愚か者  

来週の二つの会議に向けて準備中。
特に際立った動きはありません。


新聞に「2月に復興庁が出来る」という記事を見て、
どこの国の話かと思ったら、
日本のことだった。
東日本大震災が起こったのが3月。
復興庁設置まで11カ月かかった。
こんな国があるだろうか?

大切なことを差し置いて、
増税に「不退転の決意」をした方は、
ことごとく順番を間違える。

「税と社会保障の一体改革」についても、
「一体改革」というのなら、
税制だけでなく、
社会保障についての改革案も同時に示さなければならないのに、
それがされていない。
つまり、これは「税の改革」にしか過ぎない。
増税のためのアリバイ作りだ。
やはりここでも順番がおかしい。

「増税の前にやるべきことがあるだろう」
という大きな声に、
議員定数や公務員給与の削減を
いやいや始めるようだが、
天下りの根絶も公約していたはず。
議員年金の特典も放置したままだ。
参議院議員の80削減など、
一度も手を付けていない。
それこそ「不退転の決意」でのぞむべきだろう。

これでは誰も付いていかない。
何が重要で、何が重要でないか、が分からない人を愚者という
と誰かが言っていたが、
やはり、野田さんは愚かだと思う。


ところで、芥川賞の田中さんだが、
その後、いろいろなインタビューを聞いてみると、
社会で働いたことのない
未熟な人なのだと分かってきた。
本人も「私は礼儀を知らない」と言っていたが、
ちゃんとした礼節を学ぶ機会を
社会で揉まれて
得ることが出来なかったのだ。
だから、大先輩石原さんに対しても
あんな無礼が言える。
石原さんのことを何も知らないのに。
子どもが「知事は怖そうだから、いやだ」と言っているに過ぎない。

つまるところ、
作家になるしか世の中を見返すことが出来なかった人なので、
評価されて、
自分の居場所をみつけたのだから、
幸運というべきだろう。

作家だから、
小説で勝負すればいい。

スポーツ選手が
どんなことを言われても
成績で見返すことが出来るのと同じだ。
そういう意味で
今みたいにインタビューを受けて、
作品内容以外の部分で
自分の無知と未経験をさらけ出さない方がいいと思う。
村上龍とはモノが違うのだ。

マスコミもちょっとした変わり種を
面白がって、
本人に誤解させない方がいい。

前に杉村太蔵君の時も書いたが、
ただの社会的経験の浅い未熟な青年
「ニュータイプ政治家」などと持ち上げて
勘違いさせるのは可哀相だ。





AutoPage最新お知らせ