利率決定と『ジェノサイド』  

仕組債の発注をしたために、
証券会社の人が続々と事務所を訪れていますが、
年齢を聞いて愕然。
娘と同じ年頃です。
証券界は30歳前半の人たちが活躍してるんですな。
それにしても、
このくらいの年齢の人と話が弾む事務局長は、
若いのか、それとも幼稚なのか・・・。


本日、午後は、
生衛組合の1億円の仕組債の利率が決定する日。
↓のように、1豪ドル=77円79銭で決定

クリックすると元のサイズで表示します

今日1日の動きは↓のとおりで、

クリックすると元のサイズで表示します

一度下がった豪ドルが回復してラッキー、と見えますが、
3〜4日の動きで見ると、
↓のとおり、下がったところでの決定だと分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと長いスパンで見ると、↓のとおり。

クリックすると元のサイズで表示します

為替介入の効果が薄れたようです。

それでも利率は5.47706829%で、
547万円ほどの利息を稼げました

2週間ほど前ならもっとよかったのですが、
贅沢を言ってはいけません。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

プロローグはホワイトハウス。
米国大統領バーンズは、
朝の会議で、
「人類絶滅の可能性
 アフリカに新種の生物出現」

という報告を受ける。
これをバーンズは、たった2分の議論で総括する。
「こんな下らない話は、シュナイダー研究所に任せておけ」。

このプロローグに続き、
南アフリカ共和国のケープタウンに
4人の傭兵が集められ、
極秘の作戦に従事する。
コンゴのピグミーの集団を殲滅しろ、という命令だ。
リーダーのイエーガーは、
リスボンで不治の病で苦しむ息子の治療費を稼ぐために
作戦に参加し、訓練を受け、他の3人の傭兵と共にコンゴに潜入する。

一方、東京の大学院で薬学の研究をする古賀研人は、
病気で急死した大学教授の父親が死後に発信したメールを受け取る。
メールにより、研人は、
町田市の壊されそうなアパートの一室にあった父の秘密の研究室に誘導され、
そこで二つのパソコンを与えられ、
中にあった特別なソフト「GIFT」によって
人類未踏の新薬開発に従事し、
警察に追われることになる。

更に、ワシントンDCのシュナイダー研究所に勤務するルーベンスは、
「新種の生物の出現」を分析し、
対応するための作戦を立案し、
大統領と駆け引きする。

というわけで、
コンゴでの殲滅作戦と、
東京での新薬開発と
ワシントンでの大統領の動きが
相互に絡み合い、発展し、
中盤から、思いもかけない
地球規模の、さらに生物進化規模の重大問題になってくる。

その背景にあるのが「ハイズマン・レポート」という存在で、
ある時点から情報局の手で、
その存在そのものが抹消されてしまうのだが、
手に入れた古賀研人は、
その内容に分け入っていく。

シュナイダー研究所の首席研究員ハイズマンは、
このレポートで、人類の絶滅要因について分析しており、
その1は、宇宙規模の災害
その2は、地球規模の環境変動
その3は、核戦争
その4は、疫病:ウィルスの脅威及び生物兵器
そして、その5として、
「人類の進化」が挙げられている。

人類の進化とは何なのか、
どうしてそれが人類絶滅の要因になるのか、
アフリカの「新種の生物」とは何なのか。
コンゴのピグミーの集団殲滅作戦がどう関与するのか、
更に、東京で進められる新薬開発は何のためか。
作戦を指導するアメリカ大統領は、どう判断するのか。
更に、この全体像を俯瞰し、
導こうとしている背後にある力とは何なのか・・・

後は、読んでのお楽しみ。

この1年間に読んだ小説の中で最も面白かった、と断言していい。
ただのエンターテインメントでは終わらず、
人間とは何か、
人類の未来はどうなるのか、
なぜ暴力があり、戦争があるのか、
それでも人類が滅びない要因は一体何なのか
等々、相当大きな問題に発展している。

