全国会議  

昨日のブログに写真が掲載できなかったのは、
teacup全体の症状だったようで、
長い時間をかけてメンテナンスをしていました。

ようやく復旧したので、
雪の写真、
ホテルの宴会場の写真を追加したので、
改めて昨日のブログをご覧下さい。


今日は全国団体の理事会と新年懇親会があり、
入って来た情報によると、
理事会は30分で終わったそうだ。
意見もなし。
不思議だ。

会議というものは、
情報の共有
問題意識の向上
意見収集
決議

などがあり、
決議に至らないまでも、
前の3つは必須だろう。

まして、今は
保険の加入促進のキャンペーン期間中だ。
現在の達成率は低調。
(一覧表でその情報の共有はあった)
ならば、達成へ向けての
叱咤激励や檄や懇願はあってしかるべきだろう。
中には既に達成した県もあり、
N県などうまいやり方で既になし遂げている。
どうしてN県の理事長に
その内容を報告させなかったのか。
それだけでかなり意識が上がったことだろう。

普通の会社で
こんな高い目標を掲げて、
こんな成績だったら、
目標を立案した本部長は
責任を問われるから
もっと真剣になる。

昨年秋に保険制度について事務局の会議をし、
制度についての課題が沢山あるはず。
6月の理事会では、
執行部案が決議に至らず、
審議継続になったばかりだ。
どうして問題提起をして、
意見収集もしないのか。
せっかく全国各県の理事長が一堂に会しているのに。

会議を行うなら、
何を課題とし、
何を決めたい、

と執行部は検討しないのか。

かつてある団体の専務をしていた時、
全国会議は緊張した。
全国各地から会長が
時間とお金をかけて集まって来てくれるのだ。
虚しい時間にしてはならない。
だから、事前に情報を集め、
良い活動をしている県の事例を冊子にし、
資料を付け、
その中から参考になる活動をしている県には、
前に出て、成功例の報告をしてもらった。
ビデオを上映したこともある。
「ああ、参考になった。
来てよかった」
と思って帰っていただかなかったら、
招集者の責任が果たせない。

また、実りある会議にしてもらうために、
資料は当日配付にはせず、
必ず事前に郵送した。

会議」とは「会して議論する」と書く。
みんなが黙って帰るなら、
それは「会黙」だ。
意見が一つも出ないで
30分で終わってしまったりしたら、
恥ずかしいと思うべきだろう。

どうも全国団体の執行部は
会議というものの意義が
全く分かっていないようだ。
これでは意識の高い人ほど
無駄な時間をすごしたくないから
出てこなくなってしまう。


以前に、そういう現状についてこのブログで書いたら、
別な会議の休憩時間に
執行部の副会長の一人が
芹田理事長の前に来て
そのコピーを見せ、
「こいういうことを書かれると気分が悪い
と言ったそうだ。

昔、「反省!」というポーズを取る猿がいて、
反省だけなら猿でも出来る
という言葉もあったが、
「気分が悪い」程度の受け止め方しか出来ない副会長は
それ以下ということだろう。

「反省するにも才能が必要」
というのは、
どこかで読んだのか、事務局長が言ったのか。

などという文章を見たら、
また気分が悪くなるんだろうね。



総務部会  

↓一夜明けた銀世界。

クリックすると元のサイズで表示します

↓雪は夜半にやんだので、この程度ですみました。

クリックすると元のサイズで表示します

↓でも足元は危険が一杯。

クリックすると元のサイズで表示します

風と雨に弱い京葉線は、
これしきの雪にも大幅に遅れが出て、
超満員の電車でした。


で、今日は総務部会
他の部より早く開催するのは、
総代会までの日程を
まず決めなければならないからです。

3月には新年度事業計画と収支予算を決め、
4月には事業報告と収支決算をまとめて理事会へ。
理事会で認めた内容を総代会に提出して決議します。
その総代会は、連休明けの5月9日に。
今年は役員改選があり、
選ばれた新理事により
一週間後に初理事会を開催して、
新理事長を始め、副理事長、専務理事、常務理事等の
「役付理事」を決めます。
わが組合は役員に定年制を設けていますので、
4人ほどが自動的に役付理事から外れて、
新陳代謝がはかられます。

その後新三役による会議があって、
理事の担当部署を決めます。
事務局長が関わるのは、ここまで。

今日は、10月の理事・支部長会の件も決めました。
日程は10月8日の体育の日。
本当は前日の7日の日曜日の方がよかったのですが、
この日は大安のため、結婚式でホテルは満杯。
それで一日ずれました。
会場は新宿の京王プラザ
丁度いいサイズの会場を2つ使って開催となります。

↓錦の間。

クリックすると元のサイズで表示します

↓扇の間。

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ新年度に向かって進み始めている組合です。






東京は積雪  

東京はが降りました。

↓は、新浦安駅。

クリックすると元のサイズで表示します

夜10時頃、急に激しくなって、
↓あっという間に積もりました。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長のマンションの駐車場。

クリックすると元のサイズで表示します

夜10時10分頃。

クリックすると元のサイズで表示します


昨年の惣菜・弁当講習会の講師の方々がおいでになり、
他の会議に来ていた芹田理事長と共に、
反省と改善策の検討。

その時見せていただいたデータによれば、
消費者の可処分所得は減り続けており、
お金を使うのも
非消費に使われることが多い。
非消費とは、
税金とか保険とかに使うお金のこと。

