ラジオの生放送に出演  

今日は休みですが、
木場まででかけて、
ラジオの生放送に出演しました。

レインボータウンFM大江戸放送局で放送されている

クリックすると元のサイズで表示します

「江東モーニング!」という番組。

クリックすると元のサイズで表示します

受信出来るのは、
江東区と墨田区及びその近辺の電波の届く範囲。
ネットでも配信されているので、
全国どこでも、
否、世界のどこでも聞くことが出来ます。
ネットはスタジオの映像付きです。

事務局長、テレビやラジオに出たことはありますが、
生放送は初めて

東西線木場駅そばの深川ギャザリアに、
↓のようなサテライトスタジオがあって、

クリックすると元のサイズで表示します

中は↓こんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

すごい調整卓をディレクターの方がひとりで操作します。

地震発生時への対応のために、
↓のようなコメント台本が用意されています。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口には、↓のような注意書きが。

クリックすると元のサイズで表示します

組合の前々理事長は出演出来ません。


「江東モーニング!」は、
「お肉応援隊長」の香蓮さんがパーソナリティをつとめており、
↓左のとんとんさんと、右の上村潤さんと一緒に楽しいお話をする番組。

クリックすると元のサイズで表示します

香蓮さんと「お肉応援隊長については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110620/archive

事務局長は、
「トントンとかれんの『てげてげトーク』」というコーナーに
ゲストとして登場。
『東京食肉新報』7月15日号に
香蓮さんの紹介がされており、
このタイミングで
食肉組合の事務局長が出演して、
「セシウム問題で揺れる食肉業界と小売店」
という話をしたわけです。

知っている人は知っているように、
事務局長は早口で、
BSEの頃、国際的なシンポジウムで、
「同時通訳が間に合わないので、
もっとゆっくり喋ってくれ」
と叱られたことがあります。

講演会などでは、
手元に「ゆっくり話すこと」
というメモを置いておきますが、
困ったことに熱が入ると早くなります。

「少し早口ですがいいですか」
と打ち合わせの時聞いたら、
「そのままでいいです」というので安心。
元々、ラジオは早口ですからね。

香蓮さんの質問に答えて、
セシウム問題での畜産農家、卸売業者、小売店の
厳しい状況を話し、
今後の方向としては、
8月3日までの稲わらの調査で、
一定の区切りが出来ること、
福島原発の問題が終息すれば、
同時に終わるなどの
見通しを話しました。

最後は
「心配なら、今は牛肉を食べなくても結構です。
その代わり、福島や宮城の豚肉を食べて応援して下さい。
そして、この問題が終息したら、
それまで食べなかった分も加えて、
沢山牛肉を食べて下さい」

と締めくくり。

後で録音を聞いたら、
とりあえずポイントは外さなかったようです。
声が若いね。

とんとんさんが、このブログを読んでくれたようで、
「何か言いたくなる病」や「予約投稿」のことを持ち出されて、
ちょっと慌てました。

「何か言いたくなる病」については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110720/archive

「予約投稿」については、↓をクリック。

http://star.ap.teacup.com/applet/shokuniku/20110507/archive

香蓮さんが旅行のことに誘導してくれたので、
旅行の話で個人的に盛り上がりました。

録音を聞いて思いましたが、
やはりプロの方はマイクに声を乗せるのがうまい。
やはり特殊な技術なんでしょうね。
香蓮さんは、
からみが上手でした。
きっと、天分だね。
サンシャイン水族館の話が出た時、
「どこにあるんですか?」
という質問に一同がのけぞりましたが、
香蓮さんは、地方(宮崎県)出身です。

というわけで、
今日は貴重な経験をさせていただいた土曜日でした。

香蓮さんのブログ↓に、今日のことが掲載されています。

http://www.karensong.jp/?p=diary&di=720018


帰りは東西線で浦安駅へ。
駅のそばには、↓のようなラーメン屋さんがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

いつもはワンタンメンを食べるのですが、
メニューになくなっていたので、
↓うま煮麺とギョウザ。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのギョウザは安くてうまかったのですが、
150円が300円に値上げ。
手打ちの麺を使っているので、
かなりの太麺。
確か昔は縮れ麺だったような・・・。
人によっては好みが分かれるかもしれません。

30年も昔、
カミさんが先天性股関節亜脱臼の手術で
半年間入院した時、
日曜日、学齢前の娘の手を引いてお見舞いした帰り、
いつもここで夕食を食べました。
はるか昔の事務局長家の涙の歴史の一コマです。






AutoPage最新お知らせ