ベトナム旅行  旅行関係

今朝の地震は驚きましたね。
この1カ月では最大で、
飛び起きてしまいました。
東京は震度3、千葉はでしたから、
境目にある浦安は震度3.5くらいあったのではないでしょうか。

などと書くと、
今日のブログが「予約投稿」ではないと証明されます。

この土日は久々に何もない休日で、
ゆっくりしました。
休みなので、
前に行ったベトナム旅行の写真を掲載します。

これは、組合の「積立旅行会」の第1回旅行で、
本来3月に実施する予定が、
東日本大震災で延期されていたものです。

といっても、
ホーチミンの写真は、
前に↓掲載したことがあり、

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20080429/archive

統一会堂、歴史博物館、ベトナム戦争証跡博物館、
ベンタイン市場、サイゴン大教会、中央郵便局、
水上人形劇、夜の屋台
などの写真は、そちらで見ていただくことにして、
今度初めて行ったところを紹介します。

その一つは、クチトンネル

車に乗って、郊外に出かます。

クリックすると元のサイズで表示します

途中の景色は、とてものどか。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムのお墓は、こんなお墓です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここが、クチトンネル。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナ戦争の時、地下トンネルを掘って、
アメリカ軍に対するゲリラ戦を行ったところ。
なんだか硫黄島を思い出します。

まず、↓のような集会所で

クリックすると元のサイズで表示します

当時のビデオを見せられ、説明を受けます。

クリックすると元のサイズで表示します

正面にあるのは、ホーチミンさん。

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムの人々は、
尊敬をこめて「ホーチミンおじいさん」と呼びます。
周知のとおり、
南ベトナムの首都サイゴンは、
戦争が終わって、ホーチミン市と名称が改められました。

↓こういう道具でトンネルを掘りました。

クリックすると元のサイズで表示します

日本人が思っている「ジャングル」とは、
ちょっと印象が違います。↓

クリックすると元のサイズで表示します

↓地下への入り口。

クリックすると元のサイズで表示します

実演してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

体の小さいベトナム人だから入れるので、

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカ兵は、後を追えません。

クリックすると元のサイズで表示します

蓋を閉じると、そこにあることが分かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

他に入れるところもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

入ってみましたが、

クリックすると元のサイズで表示します

狭くて、日本人にもきつい。

クリックすると元のサイズで表示します

こうしたトンネルが全長200キロもあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、落とし穴。下に槍があり、落ちたら助かりません。

クリックすると元のサイズで表示します

↓は、罠で、藪の中から飛び出して人を刺します。

クリックすると元のサイズで表示します

まさに、インディ・ジョーンズの世界。

↓は、女性以外は、人形です。

クリックすると元のサイズで表示します

ホーチミン市内は、戦争証跡博物館以外には
戦争の痕跡は見当たりませんが、
ここに来ると、
まさに戦争があったことが分かる、
貴重な経験をしました。


もう一つの報告は、ミトー観光

車で南西方向へ。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどん新しいマンションが建設されています。

クリックすると元のサイズで表示します

無料の高速道路。ここへはバイクは入れません。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間半ほどで、メコン河に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

河の中のタイソン島に渡ります。

クリックすると元のサイズで表示します

この島には美人が多く、韓国からはお見合いツァーが来るそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

桟橋へ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

こういう船で島へ。

クリックすると元のサイズで表示します

メコン河は広い。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、鰻の養殖がされています。

クリックすると元のサイズで表示します

島の船着き場へ。

クリックすると元のサイズで表示します

島への第一歩。

クリックすると元のサイズで表示します

おみやげ物屋が迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この島の産業は、観光とフルーツなど。

クリックすると元のサイズで表示します

ドリアンの試食です。

クリックすると元のサイズで表示します

水桃や巨峰を食べている日本人にはちょっと。

クリックすると元のサイズで表示します

おいしいものを食べすぎた日本人は、ある意味不幸です。

養蜂園もあって、ロイヤルゼリーも売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

巨大ニシキヘビも歓迎。

クリックすると元のサイズで表示します

民家も見学。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

仏壇?

クリックすると元のサイズで表示します

テレビもあります。地デジではありません。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、ココナッツキャンディ工場。

クリックすると元のサイズで表示します

原料は椰子。

クリックすると元のサイズで表示します

煮て、甘みをつけ、

クリックすると元のサイズで表示します

型に取ります。生キャラメルを試食。

クリックすると元のサイズで表示します

これをせっせと包装。

クリックすると元のサイズで表示します

正真正銘の手作りキャラメル。

クリックすると元のサイズで表示します

40枚も入っています。
結構おいしい。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長は、午後、少し空腹になると、
デスクの下から出して、なめています。

ここでは、

クリックすると元のサイズで表示します

島で取れたフルーツをふるまわれ、

クリックすると元のサイズで表示します

島の若い娘たちが日本語の歌を歌います。

クリックすると元のサイズで表示します

「上を向いて歩こう」とか「幸せなら手をたたこう」とか、
誰が教えたのか、相当古い。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はアップテンポの「蛍の光」をにぎやかに歌います。
韓国語や英語のレパートリーもあるようです。

島にはフルーツが沢山。

クリックすると元のサイズで表示します

バナナや、

クリックすると元のサイズで表示します

瓜のような果実が。

クリックすると元のサイズで表示します

↓こんな道を歩いていくと、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなところに出ます。

クリックすると元のサイズで表示します

本物のジャングルクルーズの始まりです。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、相当面白い体験。

クリックすると元のサイズで表示します

漕ぎ手は女性で、

クリックすると元のサイズで表示します

ベトナムの女性は、本当に働き者。

クリックすると元のサイズで表示します

戻って来た船とすれ違います。

クリックすると元のサイズで表示します

ぐるりと一回りする形にすればいいのに、
というのは、ディズニーランドを見ているからで、

クリックすると元のサイズで表示します

そうならない事情は、後で分かります。

クリックすると元のサイズで表示します

途中、民家の様子も見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

大河に出ると、そこが船着場で、

クリックすると元のサイズで表示します

帰りの船が待っています。

クリックすると元のサイズで表示します

買ったキャラメルも、名前を書いて船に届いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど、そういう仕組みであったか。

クリックすると元のサイズで表示します

母なるメコンが上流の土を運んで来て、デルタを豊かにしています。

クリックすると元のサイズで表示します

濁った水はそのためで、
「隅田川をきれいに」などという日本人とは感覚が違います。


↓はおまけ。ベンタイン市場。

クリックすると元のサイズで表示します

自費とはいえ、食肉組合の旅行団ですから、お肉屋さんを視察。

クリックすると元のサイズで表示します

やはり働いているのは女性ばかり。

クリックすると元のサイズで表示します

↓脳味噌も売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

生食は、きっとないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

午前中で肉は全部売れてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

知らない国の人々の
全く違う生活や文化や歴史に触れる
まさに旅行の醍醐味を味わう
ベトナム旅行でした。





AutoPage最新お知らせ