韓国の庶民の味  旅行関係

世の中は4連休
例年ならどこかに出かけるところですが、
先日、ソウルに行ったばかりなので、
どこにも行きません。

そこで、ソウルで食べたものを紹介。

娘はすっかり「現地の人」になってしまいましたので、
娘の案内で、
ソウルの庶民が行くようなお店ばかりで食事をしました。
学校の仲間から娘は
「彼女は沢山美味しい店を知っている」
と言われているそうです。

↓明洞(ミョンドン)にある「セマウル」という店。

クリックすると元のサイズで表示します

炭火で豚肉を焼きます。

クリックすると元のサイズで表示します

輸入豚肉の薄切りが丸まって出て来ます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じで焼いて、

クリックすると元のサイズで表示します

強制排気の管で煙を吸い取ります。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食はソルロンタン。↓

クリックすると元のサイズで表示します

豚骨のスープで、朝に向いています。
↓テーブルの脇にキムチが入っており、

クリックすると元のサイズで表示します

欲しいだけ取り、ハサミでばさばさ切ります。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼は↓この店で。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

蒸した豚肉の厚切りを

クリックすると元のサイズで表示します

茹でた白菜にくるんで食べます。
イカのキムチが、持ち帰りたいほど美味。

クリックすると元のサイズで表示します

夜は東大門市場の裏のこのお店。行列が出来ています。

クリックすると元のサイズで表示します

一階は一杯なので、

クリックすると元のサイズで表示します

三階の座敷へ。

クリックすると元のサイズで表示します

タッカンマリといい、鶏一羽をまるごと食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

キムチは自分で取って来て、鍋に入れるのですが、
カミさんが「辛いのはイヤ」というので、入れませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

煮えたら、ハサミでばさばさと切ります。
韓国料理でハサミは必需品。

クリックすると元のサイズで表示します

隣席の鍋はキムチを入れたので真っ赤でした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はウドンを入れます。中国・韓国は軟麺ではなく、乾麺。
どうして軟麺を受け入れないのか、謎です。

クリックすると元のサイズで表示します

↓娘の学生街にある喫茶店。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんな感じで、何時間でもいられそう。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで食べたのが↓。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の氷と違い、サラサラで、
口の中ですぐ溶けて、頭が痛くならず、
すいすいと食べてしまいます。
台湾にもこういう氷がありました。

最後は空港近くのロッテモールのお店でプルコギを食べました↓。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こういう容器で、

クリックすると元のサイズで表示します

肉汁が回りに落ちて、そのスープを飲みます。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の焼肉の方がおいしいと思いますが、
韓国の方は、伝統的な食べ方を守り続けます。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで、韓国の飲食店は、
店頭に写真を並べますが、

クリックすると元のサイズで表示します

日本的なロウ細工も増えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

ロウ細工では肉のうまそう感が出ないのが辛いところ。







AutoPage最新お知らせ