『ドン・ジョヴァンニ』  オペラ関係

今日は週真ん中の休日。
こういうのは、ありがたい。

おかげで観なければならないDVDを2本観て、
夕方からMETライブビューイングで東劇へ。

今期2作目の「ドン・ジョヴァンニ」。今更説明する必要もない、
モーツァルトの「三大オペラ」の一つです。

ドン・ファンを題材にしたこのオペラは、
あの映画「アマデウス」のサリエリの言葉によれば、
「モーツァルトで最も暗いオペラ」。
モーツァルトの父・レオポルトの死後の作品。
サリエリは、終盤に登場する死んだ騎士長の亡霊に
モーツァルトが父の姿を重ねたのだと見抜きます。
そして、観客の眼前で、
父にモーツァルト自身のことを非難させたのだとも。

実は、METライブビューイングの5年の歴史の中で、
最初の「魔笛」以来、モーツァルトはまだ2本目
不思議でしょう?
ヴェルディやワーグナーやプッチーニは毎年登場しているのに。

つまり、東劇で見るモーツァルトは始めて。
二重唱、三重唱、六重唱を聴いて、
「ああ、モーツァルトだ!」と
ご満悦の3時間半。
なにしろ、モーツァルトの音楽は、
他に類似したものがない
超天才モーツァルトが
人類の歴史の中で
ただ一度地上にもたらした音色。
200年以上経っても色あせない人類の宝です。

マイケル・グランデージの新演出は、
奇をてらわず、勝手な解釈を押しつけず、まとも。
3階建ての装置が開いたり閉じたりしながら、
場面転換もスムーズ。
音楽の邪魔をせず、ドラマを際立たせる。

8人の主要キャストも粒選りで、みんないい。
タイトルロールのマリウシュ・クヴィエチェンは、
腰の故障を克服しての出演。

クリックすると元のサイズで表示します

ドン・ファンらしい美形ではありませんが、
愛嬌があって、チャーミング。
ドンナ・アンナのマリーナ・レベッカ

クリックすると元のサイズで表示します

ドンナ・エルヴィーラのバルバラ・フリットリ

クリックすると元のサイズで表示します

ツェルリーナのモイツァ・エルドマン

クリックすると元のサイズで表示します

みんな美形で、目を楽しませてくれる。

今のオペラ歌手は、
昔のような目を疑うようなデブデブではなく、
ふっくらして色気があるのが嬉しい。

レポレッロのルカ・ピザローニ、
ドン・オッターヴィラのラモン・ヴァルガスが
カーテンコールの拍手が一番大きかった。

もうすっかりMETの指揮はファビオ・ルイージになってしまいましたね。

事務局長、最後の騎士長の石像の場面の音楽がものすごく好きで、
何度聞いたかわかりませんが、
このドン・ジョヴァンニが地獄の業火に引きずり込まれるところ、
盛大に火を使って、
かつてないほどのド迫力。
テーブルクロスに火が移らないかと心配しましたが、
もちろんこれらは不燃材でできています。

今頃紹介で気が引けますが、25日(金)まで
26日(土)からは、
事務局長が現地で観た「ジークフリート」
いよいよ始まります。


日本の先行きと離婚式  

今日は東京都の生衛組合担当部署の2年に1度の指導。
指導と言っても、
全て法令にのっとりまともにやっていますので、
問題はありません。
ただ1点、
実際の運営上、実施することが無理、
というより、組合員に無意味な負担をかけることについては、
三役で相談の上、当面実施しないことに決めています。
そのことを
行政から批判されても、受けて立つ覚悟です。
組合員は毎日店頭で闘っているわけですから、
それを机の上で仕事をしている人たちが
とやかく言っても、
我々が防波堤になるしかありません。

そういうわけで、
今日も事務局長はお役人と応酬。
お役人にへいこらなどはいたしません。


それとは別に事務局長、ちょっと気分が重い
組合でやっている仕組債の発行体の一つが
国際格付け機関によって
格下げされたため。
それ自体で危険性が増した、ということではありませんが、
波紋の大きさを思うと、
気分が重い。


そこで、本日は経済ネタになります。


財務省が21日発表した10月の貿易統計によると、
貿易収支は2カ月ぶりに赤字となった。
額は2738億円で、
10月としては
1979年の現行統計開始以来、
過去2番目の赤字幅。
円高と世界経済の減速で輸出額が減った一方、
原油高などで輸入額が増えたため。


