紳助引退と『ブレイン・ドラッグ』  

常務会と新聞までの狭間、
せっせと引き継ぎのための資料作りをしています。
誰が読んでも使える引き継ぎ資料を、
と大それたことを考えてしまったので
神経を使います。


巷は島田紳助の突然の引退にわいています。
細かいところで不明な点はありますが、
芸能人が暴力団と関わってしまったのは不注意。
それに対して「もっとも厳しい処罰」を自ら課したのは、
偉いといえば、偉い。
拉致犯罪者の関係団体に献金したり、
政治献金をマンション建築に使っても
言い訳ばかりしている
潔くない人たちとは全く違います。

伸介の才能を惜しむ人はいますが、
どんなに才能があっても、
反社会的な団体と関わればこうなる、
という一つのお手本として、
甘い対応はしない方がよろしい。


もう一つ巷では
新しい首相選びが注目されていますが、
これだけ毎年国のトップが代わるというのは、
やはり制度そのものがおかしいからなので、
解散や内閣改造という
他国に見られない
不思議な慣行を改善することから始めなければ、
同じことが繰り返されるでしょう。

自分で自分を改革する、
これほど難しいことはない。
でも、やらないと、日本が持ちません。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

映画「リミットレス」の原作。
実は、この映画、
飛行機の中で観た。
面白い。
半分を過ぎて、ロバート・デ・ニーロが出て来て、
さあ、どうなることか、
と思ったところで、
着席態勢に入り映画、終了。

調べてみたら、
アメリカでは3月18日の公開で、
初登場第1位。
「ハングオーバー」でブレイクした
ブラッドリー・クーパーの主演なのでヒットしたらしい。

日本での公開は10月頃。

で、待ちきれなくて原作を読んだ次第。

売れないライターのエディは
自堕落な生活を送っているが、
ある時、町で偶然、
別れた女房の弟ヴァーノンに出会い、
一つの錠剤をもらう。
MDT−48という未発売のその薬は、
脳の能力を活性化する薬だという。

試しにエディが飲んでみると、
脳の使っていない部分が動き始め、
あっという間に本を書き上げてしまった。
何カ月たってもできなかった仕事をこなし、
それ以外にも脳味噌が何十倍のスピードで回転している。

もらった名刺でヴァーノンを訪ねていくと、
何かトラブルに巻き込まれている様子で、
買物を頼まれたエディが戻って来ると、
頭を撃たれて死んでいた。
隠されていた大量の薬を発見したエディは、
それを非常階段に隠し、
警察の取り調べを受けた後、
戻って回収する。

その後、エディはMDT−48を飲み続け、
書籍は短時間に読破、
イタリア語もしゃべれるようになり、
世界で起こる全ての事象の本質を見抜き、
デイトレードの株の売買で大儲けをし、
経済界の大物と知り合って、
大会社の合併に関わって、
莫大なカネを稼ぎ、
マスコミの注目を浴び、
時代の寵児になりかける。
(そんな人がいましたね)

しかし、
次第に薬の副作用があらわれ始めて・・・

という面白い話。
エディが飲んだ薬は
記憶や集中力や学習能力を高める
「スマート・ドラッグ」の一種だという。
大脳皮質に作用して、
知性に作用するステロイド剤、
頭のバイアグラとも言われる。

そんな薬があれば飲んでみたいものだが、
実は、MDT−48は、
実験段階で副作用が発見されて、
製造は断念されていた。
エディが飲んだのは、
そんな薬だった。

アラン・グリンの処女長編。
アメリカの証券業界と製薬会社の新薬開発という
現代的なテーマを織り込んだエンターテインメント。
解説が「下町ロケット」を書いた池井戸潤というのもなかなかタイムリー。
(もっとも、この文庫本の初版は7年前)

映画は、薬を飲んだ後の映像処理が大変すぐれていた。


もうすぐ10周年と『コクリコ坂から』  

今、セシウム問題で業界は苦しんでいますが、
あと半月もすると、
BSE10周年になります。
『東京食肉新報』では、
その10年をたどる特集をしようと思っています。

