払戻し始まる  

今日は、
全国団体の会長が組合においでになりました。
新任の事務局長も一緒です。

用件は、
今後、福祉共済の加入促進を進めることになり、
その協力要請を含めた表敬訪問。
加入促進の詳細や
各県ごとの目標は、
ブロック(全国を6区域に分けたもの)で詳細を検討するようです。

事務局長からは、
いくつかの点について要望しましたが、
要望への対応姿勢によって                            
新会長、新事務局長の「本気度」が測られます。


遅ればせですが、
「食肉ギフト券」は、7月31日をもって廃止となり、
払戻しの手続きが開始されました。

↓は、8月1日の毎日新聞全国版に掲載されたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

5段2分1と、
この手のものでは大きいサイズ。

と同時に、各店舗でのポスターの掲示も始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

↓本部の事務所にも。

クリックすると元のサイズで表示します

国民生活センターのホームページにも掲載され、
金融庁のホームページにも載っています。

新聞の効果かポスターの効果か、
昨日(2日)には、
払戻し希望者の郵送が2件。
随分早いですね。

今日になって、新たな事態が。
間違えて「お肉のギフト券」を送って来る方がいます。
予想はしていましたが、
まさかこんなに沢山。
しかも、はるか遠くの県の方がなぜ東京へ。

中には、
たった1枚の「お肉のギフト券」を
簡易書留で送って来る方も。
書留代は組合の負担となりますが、
それにしても・・・
今日届いたということは、
1日か2日に発送したはず。
ならば、7月31日までにお店で商品と取り替えればいいのに。           
いろいろな人がいるとは思いますが、
多少理解を超えることも。

先日も市場内の会議で、
「ギフト券、終わるんだって?」
と聞かれ、そうだと答えると、
「手元にあるんだけど」
「お店で買い物して下さい」
「近所に加盟店がないんだよ」
「8月になってもお手元にあるようでしたら、
組合で払戻しますよ」
という会話があり、
その方が今日、事務所に来ました。
見ると、
「お肉のギフト券」。
「ギフト券、終わるんだって?」
と訊かれれば、
こちらは食肉ギフト券のことと思いますが、
先方は区別がつかなかったわけです。

この上は、
「払戻し申込書」のよく分かる場所に、
『ご注意:「お肉のギフト券」は払戻しの対象ではありません』という
文言を入れる他ないようです。


ところで、円高が止まりません。
今朝の新聞には、こんな記事が。

日銀も追加金融緩和の実施に向けた検討を始めた。

政府は、大規模な円売り介入の準備を進める。

日銀は4、5日に開く金融政策決定会合で、
追加金融緩和の是非を
議論する。

やれやれ。
たまには、
「おっ、早いな!」
と驚かせて下さいよ。





AutoPage最新お知らせ