一方、
経済産業省は、
国家戦略会議(議長・野田佳彦首相)に対し、
「産業空洞化が続けば2010年代半ばに貿易赤字に転落する恐れがある」
とするリスクシナリオを提示。
そのシナリオでは、
現行の円高水準が続けば、
「素材産業を含めサプライチェーン(部品供給網)全体が急激に海外移転する恐れがある」
と指摘。
仮に自動車産業の大部分が海外移転した場合、
約60万人の雇用が失われると試算し、
2010年代半ばに
08年度以来の貿易赤字に転落する可能性を示唆。
また、原発が再稼働できない場合は、
火力発電用の燃料輸入が増加し
「来年にも貿易赤字になり得る」という。

2010年代後半には経常収支赤字化の恐れがあるほか、
国債価格の急落や急速な円安など
“日本売り”の加速にも警鐘を鳴らしている。

リスクの根本原因である空洞化を防ぐには
「国内の事業環境を海外と同等にすることが重要」といい、
当面の電力需給対策や法人税率の引き下げ、
貿易・投資相手国との経済連携強化などを提唱している。


経済産業省としては、
相当まともな分析。
しかし、政府は有効な対策を打てないでしょう。
TPP一つ取っても
今のような議論をしているようでは、まず無理。

一方日銀は、
20年も続くデフレに対して、
これも有効な措置ができない。
円高にも無策で、
産業空洞化と貿易収支の赤字化を放置している。
無策なら退くのが筋ですが、
あの「人気のない大学教授のような顔」の総裁は、
平気な顔で居すわっています。

政治も官僚も無為無策
最近、事務局長は
この数年後の日本の凋落をますます危惧しています。


何だか辛い話題なので、
ちょっと気分転換。
今日は11・22で、
「いい夫婦の日」だそうです。
そんな中、「離婚式」の様子を
日経ウーマンオンラインが書いています。

ざっと段取りを書くと、
次のとおり。

・離婚する「旧郎旧婦」入場
・司会の「離婚式プランナー」が離婚に至るまでの経緯を説明
・「仲人」ではなく、「裂人(さこうど)」挨拶
・友人代表挨拶
・離婚届への署名捺印
・「最後の共同作業」として結婚指輪をハンマーで叩き割る
・会食
・旧郎旧婦ふたりの結婚生活の軌跡を振り返るスライドショー
  (デートの写真や、家族でディズニーランドに行った写真など)
・旧郎旧夫退場

悪趣味だと思いませんか?
さぞ参列者は辛かったでしょうね。
中には喪服で出席した方もいたとか。

昔、倉本聰のドラマで
離婚式をやって、
結婚式の時の出席者を集め、
昔、結婚式でいただいた祝儀を返す話がありましたが、
本当に「離婚式」をやっているとは知りませんでした。
「離婚プランナー」はもう100組の離婚式を扱ったそうです。
何をやっても自由ですが、
堂々とするより
含羞と共に
静かに別れていった方がいいのではないかと思いますが・・・


なんだか、もっと辛くなってしまいましたか。



秋の空  

↓の写真は、今朝の空。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに秋空と呼べる素敵な景色を朝から観れただけで、

クリックすると元のサイズで表示します

一日がもうけものだったような気がします。


食肉ギフト券の廃止と払い戻しの過程で、
多少の苦情があったのは、
「どうして、この情報をちゃんと伝えてくれなかったのか」
というものでした。

廃止について、
法律は新聞広告(公告)と店頭での告知を義務付け、
国民生活センターのホームページでの告知、
金融庁での告知等が指導されています。
払い戻し期間も法律では60日でいいところを
組合は3カ月間(92日)しました。

法律の定めに従い粛々としたのに、
それ以上を求めてきます。
お金をかけてテレビCMでも流せというのでしょうか。
今日電話をかけて来た方は、
「パナソニックは欠陥商品の交換をテレビで告知した」
と言っていました。

「持っている人に教えてほしかった」
というのもありました。
我々には、どこの方が食肉ギフト券を持っているか分かりようがありません。
一軒一軒手紙を出して、
「食肉ギフト券をお持ちの方は申し出て下さい」と
通知しろとでもいうのでしょうか。

今年の1月頃、
テレビや新聞が商品券の廃止について大きく報道しました。
それを見なかったのでしょうか。

食肉ギフト券は12年前に発行をやめました。
つまり全ての食肉ギフト券が、
12年以上前の券です。

「時効」にはいろいろな意味がありますが、
「権利を持っていても、
一定期間行使しなければ、
権利は消滅してしまう」

という意味もあります。

今日電話があった方は、
「前は使用する必要がなかったが、
年金生活するようになったので使ってみようと思った
使う時期が来たのだ」
と自分の事情を主張しました。
「使えるお店が自分の行けるところでは1軒しかなかった。
だから使わなかった」
とも言いました。
ならば、その1軒に行ったらよかったのではないかと思いますが。

