変更手続きと政治の停滞  

本組合の理事長は、
明後日17日の理事会で
新たな方に交代となります。
即座に代表者変更の緒手続きに入りますが、
登記をはじめ、
作業は膨大。
相手先用紙のものもありますので、
早めに用紙を取り入れる作業にもかかります。

事務局長にとって、この作業は4度目。
登記簿謄本がないと手続きできないのもありますので、
今日、司法書士にきいたところ、
登記完了がやはり6月になってしまうので、
途中でバトンタッチすることになります。

一方、せっかちな税理士さんに依頼している納税作業は既に終了
思ったより還付金も多いので、
6月が楽しみですね。


今日も周辺を整理していたら、
大変なものも出て来ました。
これはとても家には持ち帰れない。
事務局長、若気の至りりの記念品。
泣く泣くシュレッダーにかけましたが、
何だか過去の因縁とおさらばしたようで、
爽快な気分です。


話は変わりますが、
笹川陽平さんが、
産経新聞の「正論」に↓のような一文を載せています。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

まさに正論
衆参ねじれ現象で
物事の決められない事態が既に6〜7年続いているのですから、
変革が必要なのは当たり前。
それが進まないのは、
既得権益を持っている方たちがいるからで、
参議院議員が自分の生活の場を放棄するはずがない。

総理の選び方も
首相公選制の話が前から出ています。

これも、
かくもひどい総理が次々と出てきたのですから、
選び方に制度的欠陥があるのは間違いない。
なのに、
遅々として進まないのは、
今のやり方の方が都合の良い方々がいるからで、
その根底には、
新しいやり方に対する恐怖があります。

いちいち反対論を聞いて、
「党内融和」などを優先するから進まないので、
とにかく、
抜本的な改革をしない限り、
この国に未来はありません。





AutoPage最新お知らせ