要所要所に出て来る人間の配置も的確、
人間もよく描かれていて、
一瞬も遅滞しない。
特にアフリカ脱出と新薬開発の時間との闘い
手に汗握る。

もちろん好みがあるだろうし、
戦闘シーンの残酷さはちょっと女性向きではないかもしれない。
だが、
小説というものは、
こういう架空の話をリアリティでくるんで見せ、
未知の領域に引き上げ、
最後には爽快感を与えるもので、
読んだ後の充実度は何にも代えられない。

特に事務局長は本の中に出て来る、
ティヤール・ド・シャルダンの思想に傾倒した時期があり、
宇宙の創世、地球の誕生、生命の発生、
進化の行方、人類の特殊性、その到達点は・・・
等は、学生の頃からの関心。
それがこの本の中で見事に物語化されていたので、大喜び。

作者の高野和明は、
「13階段」で江戸川乱歩賞を取った人。
「13階段」はそれほど感心しなかったが、
こんなスケールの大きい作品を書ける人になっていたとは。

先の直木賞の候補で、
「下町ロケット」敗れたが、
どうも直木賞選考委員は、
この手の作品を評価しないようだ。
様々、破綻も矛盾もご都合主義もあるので、
そこを嫌われたのか。

是非、アメリカで映画化されることを期待したい。


というわけで、
先の直木賞候補の5作品を読み終えた。
事務局長のランキングは、

1位:高野和明「ジェノサイド」
2位:池井戸潤「下町ロケット」
3位:葉室麟「恋しぐれ」

島本理生「アンダスタンド・メイビー」、
辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」
は、中高生が主人公で、
とても読み続けられずに放棄
この年代の青少年の悩みなど、
よほど叙情性高くやってもらわないと、
大人の鑑賞には耐えられない
この手の小説が多く、
また過大評価されすぎていないか。


仕組債の発注と異業種交流  

仕組債を発注。
なにしろ4年ぶりなので、
当時の証券会社8社の担当者も代わっており、
中には電話番号そのものが使われていない。
ということは、
この間の「営業」をしていなわけですから、
そういう不熱心なところは除外。

残りの各社に連絡すると、
1社は事前に口座を作らないといけないというので、
これも除外。
その後の情勢で内部統制が厳しくなっているのは分かりますが、
商品を買うか買わないか決めてもいないのに
取引相手として適正かどうか審査するというのは、
大会社の傲慢というものでしょう。

残りのうち1社は
今の状況では為替連動型のパワーデュアル債は作れない、
というので、パス。
他の証券会社は作っているので、
お客様の注文に対応できない、
というのも情けない話です。

というわけで、
今回はこじんまりとしたコンペ。
さて、1週間後にどんな提案が出るか、楽しみです。


帰りは↓銀座に出て、

クリックすると元のサイズで表示します

↓こういうお店に。

クリックすると元のサイズで表示します

名前で分かるとおり、沖縄料理のお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

店内はこんな感じで、

クリックすると元のサイズで表示します

石垣が

クリックすると元のサイズで表示します

竹富島らしさを出しています。

クリックすると元のサイズで表示します

実際の竹富島の写真は、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20091205/archive

食肉業界とは違う異業種の集まりで、
来年、みんなで旅行をしようという企画会議。

海ぶどう、ゴーヤーちゃんぷる、ラフテー(豚の角煮)など、
沖縄料理のオンパレードでしたが、
後で気づくと料理の写真を撮るのを忘れ、
おまけに書類を忘れて後戻り。
南国気分でのんびりしてしまったようです。

カミさんと一緒に八重山諸島の旅をしたのは2年前。
暖かい場所が恋しい季節になりました。




完了報告  

今日から
寒くなり始めました。
いよいよ冬が近づいています。
この時期の夕方の
物寂しい感じが
事務局長は少々苦手です。


平成20年度以降4年間もなかった
仕組債の解約があって、
早急に1億円分を一つ作ることになりました。
明日から証券会社のコンペを進めることになります。
良いものが出来ればいいのですが。