今日からその準備を始め、
理事と支部長に意見を求めるFAXを送りました。
既に何枚か回答が来ていますが、
これからどんな回答が集まるか楽しみです。


〔映画紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

昔、新聞の投書欄で、
「モスラ」の不細工なリメイク(1996)に対して
「モスラ、感動をありがとう」という賛辞を読んだ。
また、山田洋次の押しつけがましい駄作「虹をつかむ男」(1996)
のラストシーンを観るたびに、
毎回泣いてしまう、
という人の話を聞いた。

それ以来、
映画についてはあまりけなさないようにしている。
人の受け取り方は様々だから、
好きな映画をけなされれば、嬉しくないだろうから。

この紹介欄でも、
お勧めの映画は紹介しても、
駄目な作品は紹介しないようにしている。
映画を愛する者として、
わざわざ観客を減らすようなことをしても仕方ない
と思うからだ。

だから、この欄でけなす映画は、
よほど腹に据えかねた時だ。

その据えかねた一作がこれ。

もともと「ゲド戦記」がひどかったので、
この監督(宮崎吾朗)の作品を観る気はなかった。
だが、先日の映画鑑賞サークルで、
事務局長の世代が観たらいい映画、
と勧められたので、観てみた。

1963年の横浜が舞台。
その頃事務局長は高校生だったから、
まさに主人公の男女と同じ世代だ。

懐かしい風景や小道具や音楽は随所に現れる。
だが、乗れない。
話がつまらない。
同じ高校に通う先輩と後輩の恋。
出生の秘密。
高校のサークル室となっている古い建物の
取り壊し騒動。
全くどうでもいい話だ。

しかし、どんなつまらない話でも
描き方で映画は輝く。
しかし、そうはならない。

一番の欠点は、
アニメは絵が命なのに、
その絵に魅力がない
背景画はいいが、
人物の表情、動きが全く駄目だ。
みんな同じ顔に見える。
精彩がない。
絵に驚きもない。

映画は監督のセンス、というのが事務局長の持論だが、
早い話が、センスがない
「ゲド戦記よりはまし」
と言われるが、
本質的な部分は何も変わっていない。

音楽も押しつけがましい。
「上を向いて歩こう」がテレビの中から流れるのはいいが、
背景音楽として使われるとなると、その音楽的センスを疑う。
「さよならの夏」は森山良子の歌は透明感があって、
ロマンを感ずるが、
手嶌葵の歌声は、これに及ばない。

「白い花の咲く頃」などという古い歌(昭和25年)を
男子高校生が肩を組んで
体を揺らしながら合唱する文化なんて、
本当にあったんだろうか。

物語作りとしては、不親切なところが多すぎて、
たとえば女の子が毎日掲げる信号旗の意味が
「安全な航行を祈る」だとは、
専門家にしか分からないだろう。
この信号旗が、
沈没して死んだ船員の父に対する思いになっているのだから、
その意味が分からないと、伝わらない。

主人公の女の子の名前は「海」といい(妹は「空」)、
友達はみんな「メル」と呼ぶ。
フランス語の「海=ラ・メール」から来るのだが、
二つの呼び方で
観客は混乱するだろう。

父たちの世代の三人の親友たちが出て来るが、
主人公・俊の父親がその一人だと
間違わせるような作りになっている。

そして何よりも犯罪的なのは、予告編
主人公の男女の間にある秘密を
予告編であらかじめバラすとは、何事か。
ドラマの中核ではないか。
おかげで、心が惹かれ合っている男女が
次に何を悩むかが分かっていて、
興をそぐことはなはだしい。
こんな予告編を作ること自体がセンスがない。

宮崎駿の脚本のしたいことは痛いほど分かる。
しかし、映像がついてこなければ、
良い映画にはならない。

前の「ゲド戦記」の評でも書いたが、
監督の世襲制などあり得ない。
ジブリは「宮崎商店」ではないのだ。
これほど信用が付き、
ジブリというだけで観客を呼べるのだから、
そこには社会的責任が生じている。
ならば、息子になど
監督をさせてはいけない。
それでも、その息子が素晴らしい作品を作れば、
「さすが、蛙の子は蛙」になるのだが、
残念ながらそうではなかった。

