公的全頭検査  

本日午後2時、
東京都は芝浦の東京食肉市場で
牛肉の公的全頭検査を実施することを発表。

多少関わっていましたが、
口止めされており、
ようやくブログに掲載できます。

えっ、芝浦では既に全頭検査をしていたじゃないか、
というのは記憶の良い方ですが、
あれは、民間の検査機関がしていたもの。
今度は公的機関がするところが、
大きく違います。
そのために東京都は高い機械を導入しました。

検査の開始は12月7日(水)からですが、 
まだ一部。
岩手・宮城・福島・栃木の被災4県を中心に1日50頭程を都が検査し、
残りの全頭を民間検査機関が検査。
1月から都による全頭検査に移行する予定。

検査の結果、
暫定規制値以下の牛肉については、
東京都中央卸売市場が「牛肉安全確認証」↓を発行。

クリックすると元のサイズで表示します

検査結果は、東京都ホームページ↓でも公表。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/zentou/index.html

暫定規制値を超えた牛肉については、
東京都福祉保健局が食品衛生法違反として、
都民にお知らせするとともに、
販売中止等の措置をとる。

小売店等にはポスター↓を配付・掲示。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで組合が登場して、協力することになります。

他に小売店には、
↓のステッカーとミニのぼりも。

クリックすると元のサイズで表示します

組合にはまずポスターとステッカーが来て、
少し遅れてミニのぼりが来ますが、
事実上の公的全頭検査は来年1月からですから、
支部への配送は
新年になってからになります。


話は変わるが、
起きたまま寝言を言う人がいることは知っていたが、
講演会の演壇で立ったまま寝言を言う人がいるとは知らなかった。

その人は鳩山さん。
今日、東京都内で講演し、
米軍普天間飛行場の移設先について
「辺野古以外のところがないとは思わない。
首相官邸で主導して探す努力を続ける必要がある」
と話したそうだ。
鳩山さんは一旦決まっていた辺野古案を
ひっくり返して混乱させ、
最終的には、
昨年5月に辺野古移設で米側と合意したはずではなかったのか。
その人が
人ごとのように「もっと努力を」とは。

そして、一川防衛大臣の情けない姿。
沖縄県知事の前でおどおどし、
「今日はこれまでにしましょう」と
さっさと切り上げられた。
昔のサムライなら即刻切腹しただろう。
なのに、
「職務を全うすることが責任を取ること」と言い、
野田総理は「適材適所」と言っている。
政治家は全員、
起きたまま寝言を言う特技を持っているらしい。

この人たちは
「信なくば立たず」という言葉を知らないらしい。
信用を失った人に
政治はできないのだ。

野田さんは、
みずから「どじょう」と言って
一時の喝采を浴びたが、
どじょうは濁った水の中で世界が見えない
ああ、日本はどこへ行く。





AutoPage最新お知らせ