自分の怠慢を棚に上げて、
相手に要求だけする。
これが戦後教育の成果というものかもしれません。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

我が人生の師、賢人・曽野綾子さんの本。

新書判なので、軽く読めるが、内容は濃い

引用したら、きりがないので、
一カ所だけ。

何をしても自由だ、とうそぶいている若者たちが増えているというが、
それは世間を知らない子供の判断である。
「したいことをするのが自由ではない。
人間としてするべきことをするのが自由なのです」
と以前一人のインド人の神父がはっきりと言ったことがある。
しかもすべきことを、気張ってやるのではなく、
普通にさりげなくする、というのが、
私は好きである。
すべきことをしただけでそれを吹聴したり、
いちいち褒められることを期待するのは、
幼稚というものだ。
私もどんなことでも普通にする人間でいたい。
すべきことをした人に外部の者は深い感謝を忘れず、
一方すべきことをした人は
「なあに当然のことです」
と淡々としている、という姿は、
この上なく端正で美しい。
こういう人間関係が社会に行き渡ったら、
多分平和で骨格の正しい国家ができるのである。


オペラ『古事記』  オペラ関係

この週末は、
やや異常な過ごし方を。
金曜夜から始めて、
映画を6本、オペラを1本
評論家ではないので、
こんな無茶をすることはないのですが、
諸般の事情で、こうなりました。


本日は、上野へ。
少し早く着いたので、
ちょっと散策。

↓昔、この階段ではイラン人が再生テレフォンカードを売っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

将棋や占いの人。

クリックすると元のサイズで表示します

↓似顔絵書きの方。

クリックすると元のサイズで表示します

↓上野の山には猫が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

来年3月になると、
ここの桜が満開になります。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は自粛でしたね。

足は、いつもの弁天島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

蓮は、随分伸びて、枯れています。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンバーガーって?

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど、こんな形か。

クリックすると元のサイズで表示します

現在、ゴヤ展を1月まで開催中。

クリックすると元のサイズで表示します

やって来たのは東京文化会館。

クリックすると元のサイズで表示します

先日「ここに来ることはもうないだろう」
と書きましたが、早くも来てしまいました。

実は、東京文化会館、
出来てから50年になります。
ということは、1961年ですか。
まだ事務局長は中学生でしたね。
それから50年。
新国立劇場が出来たとはいえ、
今だに日本のオペラやクラシックの公演会場として
第一線にいるのは、たいしたものです。

中の様子。↓

クリックすると元のサイズで表示します

その50周年記念フェスティバルで上演されたのが、↓これ。

クリックすると元のサイズで表示します

黛敏郎作曲のオペラ。
日本発と、言えないところが辛いのですが、
オーストリアのリンツ州立劇場の委嘱作品。
1996年5月24日に初演され、
まだ世界でも7回か8回しか上演されていない。
日本では演奏会形式で上演されたことはありますが、
完全の形では日本初演

黛敏郎のオペラはこの他に
ベルリン・オペラが委嘱した「金閣寺」(1976年初演)があり、
どちらもドイツ語の作品。
どうして日本の文部省が委嘱した作品がないのでしょうね。

黛敏郎といえば、
映画「東京オリンピック」(1965)の音楽が素晴らしかった記憶があります。
ジョン・ヒューストン監督の「天地創造」(1966)の音楽も黛敏郎が担当しました。
全編音楽が鳴り続ける映画でした。

ところで、「古事記」というのは、
今、学校で教えているのでしょうか?
きっと「神話」だとか「天皇制」がどうのこうのとか、
「宗教教育」だとか言う人がいて、
まともに教えてないんでしょうね。
昔、東宝で「日本誕生」(1959)という映画がありましたね。
ヤマトタケルが主人公ですが、
古事記の世界が織り込まれていました。

今回のこのオペラは、

イザナギ、イザナミによる「国生み」と黄泉の国への妻の探訪。
スサノオの狼藉によりアマテラスが姿を隠す「天の岩戸」
スサノオの八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の退治。
アマテラスとスサノオの和解とニニギノミコトの天孫降臨。


ここまでで
休憩を除き、正味1時間半。
いかにも短い。
ストーリーを追うだけで、
人間的葛藤もドラマもない。
あと30分、いや1時間長くして
みっちり人間を描き、音楽も高揚していいのではないか。