息子に監督をさせることによって、
技術も才能も志もある若者の
活躍の場を奪ってはいないか

宮崎駿というより、
鈴木プロデューサーは反省すべきだ。

5段階評価の「2.5」

「ゲド戦記」の感想は、↓。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20060816/archive


円高と代表選と帝国ホテル  

先週金曜日の急激な円高の進行は、
日本の通貨当局者の発言を
ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えたことが原因らしい。

「通貨当局者」とは、
財務省の中尾武彦財務官で、
「円を特定の水準に誘導するための
持続的な為替介入を実施する計画はない」

とインタビューで答えたことが報道された途端に
ニューヨーク市場で円が急騰した。

このところ、
米ドル/ 円相場を支えていたものの1つは介入警戒感であったのに、
中尾財務官の発言により、
この心配がなくなったわけで、
だから、円が買われた。

前に仙谷官房長官(当時)が、
82円までは円高を是認する、という意味の発言をして、
みんなの党の渡辺代表から「仙谷さんは本当に馬鹿だ」
と批判されていたが、
中尾財務官の発言も
ゲームで手の内をさらしたのと同じで、
馬鹿と言えば、この人も相当な馬鹿だ。
大体どんな権限があって、
日本国の通貨政策をマスコミに発言できるのか。

最近、福島原発の問題を
「人災ではなく、あれは菅災だ」
と言った人がいて、
うまいことを言うと思ったが、
日銀の鈍い姿勢といい、この財務官といい、
円高は「官災」かもしれない。


民主党代表選挙は
本命の前原さんがいやいや出て来るらしい。
いやいやというのは、
今回は静観して、
次を狙っていたからで、
しかし、野田さんの人気のなさから
出馬せざるを得なくなった。

前原さんは増税反対だし、
大連立も反対、
反小沢だし、
国民の目線に近い

前に代表だった時の失敗は、
永田偽メール事件への対応が悪かっただけだし、
もう一度やってみてもおかしくはない。
外国人献金問題があるが、
菅さんのやり方とは悪どさが違う。

選挙の基本は、
「出たい人より出したい人を」で、
あんまり小細工をしたり、
先のことでの戦略に縛られるより、
今の国難に自分が一肌脱ぐという
義侠心を持っていただきたいものだ。


今日、組合に帝国ホテル
かなり上の方がご来訪になり、
事務局長の懸念が一つ晴れた

というのは、
組合の新年賀詞懇親会は、
「曜日にかかわらず1月6日」と決まっており、
今年と来年は帝国ホテルの光の間を確保したが、
再来年以降の確約がまだいただけていなかった。
次の事務局長にバトンタッチする際の懸念材料だったのだが、
その確約が、今日取れたのだ。
これで新年賀詞懇親会については、
安心して引き継ぐことができる。


ごく最近、
3月11日の大地震の際、
他のホテルは軒並み帰宅難民をホテルから閉め出したが、
帝国ホテルは社長命令で大宴会場を開放し、毛布を提供し、
のみならず1500人を超える難民に
朝はスープとパンを振る舞った、
という話を聞いた。
あの時、新宿のホテルがそういうことをした、
という話は聞いたが、
あの格式高い帝国ホテルでそういうことがあったとは知らなかった。
あまり報道されなかったから。

その話を聞いて、
似た話を思い出した。

テレビ東京の「カンブリア宮殿」は、
村上龍が一流の財界人から話を聞くという
なかなかの番組で、
そのことは前に紹介↓したが、

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20100818/archive

その時に書き落としたもので、
窪山哲雄さん
(「伝説のホテルマン」といわれ、
石ノ森章太郎の「HOTEL」の東堂マネージャーのモデル。
ホテル洞爺を再生させた人)
が、
ニューヨークのウォルドルフ・アストリアの総支配人であった
フランク・G・ワンゲマンという人の挿話を紹介していた。

