
その本来の意味での教育をしないと、
この国ではいつまでたっても
Mサイズの人間しか生まれてこいなと思っています」


というのも炯眼。

日本は経済人も政治家も
すっかりMサイズ人間ばかりになってしまった。
やはり日本の全ての問題は
教育に行き着くようだ。







AutoPage最新お知らせ