25年ぶりと27年ぶり  

今日は福祉共済加入促進キャンペーンの締め切り日
午後5時までに書類が届いた分で244名
まだ目標には達していませんが、
「既に郵送した」というものがあり、
また、保険会社経由のものは2、3日遅れますので、
金曜日あたりにならないと実数は分かりません。
さて、いくつになりますか。

新聞に記事を書く関係で、
過去の状況を調べてみたのが、↓の表。

クリックすると元のサイズで表示します

何を調べたかというと、
新規加入244名というのは、
過去にあるかどうか。
去年34名、その前が26名・・・
と総代会資料をめくって調べてみても、
いつまでたっても
そんな大きな数は出て来ません。
全国団体から教えてもらった、
「過去最高」の176名というのは、
この制度が全国団体と合体して以降のことなので、
それ以前も調べなければなりません。

平成元年まで行っても、
244を越える記録は出て来ません。
昭和に入って、
! 
ありました。
昭和61年度の新規加入252名
さらにその前の昭和60年度は520名、
昭和59年度は535名、
57年度に至っては873名

このあたりがこの制度のもっとも華やかだった時のようで、
昭和59年度末の6951名がピーク。
それ以降はずっと純減になっています。

つまり244名は25年ぶりの記録
更に純増に転じたのは27年ぶり

しかし、当時は組合員が4000名もいた時代です。
今はその3分の1以下の1120。
3分の1の人数で
25年前と同じキャンペーンをやり遂げたとは・・・

ちょっと感動してしまいました。

わが組合の組合員さんの結束力。
決めたことに取り組む律儀な姿勢。
今度のキャンペーンを通じて、
組合の姿が見えてきた気がします。





AutoPage最新お知らせ