この人は、すごく厳しい人で、
非番の日にホテルの近所で
ネクタイをしていなかった
ホテルの幹部にたまたま出会って、
その場でクビにした。
ホテルから10キロ以内の範囲では、
誰と会うか分からないから、
ある程度の立場の人間は
ちゃんとした格好をしていないといけない、
という理由。

その厳しい人が、
ニューヨークの大停電の時、
ホテルをホームレスたちに解放した。
そして、
宴会場から持ってこさせた
ローソクに火をつけて
一人一人に渡していた。
ボタボタとロウが高い絨毯に落ちているにも関わらず。

目撃者だった窪山さんが、後日、
「どうしてそんなことをしたのか」と訊いた。
普段は格式を重んじてやっているところだから、
そういう人が来たって、
すぐ追い払うじゃないか、と。

すると、ワンゲマンさんの答えはこうだった。

「何かあった時のホテルとはいうのは、
公のものに戻らなきゃいけないんだ。
だから、あれはウォルドルフ・アストリアではない。
みんなが安全のために来るところである。
そういう時はどんな差別もいらない」


帝国ホテル社長の小林哲也さんは、
この話を窪山さんから聞いたか、
どこかで読んだかしたのだと思う。
もし、窪山さんの薫陶なしに
それができたとすれば、
既に体質的にそれを持っているわけで、
それはすごいことだと思う。

今日詳しく聞いた話では、
あの3・11の日、
日比谷公園が避難所になっており、
そこから帰宅難民者が続々トイレを借りにきていた。
帝国ホテルはそれを拒まず、
休憩所として宴会場を提供し、
自然にああいう形になったのだという。
社長や支配人の指示がなくても
社員たちは毛布を出してきて、
携帯電話の充電器を集めて来て、
寒空からやって来た帰宅困難者を守った。
女性たちは化粧のために洗面所を利用し、
それにも積極的に対処した。
その後、沢山の感謝の手紙が帝国ホテルには寄せられたそうだ。

ホテルほど一流二流の区別がはっきりしているところはない、
というのが事務局長の持論。

設備だけでなく、
人間が接待する場所だから、
人間力がものを言う。
二流ホテルに泊まると、
ホテルマンたちのレベルも二流だとよく分かり、
泊まった自分の格が落ちてしまったような気になる。
一流ホテルに泊まると、
料金が高くても、
「心地よいもてなしを受けた」という
充足感は他に比べられない。

聞けば、
帝国ホテルの社員は、
入社すると、
トイレ掃除から始めさせられるそうだ。
やはり超一流の企業は違う、と思う。


法政大学の教授だった小川孔輔(こうすけ)さんのサイトに、
帝国ホテル・小林社長へのインタビューで、゛
「良きホテル人の3条件」というのが載っている。
小林社長の言う、
「ハード、ソフト、人材」の3要素の話の中で、
次のように書いている。

三番目の人材について、
ホテル業界に向いた人間の条件を小林社長に尋ねてみた。
回答は以下の通りであった。
良きホテル人の三条件と呼ぶことにしよう。

 1 基本的に人間が好きであること
    接客業であるから当然である。人が嫌いでは・・・
 2 勉強をいとわないこと  
    採用に当たっては、その時点の能力( 頭が良いとか)よりは、
    その後の成長を見るので。ぴかぴかに磨ける素材が欲しい。
 3 人間として誠実であること
    性格について「めい・げん・そ」(明元素)を求めるとのこと。
    ホテルパーソンは、明るく、元気で、素直なことが大切。
 
3条件は、わたしが学部ゼミ生を採用する時の基準と同じである。
小川ゼミは「宗教的だ」(竹内先生!)とか
「体育会基準」(某先生)とも言われている。
が、わたしは、覇気のない人間、
元気のない人間、
理屈や文句ばかり言う人間( 一見頭はよさそう)は信用しない。
採用しないように、学生たちには頼んである。
なぜなら、からだが動かない人間は、
仲間ができないし、将来的に人間として伸びないからである。
学者の業績を見てもそれがよくわかる。
若いころ、学校秀才だったはずの研究者が、
40歳をすぎてからぴたりと業績がとまってしまうケースがある。
本人の努力や能力の限界もあるが、
それ以上に大きな要因は、
良き研究者仲間(ネットワーク)を得られないからである。
原因は、彼・彼女の人柄にある。
ホテルマンと同じ気質が、
研究者の成功要因についてもいえるのである。
つまるところは「人間力」である。
ビジネスパーソンも成功与件は同じかも知れない。


