2回目の鍼と尖閣諸島  

総代会を進めるに当たっての発信文など
必要書類を全部仕上げてしまい、
後は外注した総代会資料を待つだけとなりました。


↓は何かというと、

クリックすると元のサイズで表示します

本日午後3時の豪ドル相場

↓昨日と比べて下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日3時に82円96銭で決まった後、
ぐんぐん上がり続け、
今日は84円59銭。
1円63銭違うと、
利率で0.83%、
利息は249万円違います。
つまり、1日の差で、
250万円も損をした。
いや、正確には、「儲け損なった」。

まあ、この逆もあるわけですからね。
事実、3月は「山」の状態で利率が決定しました。
今度は「底」で決定。
人生山あり谷あり、ということで、
次(11月)に期待いたしましょう。


今日の夕方の会議には、
先日の実務者懇親会に出た方が沢山いて、
「あの日のブログを見た」と声をかけられました。
ゴボウのウンチクや
「前世の記憶」にまで広がった内容に
さぞ笑ったことでしょう。


今日は定刻で事務所を出て、
まなぶ鍼室へ。

前回とはまた違う部分に鍼を打ってもらい、
随分楽になりました。
マッサージなどと違い、
施術の時間が決まっておらず、
「50分〜80分」と幅がある。
それは、患者の様子を見ながら打つからで、
実際2時間もやってもらいました。
これで料金は通常5千円。
今日は継続(前回から1カ月以内)なので、3千5百円。
これでやっていけるのか
他人事ながら経営的に心配してしまいますが、
室長は誠実の塊のような人です。

実は今日は昼間、
カミさんがやってもらっており、
女性独特の観点で評価。
室内が広い、
着替えが洗いたてで清潔、
ソファーその他、
置いてある小物がお洒落。
他の鍼灸院では
ずっと狭く、
着替えもないそうです。

医者の同意書をもらえば保険も適用、
今日はわざわざ同意書発行依頼書まで書いてくれました。
65歳を過ぎれば、
市から割引券のようなものをもらうことが出来、
市の補助で、1回わずか2千円。
何だか申し訳ないような値段ですが、
今までマッサージで40分やって4千円払っていたのが嘘のよう。

ご近所の方は、↓をご覧下さい。

http://members3.jcom.home.ne.jp/manabu1189/

ところで、
石原さんの爆弾発言で、
国がようやく動く気配を見せはじめました。
野田さんがそういう発言をしていましたが、
「あらゆる検討をしていきたい」
などと慎重な物言い。
こういう時、
「石原さんの発言で目がさめた。
これこそ国が国費でやるべきことでした。
気づかなかったのは私の不徳のいたすところ。
ご教示下さり、心から感謝いたします。
すぐに取りかかります」

などと言えば、
「国のことに都民の税金を使うなんて」
などという視野の狭い議論に終止符を打てるのに。

石原さんは、若い時から尖閣問題に取り組んでおり、
手柄をあげようと接触する、
他のつまらない議員とは格が違う。

今回のことで分かったのは、
所有者・栗原さんの気持ち。
「あそこを日本の領土として維持ができる形が取れればいいんです」
そういう気持ちを国が汲めず、
都知事がああいう形で出さざるを得なかった。


北九州市の北橋健治市長が
「議会が全く知らないことを外国の地で、
しかも日本全体に関わる問題について発言されたことは、
私の発想ではいかがなものかと思う」
と述べているそうですが、
こういう「手続き論」でいちゃもんをつける輩は大嫌いだ。
小さい、小さい。
石原さんは、
ああいう形で
しかも外国で発言したからインパクトがあった。
そういうセンスが北橋さん、あなたになかっただけですよ。
「私の発想」の方が間違えているのだ。
北九州市民は、
現市長がこういう小さな人物であることを
しっかり認識して
次の市長選にのぞんで下さい。

そのうち、
国と都と沖縄県と石垣市が
共同で買う、
などという話になるのでしょうが、
いっそのこと、
全額国民の寄付を募ったらどうか。
「私の出した1万円が国土を守った」
という誇りを国民が持つのも
素敵なことだと思うが。





AutoPage最新お知らせ