一方、
各県の食肉ギフト券の払戻し完了報告の提出状況を確認。
既に半数が提出済みで、
残りも今週末、
一番遅い県でも月末には提出します。
全組合が提出したのを確認して、
昭和59年以来続いた28県の相互流通も終了。
具体的には
「統一協定」というものの解消を宣言することになります。
長い歴史の一つが終わり。
事務局長は食肉ギフト券の発行当初から関わっておりますので、
一つの事業の幕引き
良いタイミングで実行することができました。


東京組合も、本日、東京財務事務所に報告書を提出。
書類は受理されましたが、
事務局長は猛烈に怒って帰って来ることになりました。
というのは、
担当官が時効に対する解釈で珍説、
時効というものそのものが成立しなくなる超珍説を唱え、
かつ固執したからで、
国民の税金で給料をもらっている
専門官であるべき人が、
中学生が考えても分かる理屈が理解できない。
しかも、最後になると、
「金融庁の意向を伝えたでけです」と開き直る。
実際に生産活動に従事したことのない人間が
机の上で考えた思考を押しつけて来る。

こういう時、
事務局長は俄然挑戦的になってしまうので、
激しい言葉を応酬して帰って来ました。
公僕であるべき公務員が
勉強もせずに間違った理論を振りかざしてし
民間の人間を惑わす。
日本は政治も駄目だが、
官僚も駄目で、
前にも書きましたが
「長生きして日本の凋落を見るくらいなら、
早く死んだ方がいい」

と改めて感じさせられました。

という精神状況でしたが、
帰宅途中、
カミさんと待ち合わせて、
焼肉屋へ。
このお店は3周年の感謝で、
主要なものを1週間限定で半額に。
この手のクーポン券のたぐいに弱い事務局長は、
やはりでかけてしまうわけですね。
↓の数々を食べて、

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

愚かなお役人のことは忘れました。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしい食べ物は、

クリックすると元のサイズで表示します

最も有効な精神安定剤です。

クリックすると元のサイズで表示します


ニューヨークの写真  

今日は、無事新聞入稿
明日には発送となり、
16日には組合員さんのお手元に。
今回は「組合10年改革」後編が載っていますので、乞うご期待。

「食肉ギフト券」の払い戻しが終わり、
数字が固まったので、
完了報告を作成。
他の県でも半分位が報告を終えているようです。
現在、各県組合の現状報告を収集中。


〔ニューヨーク便り〕

今回撮った写真の中から面白いものを掲載。

マンハッタンの南の方、
イーストビレッジやロウアー・イーストサイドなどに行くと、
いろいろと面白いお店があります。

クリックすると元のサイズで表示します

昭和30年代の日本の映画ポスターの趣。

クリックすると元のサイズで表示します

外人が見たら、

クリックすると元のサイズで表示します

何のことか分からんでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

「せたが屋」。なら、「しぶ屋」もありそう。

クリックすると元のサイズで表示します

トーフ専門店。商売になるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

入れ墨の店。

クリックすると元のサイズで表示します

ビルの上に人が。

クリックすると元のサイズで表示します

何のビルなのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

角度を変えて見ると、こんな。

クリックすると元のサイズで表示します

時計の文字盤がめちゃくちゃです。

クリックすると元のサイズで表示します

1アヴェニューと1ストリートの交差点。珍しいから撮りました。

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄構内では、
こんなパフォーマンスが。

クリックすると元のサイズで表示します

電気ヴァイオリン。CDを買ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

この店は、昔はトイレだったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルの向かいのビルに映る夕日。

クリックすると元のサイズで表示します

これもホテルの窓から。

クリックすると元のサイズで表示します

いつも不思議に思うのは、JFK空港からマンハッタンへのバスの貧弱さ。
出たところにあるバスは8つのターミナルを回っても10人位しか乗りません。
行き先はグランドセントラル駅とペンステーション、
それにポート・オーソリティ・バス・ターミナル。
成田のリムジンバスの見事なシステムに比べて超貧弱。
つまり、ほとんどが車で、バス利用者が少ないらしい。
料金は大人15ドル50セント。往復割引あり。
タクシーだと70ドル位取られますから、割安。
シニア(62歳以上)は12ドルで、
知らないと損をします。

