司令塔の不在  

本日は3時に予定されていた食肉市場の実務者会議が、
農水省の説明会の時間と重なったために、
明日に延期。
静かに仕事のできた1日でした。

説明会、事務局長も行こうかと思いましたが、
「何か言いたくなる病」が発症して、
過激な発言をするといけないので、やめました。

昔は必ず会議や説明会で挙手をし、
中には、「始まった、始まった」と
楽しみにしていた方もいたようです。

10年前のBSEの時には、                           
農水省の講堂で、
あるリスクマネージメントの講義を聞いた後、
「それで、今、我々は何をすべきなのか」
と質問したところ、
「打つ手はありません」                             
と答えられて、
「我々を集めて、2時間話を聞かせて、
結論が、それですか」
と怒ったことがあります。

若気の至りでした。


会議がなかったため、
芝浦は特に動きがなく、
中央卸売市場の市場長が交代したので、
各団体の長が集められ、
それが5分で終わり、
芹田理事長はぷりぷりしながら戻って来ました。
分かっていたので、
事務局長は最初から欠席。

事務局長、朝日新聞にちょろっと登場。


今度のセシウム問題の盲点だった稲藁ですが、
現地に行った農水省の役人の目には触れていたはずで、
「野外に置いた稲わらを牛が食べたら大変なことになるから、
全部撤去せよ」
それまで行かなくても、
「稲藁の放射線量を調べろ」
という指示は出せなかったものでしょうか。

我々素人は、稲藁が野外にある光景など見ていないので、
イメージは湧きませんが、
専門家がその光景を見て、
何も感じなかったとすれば、
それは想像力が不足していたとしか思えません。

そういう意味で、
慧眼の司令塔の不在を今度も感じます。

今の日本の不幸は、
司令塔の存在で、
ますますひどい円高↓が進行していますが、

クリックすると元のサイズで表示します

もはや誰も問題にしない。

日銀も何も手を打とうとしない。

円高により国民の資産が何百兆円の単位で失われているのに、
日本のエンジン役である輸出産業が疲弊しようといているのに、
何もしないでいる神経が分かりません。

たとえば、アメリカがドルを刷ってドル安に誘導した向こうを張って、
円を多量に刷る「量的緩和」という策はあるし、
それはデフレに対する効果も生むのに、やろうとしない。
決断力がなく、責任取りたくない症候群に侵されています。
人気のない大学教授や
仕事の出来ない地方公務員みたいな顔をした総裁は、
デスクに座って、「やれない理由」でも探しているのでしょう。

前にも書きましたが、
「物価の見張り人」を自認する日銀は
インフレを恐れてばかりで、
デフレの克服法を知らない。
20年近くデフレが続いている状態というのは、
やはり、打つべき人が打つべき手を打ってないわけで、
これも前に書きましたが、
日銀の人には「自国通貨が強いのはいいことだ」
という幻想に捕らわれているとしか思えません。

今だに瓦礫の整理さえ終わっていない被災地の現状も
司令塔の不在を感じさせ、
あの時、ただちに現地に対策本部を置き、
一人の信頼出来る人に権限とお金を与えて指揮させたら全然違っていたでししょう。
いや、岩手と宮城と福島に一人ずつ責任者を置いて、
競わせたら、もっと早く復興は進んだかもしれません。

それが菅さんが何でも関与しようとするから、進まない。
「聞いてない」とか「俺を通せ」なんていう人がいると、
どんな組織も会社も動きがとれなくなります。

↓は、秀逸なサラリーマン川柳。

「なぜだろう。私がいないと、うまくいく」

総司令塔である総理があんな状態だから
ということはもう通らない。
民主党の若手はどうして反乱を起こさない。
署名活動をしているようですが、
それを鳩山さんが邪魔をする。


最後は政治ネタになってしまいましたが、
ため息ばかりの昨今。

                                        
見て下さい。
↓台風6号の不思議な動き。

クリックすると元のサイズで表示します

台風でさえ、
被災者のことを思って、
被災地を避けていくのだとしか思えません。
台風6号の司令塔は正しい判断をしたようです。









AutoPage最新お知らせ