スクープ!?  

スクープ、というほどではありませんが、
最新のニュースをお届けします。
それは、
芝浦の
東京食肉市場で全頭検査の体制が整ったこと。
9月5日(月)と畜分から全頭検査を開始

と畜後に枝肉から試料の肉を取り、
検査会社が取りに来て、
翌朝5時までに検査結果が出て、
セリに間に合わせる。
「測定結果報告書」は、
枝肉に添付され、
コピーして部分肉にも添付される。

前に検査に時間がかかる、
と書きましたが、
これは簡易検査で、
肉にある放射線量を調べるだけなので、
迅速に対応できます。
一定の数値以上の放射線量が出たものは、
精密検査に回すやり方。

この検査を通過したものは安全。
つまり、
「芝浦から出荷される牛肉は、
全て検査済で安全だ」

と消費者に言明することが出来ます。

BSEの時に「全頭検査」が
「安全宣言」につながったことから、
このたびのセシウム問題では、
業界からも消費者からも「全頭検査」の要請が高く、
検査機器の価格や大きさから
設置は事実上困難でしたが、
簡易検査という方法で切り抜けたわけです。
実際的には、
放射性セシウムの含有量など数値で出なくても、
放射線量だけ分かればいいわけで、
この方法を手配した市場会社に、「あっぱれ」をあげたい。

このことは昨30日に関係会社に通知されたのに、
まだ新聞報道はされていません。
それは、プレス発表をしてないからで、
せっかく消費者に安心感を与えるチャンスなのに、
もったいない。
そこで、許可を得た上で、
事務局長独自にマスコミへのアプローチを開始。
市場会社もその後やったようですから、
明日は新聞、
少なくとも業界紙には掲載されるはずです。


ついでにもう一つ。
開催が危ぶまれていた
「東京食肉市場まつり」は、開催
することになりました。
今年の主役銘柄は「岩手牛」
まさにストライクゾーン真ん中で、
来場した消費者に安全性を訴えるいいチャンスになります。
そこで、
全頭検査をしていることを伝えるチラシを当日配りましょう、
という話が進行中です。

国による出荷規制も解除され、
全頭検査の体制も整い、
こうして一つ一つ終息に向かいつつあることが実感されています。

もちろん、
どこよりも早く、支部と役員には伝達。
業界の方にとっても、消費者の方にとっても、いいニュースでした。





AutoPage最新お知らせ