知っている人は知っているのだが、
事務局長は結構ホテルに興味があり、
外国に行くと、
ホテルを見るのが楽しみ。
ハワイやラスベガスのように
沢山の特色あるホテルがある場所は楽しくて仕方ない。
だから、毎回ホテルを変える。

数あるホテルの中でも帝国ホテルは素晴らしく、
先日の全国大会で泊まった大阪もそうだったが、
やはり超一流だと思う。
毎年「日経ビジネス」が発表する読者が選ぶホテル・ランキングで、
帝国ホテルだけが外資ホテルにまじって
ベスト5に入っているのもうなづける。


ところで、ホテル王の話で、
「ケインとアベル」という小説があり、
これは事務局長が人に勧める3冊の本の一つで、超面白い。
しかし、行事のことでいろいろなホテルマンに会うけれど、
この本を読んでいる人など皆無。
でも、やはり小林社長は読んでいるそうだ。
さすが。

「ケインとアベル」の良い感想が出ているブログは↓。

http://blogs.dion.ne.jp/hamalog/archives/9137289.html

最後に今日は、
↓の帝国ホテル120年史をいただいてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

300ページの大部で、簡単に読める本ではないが、
組合の応接間に置いて、
時々楽しみに眺めることにします。




実のある生活  

ベランダでカミさんが育てている
ゴーヤの実がなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても
ロウが垂れたような不気味な造形は、誰がしたのか。

クリックすると元のサイズで表示します

この花が受粉して、

クリックすると元のサイズで表示します

実となります。

クリックすると元のサイズで表示します

先端がからみつく先を探しています。

クリックすると元のサイズで表示します

隣の木にからみついたりしていますが、

クリックすると元のサイズで表示します

見つからないと、こんな状態に。

クリックすると元のサイズで表示します

あった!
とからみついた先が網戸。

クリックすると元のサイズで表示します

このまま行くしかない。

クリックすると元のサイズで表示します

この先はどうなるのか。

クリックすると元のサイズで表示します

「実が出来てる生活は、楽しい」
とカミさんは言っています。





円高対策と山崎悌史さん  

新聞によると、
円相場が戦後最高値を更新したのに、
官邸の対応は依然鈍く、
菅さんや枝野官房長官はこの日、
官邸に姿を見せなかったという。
何をやってるんだか。

この問題は、
一種のリトマス試験紙みたいなところがあって、
政治家の感度やセンスが計られます。

北沢防衛相は、民主党長野県連大会で
「円高ドル安は間違いなく日本経済を直撃しており、
米国のみならずヨーロッパとも連携してどう対応していくかが、
これからの極めて重要な政治課題だ」

と強調したという。
及第。

小沢鋭仁( さきひと) 元環境相は、
今日のテレビの番組で、
「国債を発行し、
日本銀行が買い取る『買いオペ』により、
現金を(市場に)流すことが有効だ」

と指摘したという。
エクサレント。

馬淵澄夫前国土交通相も同じ番組で、
量的緩和策の実施を求めたという。
やっと、そういう人が増えてきたか。

自民党の石破政調会長は山口市での講演で、
「今回はある意味で通貨戦争と呼ぶべきものだ。
70円台を突破して60円台になった時、この国はどうなるのか」

と述べ、政府の対応を注視する姿勢を示したという。
もちろん及第。
この人の危機感は、いつも正しい。

自民党の小坂憲次参院幹事長もTBSの番組で、
「さらなる金融緩和と、
協調(介入)へ向けた国際社会とのコミュニケーションを実行できるリーダーを
選ばないといけない」

と訴えたという。
「協調介入」を言うだけ減点。
アメリカは「ドル安」を容認しているのだから、
協調しない。
そもそも「協調介入」などと他人の力をあてにしないで
日本一国でやれる方法は、
円札を大量に流すしかない。
そうすれば、デフレも解消される。

