消えてしまった!  

常務会の後はいつもそうですが、
せっせと新聞作りに励みます。

特に今月号は、
「組合の1年」という特集があって、
1年間の行事を総覧します。

毎年、「今年は少ないだろう」と思っていると、
結構な分量になるのは不思議。
やはり今年も1年ぎっしり、という感じです。

作業的には、
まず1年間の行事を流して入力、
不明な部分を空白にしておいて、
プリントした後、
様々な資料を駆使しながら、
記入していきます。
そして、再度画面に呼び出して、
修正し、これを保存、
再びプリントしたものを読んで、
赤を入れて・・・
という作業を繰り返すわけですが、
今日はその2段階目で、
文書を保存する時、
「あれ、今、俺、変なことしたぞ」
という瞬間があって、
案の定、操作ミスで、
せっかく修正したどこにもない

さいわい一つ前の文書は残っていましたので、
もう一度修正作業を。
これで1時間はロスしました。

まあ、誰でもこういうミスはしているようで、
鈴木光司は、
「リング」の小説まるごと1本、
パソコンから消え失せたとか。

そこまでいかなくても、
事務局長も月に1回くらい、そういうことがあります。

ブログを書く時も、
直接入力の画面では、
「取消」キーを押すと、
それまで入力した文章がまるごと消えてしまいます。
他の画面では、
その直前の作業しか消えないのに。
しかも「取消」キーは、
よく使う「後退」キーの隣にあり、
たまに指がすべって「取消」キーに触れると、
音もなく昔の画面に戻ってしまいます。

真夜中に、部屋に響く、うめき声!

それが怖いので、
小まめに保存したり、
場合によっては、
わざわざワードの画面で入力した上で、
「コピー」「貼り付け」で
ブログの入力画面に移したりしています。

何よりもハードディスク丸ごといかれたら・・・
と思うと怖い。
本当は外付けHDDに保存しなければいけないのですが・・・






AutoPage最新お知らせ