そういう意味で、食い足りない。
歌手の力量は触れるまでもない。

終わると「よかった!」「面白かった!」「楽しかった!」と
隣席の小母様たちが言っていましたが、
客席は埋まっていましたので、
おそらく、製作側も「大成功」と打ち上げをするのでしょう。
だから、進歩がない。
井の中の蛙(かわず)。
ワーグナーの「ニーベリングの指輪」を観た後でも
「大成功」と言えるなら、
よほど身びいきの人たちです。

今回の上演の意義は買いますが、
ここから前に進まないと。

それにしても観ながら「旧約聖書」や「オルフェ」や「ジークフリート」を想起。
世界にある神話の類似性は一体どこから来るのでしょうか。
学生の頃、
そのことを書いた「衝突する宇宙」という本を読んだ記憶があります。


↓のニュースでオペラ「古事記」の一部を見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=fQ-ytyfUslE



利率上昇とヤンキー先生のパーティー  

昨日、利率が1豪ドル=77.79円で決まった、
と書きましたが、
今日の証券会社の連絡では、
1豪ドル=77.82円だったそうです。
この違いは、
事務局長はFXの画面を見たからで、
正式にはロイターの午後3時の画面の為替。
その結果、わずかですが、
6663円ほど利息が増えました。
逆でなくて、よかった。

今日来た証券会社の営業の方は、26歳。
若さにタジタジですね。
この証券会社は前任者も
ほぼ同世代の方でした。
今は退社して、
ニュージーランドに行っているそうです。
今年の東日本大震災で人生観が変わって、
若いうちに
したいことをしておこう、
ということになったようです。
いいですねえ、そんなに若いうちから外国住まいとは。

夕方からは、
増上寺の前を通り、

クリックすると元のサイズで表示します

東京プリンスホテルへ。

クリックすると元のサイズで表示します

背後の東京タワーが美しい。

義家弘介(ひろゆき)参議院議員(ヤンキー先生)の政治パーティー。

クリックすると元のサイズで表示します

今年で2回目です。

↓このような会場。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山の来賓が来られましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

何と言っても、安倍晋三元総理が一番。

クリックすると元のサイズで表示します

義家議員も、
「私にとって、総理は安倍先生だけ」
と言っていましたが、
本当に、この方にはもう一度首相をしていただきたい。

佐藤ゆかりさんもおいでになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

中川秀直元幹事長。元気ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

この方にももう一度活躍していただきたい。

来賓の話の中で、
委員会で「おかしいではないか」
問題提起する義家議員の姿が浮き彫りにされました。
事務局長と同じ体質のようです。
ある議員の交通費の使い方を「おかしいではないか」と指摘したくだりは、
全国団体の長の交通費について「おかしいではないか」と噛みついた自分自身を
思い出して、しばし苦笑。

前にも書きましたが、
正論を言う人物を大切にしないと
組織は腐っていきます。

慣習としがらみにがんじがらめになった国会を変えるのは、
やはり「おかしいではないか」と声をあげる人です。

最後に↓義家議員が教育について、熱く語ります。

クリックすると元のサイズで表示します

「GHQが日本の教育を駄目にするのは、簡単だった。
責任、というものを抜き去ればよかったのだ」


クリックすると元のサイズで表示します

というのはまさに卓見。
そのために日本中が上から下まで責任から逃げるようになりました。
事務局長はこれを「責任取りたくない症候群」と呼んでいますが、
責任を感じたら腹を斬った
武士道の精神はどこに行ったのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長は元々前向きな人なのに、
最近では、
「日本が駄目になるのを見たくなかったら、
長生きしない方がいい」
と過激なことを言っていますが、
今のままでは、
5年後、10年後の日本の姿が恐ろしい。
その建て直しは教育しかありませんが、
65年かけて骨抜きにしたものを
元に戻すには、
倍くらいの年月が必要になります。

あとは、おなじみの風景。

クリックすると元のサイズで表示します

世界の半分は飢えているのに、
この幸福を日本人は感じていない。

クリックすると元のサイズで表示します

↓おみやげは、昨年好評(多分)だった、「パンの缶詰」

クリックすると元のサイズで表示します

乾パンではなく、本当のパンが入っています。

クリックすると元のサイズで表示します

今年はメープル味。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しい方は、↓をクリック。

http://www.panakimoto.com/everfreshbread/index.html

↓義家議員の新しいパンフレット。

クリックすると元のサイズで表示します

新しい選挙区(神奈川第16選挙区)も書かれ、
次回は参議院から衆議院に鞍替え
その決意が書かれたパンフレットでした。







AutoPage最新お知らせ