↓はバスターミナル脇のJFK行きバスの停留所。

クリックすると元のサイズで表示します

道端にあります。みんな、
「本当にバスが来るんだろうか?」
と不安を抱えながら待っています。
この朝は全員がターミナル7だったので、
他のターミナルに寄らずに直行。
30分で着きました。

空港の時計が1時間遅れており、
ロレックスのくせに、と思っていると、
搭乗時間になったのに、ゲートが開かない。
そこで、はた、と気づきました。
今日はサマータイムの切替日
アメリカのサマータイムは、
3月の第2日曜日午前2時〜
11月の第1日曜日午前2時まで。
それで、時間が1時間後ろにずれたのです。
忘れていました。
前にも一度経験しているのに。

↓は、その写真。

クリックすると元のサイズで表示します

左の腕時計と1時間のずれがあります。
逆でなくてよかった。
開始日だと、1時間進みますから、
飛行機に乗り遅れる人が出ることでしょう。

3月と11月に旅行する方は要注意。


アニメ50傑  映画関係

久しぶりの休日、2日間、
ゆっくりさせていただきました。
いくらでも眠れます。
午後からは、いつもの浦安万華郷に行って、
温泉につかり、
たっぷりマッサージをしてもらいました。

明日からリニューアル・スタート。


ところで、
イギリスの映画雑誌『Total Film』誌が、
「史上最高のアニメ映画50本」
というのを発表しました。
ベスト30は以下の通り。

1.「トイ・ストーリー」(95)
2.「千と千尋の神隠し」(01)
3.「美女と野獣」(91)
4.「白雪姫」(37)
5.「AKIRA」(88)

6.「となりのトトロ」(88)
7.「サウスパーク/無修正映画版」(99)
8.「Mr.インクレディブル」(04)
9.「戦場でワルツを」(08)
10.「ジャングル・ブック」(67)

11.「シュレック」(01)
12.「火垂るの墓」(88)
13.「ロジャー・ラビット」(88)
14.「アイアン・ジャイアント」(99)
15.「ファンタスティック・プラネット」(73)

16.「アラジン」(92)
17.「ウォーリー」(08)
18.「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(93)
19.「ファンタジア」(40)
20.「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」(78)

21.「ライオン・キング」(94)
22.「ファインディング・ニモ」(03)
23.「ダンボ」(41)
24.「スキャナー・ダークリー」(06)
25.「PERFECT BLUE」(97)

26.「もののけ姫」(97)
27.「ペルセポリス」(07)
28.「ファンタスティック Mr.Fox」(09)
29.「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(05)
30.「眠れる森の美女」(59)

日本アニメの健闘が分かります。

31位以下でも、
35位「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊
37位「風の谷のナウシカ
46位「ハウルの動く城
が入っています。

あれ、「モンスターズ・インク」は?
「天空の城ラピュタ」は?


一方、
ミュージカル「レ・ミゼラブル」の映画化が進んでいるそうで、
配役は今のところ、下が予定されているらしい。

ジャン・バルジャン → ヒュー・ジャックマン
ジャベール警部 → ラッセル・クロウ
ファンティーヌ → アン・ハサウェイ
テナルディエ → ジェフリー・ラッシュ
テナルディエ夫人 → ヘレナ・ボナム・カーター

監督 → トム・フーパー(「英国王のスピーチ」)


ホントかね。
出来上がってみたら、
全然違う人だった、
というのはよくありますから、
どうなるかは終わってみないと分からない。
それにしても、オーストラリア映画みたいですね。
じゃあ、ニコール・キッドマンと
メル・ギブソンも出るか。





AutoPage最新お知らせ