日銀の幹部は、
感度も鈍く、危機感もなく、
全員、落第。


などと、経済に触れた後で、
今日は日曜出勤。
出勤と行っても、
↓の文化放送に出かけました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここの12階からは、
芝離宮がよく見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ここに来たのは、
番組の収録に来ていた
山崎悌史(ていじ)さんにご挨拶。
来年の新年賀詞懇親会のゲスト歌手として正式に依頼し、
『東京食肉新報』の掲載号を渡して来ました。
すらりとした長身の大変な好漢です。
所属事務所の社長にも面会。

その後、深夜ラジオ「走れ歌謡曲」の公開録音を観ました。

山崎さんの最新CD
「男と女〜東京25時〜」↓は、

クリックすると元のサイズで表示します

カップリングの「男と女〜東京泣かせ雨〜」
「男と女〜東京ラブシティ〜」と
同じメロディに異なる詩を乗せたユニークな3部作
最後の「男と女〜東京ラブシティ〜」はデュエット曲で、
相手役を公募しており、
今日がその最終選考会

クリックすると元のサイズで表示します

(↑開会前の写真。本番は撮影禁止につき、以降は、写真なし。)

百数十名の応募者の中から
予備選考で選ばれた10人に歌ってもらい、
1人を選ぶ

そういうわけで、
全国から集まった10名のお嬢様(お○さんと言うと叱られる)の歌を聞きました。
十人十色とはいうけれど、
違う個性で同じ歌を歌うのはなかなかの見物。
それぞれドレスを着ての晴れ姿。
うちのカミさんもこんな感じなのか。

(注:事務局長のカミさんは、
趣味で歌をやっており、
年2回、ステージで歌う。
しかし、事務局長はまだ観ていない。
開催日は分かるが、
場所と時間は教えてくれないから。
ただ、数日前の家でのファッシッンショーには
付き合わされる)

山崎さんは関西が拠点なので、
半分は関西からの応募。
そういえば、今日は、
バスで7時間かけてファンが関西からやって来ていました。

選考の間、
山崎さんのミニコンサートがありました。
東京では初めてだそうです。
11月25日には、地元でディナーショーもあります。
元ボクサーなので、
「チャンピオン」をカバーで歌い、
素敵でした。

ご存じのように、
事務局長の普段聴いている音楽とは異なるジャンル。
しかし、やはりプロの歌は素晴らしい。
「男と女」は、
選考会で10回聴き、
コンサートでも3回聴きましたので、
すっかりメロディを覚えてしまいました。
歌えるかもしれない。
とてもいい曲だと思います。

「歌謡曲」という言葉もなつかしい。
まだラジオしかなかった頃、
よく聴きました。
三橋美智也の「達者でナ」とか「古城」「ああ大阪城」など
すぐ覚えました。
三橋美智也には「スリラー歌謡」というのがあり、
山のホテルの壁にシミがあって〜と歌う。
これはマイケル・ジャクソンの「スリラー」より早かった。

守屋浩も好きで、
大晦日に東京都体育館でやった
「コロンビア歌の祭典」というのには、
行列して行きました。
(そのDNAは、確実に娘に引き継がれています。)

中学に入ると、
ポール・アンカとかニール・セダカとかの洋楽の洗礼を受けて、
以降アメリカのポップスにはまって行きます。
ミュージカルに染まるのは、その後。
オペラに行くのは、更に更に、ずっと後。

などと思い出しているうちに選考は終わり、
事務局長が密かに
「この人になるのではないか」
と思っていた3人のうちの
一人が優勝。
山形県から来た石山さんで、
この方、歌も個性的でしたが、
見た目の雰囲気が一番良かった。
(歌手は見た目も大事です)

デュエット曲として完成した
「男と女〜東京ラブシティ〜」は、
来年1月の新曲のカップリング曲になるようです。

なお、この日の選考会の様子は、
9月17日(土)早朝3時〜5時の「走れ歌謡曲」で放送されます。





AutoPage最新お知らせ