可処分所得が減って、
しかも消費にお金が回らないのですから、
景気が悪くなるのは当たり前。
その上に増税して
非消費割合を増やす
というのですから、
政府はどうかしている。

賢い日本国民は、
消費税が上がるのは仕方ないと思っていますが、
今のように、
将来の危機感だけをあおって、
それを国民に負担させるというのは、
愚の骨頂。
国民経済の回復の中に
消費増税を位置づけなくては、
「希望」につながらない。
希望の無い政治は続かない
どうして政治家はそれが分からないのでしょうか。

防衛大臣に就任した田中さんは、
沖縄県知事に会って、
メモを見ながらの会談。
あれくらいのことが頭の中に入らないとすると、
よほど小さい脳味噌をしているに違いない。
しかも、あの方の地図では、
硫黄島は沖縄にあるらしい。
まったく。


雪まじりの夕方、
映画鑑賞サークルCCSへ。
「マネーゲーム」
「コンティジョン」
「ステキな金縛り」
「三銃士」
などについて感想を述べ合い、
楽しいひとときをすごしました。





赤い料理  旅行関係

金曜日の夜、8時20分の羽田発便で、ソウルへ。
語学留学中の娘に会う旅です。
ついでにミュージカルを3本。(本当はこっちが目的?)

韓国は日本と違って、旧正月を祝います。
12月31日や1月1日は普通に過ごし、
今年の旧正月である1月23日をはさんで、
1月21日から24日まではお休みモードの4連休
みんな田舎に帰るため、民族大移動が始まります。
テレビは渋滞のニュースをしていました。

町のお店は大部分が休業。
地下鉄の地下街は閑散としていて、びっくり。
でもソウルの銀座・明洞(ミョンドン)は、さすがに賑やかです。

強行軍で疲れたので、
今日は食べたものの紹介のみ。

ソルロンタン。牛肉のスープ。

クリックすると元のサイズで表示します

軽く食べたい時に最適。
お店によっては、
ご飯やソーメンも入っています。

ここのお店では、キムチが食べ放題。
脇の容器から取り、はさみでわさわさ切って食べます。

クリックすると元のサイズで表示します

日本の浅漬けキムチではなく、本場の発酵キムチは実においしい。

テーブルには、↓のような紙が置いてあり、
スプーンとお箸の置き場所が点線で示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

やってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

箸を含め、食器がことごとく金属なのは、日本人には不思議。
ごはんはスプーンで食べます。

↓は、豚料理の店。家庭的ですね

クリックすると元のサイズで表示します

名前を忘れましたが、骨についた豚肉の鍋。

クリックすると元のサイズで表示します

こんなになります。

クリックすると元のサイズで表示します

体が暖まって、汗が頭からぽとぽとと。
この日、気温は、最高マイナス7度、最低マイナス12度。

↓夜食に食べたキンパ(海苔巻き)とラーメン。

クリックすると元のサイズで表示します

海苔にはゴマ油が塗ってあります。
ご飯は酢飯ではありません。
こちらのラーメンは乾麺。
日本人の感覚ではインスタントラーメン。
日本の軟らかい麺は、どうしても普及しないようです。不思議。

娘の寮の近所の大衆的な店。

クリックすると元のサイズで表示します

中は、こんなです。

クリックすると元のサイズで表示します

娘はここで昼食中に、
事務局長から「金正日が死んだ。そっちは騒いでいるか」という電話を受けました。
その直後、外から帰って来た親父さんが、
「金正日が死んだ。テレビを付けろ」と叫びました。
つまり、日本経由の情報の方が早かった。

テーブルは、↓このように鍋をするようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

鍋料理は韓国料理の基本。
冬でも夏でも鍋、鍋、鍋。

↓は、タットリタンという、鶏肉ぶつ切りの鍋。

クリックすると元のサイズで表示します

今回は、これが一番おいしかった。
鶏一羽まるごと煮るタッカンマリは、次回になりました。

↓キムチその他、おまけが沢山付いて、1万ウォン。800円弱。

クリックすると元のサイズで表示します

以上、ことごとく色彩は赤
赤い赤い韓国料理。
よく共産化しなかったものだ。


理事支部長会会場の下見  

東京は、朝から初雪となりました。

その雪の中、次長と共に新宿へ。
秋の理事・支部長会の候補になっている
ホテルの会場を見せてもらいました。
設備は問題なく、
交通の便もいいので、
ここで決まることになりそうです。

その後、都庁へ。
「気の弱い選考委員」と言われたあの方のお城です。
政治連盟のささやかな報告書を提出するためですが、
時間が半端だったので、
都庁32階の食堂へ。
中華から和食まで豊富なメニューがあります。
値段も下界よりは安い。
知られていませんが、
この食堂は、
職員だけではなく、
来訪した都民なら誰でも利用出来ます。
席は満席。
よく繁盛しています。
カフェテリアもあります。

窓際の席だったので、
100メートルの上空で吹き荒れる雪を見ることが出来ましたが、
必要な書類だけ手にして出たので、
今日に限ってカメラを持っていません
雪に降られる都庁の威容など、
ブログでレポートしたい風景が沢山ありましたが、
えてしてこういうものです。

35日も続いた乾燥注意報の後、
おしめりの東京です。

本日のブログ、
短いですが、
そのわけは後日。





AutoPage最新お知らせ