事務局長、最後の日  

今日は、事務局長、最後の出勤日です。
予定では、全ての仕事を前日までに終えて、
今日は挨拶だけにする予定でしたが、
とてもとても。
今日も定時に通勤してのあわただしい一日でした。

続々と、という表現がふさわしいほど来客が多く、
事務局長最後の日を見物、いや、挨拶に来てくれました。
中にはお菓子を持って来てくれた方や、

クリックすると元のサイズで表示します

タンテ・マリー。おフランスの高級なチョコレート菓子です。

クリックすると元のサイズで表示します

封筒を渡されて、
後で見たら、「お餞別」が入っていた例も。
どこに行くというのか。
よかった。「お香典」じゃなくて。

この日に限って、
表示関係の問い合わせが頻繁で、
今日でやめるので、これからは全国食肉公取協へ、
と申し上げると、
大げさに驚かれました。

わざわざ電話をかけて来て、
「お疲れ様」と言って下さる方も多く、
それは大抵、このブログの読者でした。

昼前に市場内の各団体を回り、
場長にも挨拶。

昼は親戚筋と焼肉を食べ、
ケーキを事務所に届け、
すべき連絡、通信をして、
もはやここまで、後は任せる、
と覚悟して事務所を出たのは、午後3時9分

クリックすると元のサイズで表示します

途中で食肉市場センタービルを振り返り、

クリックすると元のサイズで表示します

この光景を見ることは、

クリックすると元のサイズで表示します

もはやないだろう、
と感慨にふける暇もなく、
帰宅の途へ。

乗り慣れた山手線→京葉線ルートで揺られながら、
突き上げて来たものは、
解放感
国民の三大義務の一つである「勤労」から解放
(他の義務は、「納税」と「教育」)
「もう働かなくていいんだよ」の通告。
もはや誰の命令を受けることもなく、
誰に指示を出すわけでもなく、
人の思惑に配慮する必要もなく、
ことごとく一人で全てを決めて生きていける。
「定年」を寂しく思うことなど、みじんもありません。
実に素晴らしい制度だと思います。


最終日に早退して、
新浦安駅でカミさんと待ち合わせて向かったのは、
浦安市の市民墓地公園

クリックすると元のサイズで表示します

父母が眠る墓前で定年の報告。

事務局長の墓地、初公開です。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、カミさんと夕食を取り、
夜は定年を祝ってくれた山本一力とテレビ電話でバカ話。
とても嬉しい夜でした。


そうは書いても、
同じ空間で共に過ごした事務局のメンバーとの別れはちょっとさみしく
本当は一人一人に手紙を書いて、
帰り道に投函しようかと思いましたが、
それも大袈裟、死ぬわけでもあるまいに、とやめ、
事務所を出る前に一人一人に
感謝の言葉を述べようかと思いましたが、
それもやめました。
泣いてしまいそうで。
こんなところで、男が涙を見せてはいけません。

だから、最後は、
みんなの前に立って、
「皆さんと一緒にいられて幸せだった。
ありがとう。
後はよろしく頼みます」

と言って敬礼したのが精一杯。

後を託すにおいて「よろしく頼む」以外の言葉はありません。


実は、事務局長、最後の仕事は、
佐藤理事長の了解のもと、
理事長名で出す「事務局長交代のお知らせ」の文書のFAX。
その後に、
事務局長自身の簡単な挨拶を付けさせていただきました。

その文章が、↓。

☆☆☆☆☆

組合員の皆様へ 

私は、本日付けで定年退職することになりました。
組合に就職して28年9カ月、
このような風変わりな男を迎え、
上手に生かしてくれた
組合員の皆様の懐の深さに心から御礼申し上げます。

思い出深いことは沢山ありますが、
何といっても、
平成19年度、
組合創立50周年の行事を
多彩に華麗に実施出来たことが何よりの喜びでした。
50年という節目に居合わせて、
皆様と共に祝うことが出来ましたのは、
名誉であると共に、
その年、
組合史上最高となる2億円を越える利息収入があったことも、
組合の強運を印象付けるものでした。
組合は神様から愛されています。

こうして役割を終えた老兵は去り、
組合は新しい理事長、新しい役員諸兄、新しい事務局長により、
新たな歴史が刻まれようとしています。
過去が教訓となることはあっても、
何よりもまず、
前に向かって進むことこそが組合にとって肝要であると思います。

皆様、どうか、私のことは忘れて下さい。


☆☆☆☆☆

最後のくだりは、
普通は「私を忘れないで」というところですが、
それとは逆の苛烈な別れの言葉です。
人生とは、そういう別離の連鎖なのですから、
記憶に留めることを求めるのは、
それ自体が人間の思い上がりだと、
人生の師、賢人・曽野綾子さんが教えてくれました。

もっとも、カミさんに言わせると、
「あなた、そんなこと書かなくても、
どうせ忘れられるんだから、
わざわざ書くことないわよ」
で、
カミさんの方がクールなようです。

結局書いてしまいましたが、
「私のことは忘れてください」と書いた時、
突き上げて来るものがあって、
事務局長、ちょっと泣きそうになりました。


なにはともあれ、こうして、
事務局長は今日、
食肉組合を去りました。

明日から、このブログは、食肉組合から離れた
個人のブログになります。
事務局長にとって、
人生3度目の不連続線。
ページはめくられ、
新しい章に入ります。


(最終日を読む読者のために、
この記事は、明日一杯、
冒頭に掲載されます。
新しい題名を含め、
更新されるのは、
6月1日、午後10時です。)








AutoPage最新お知らせ