大変な一週間  

困ったことになりました。
新たに発覚した42頭は
計画的避難区域や緊急時避難準備区域のものではなく、
福島原発からは60キロも離れた場所。
しかも、原因は
屋外に放置された稲藁。
農水省の指導は牧草についてはあったものの、
稲藁には徹底しておらず、
計画的避難区域や緊急時避難準備区域ではないのですから、
普通に流通してしまったのでしょう。

この問題では、
畜産農家を責められません。
知っていて食べさせ、
知っていて出荷したわけではないのですから。
誰も責められない。

ただ、
想定外のことが次々と起き、
今までブログに書いたことも
訂正しなければなりません。
申し訳ありませんでした。

「福島県産のものは、全て危険だ」というのは、誤りですが、
安全と言い切るのも気が早すぎと思います。
なぜなら、セシウム検出の牛の福島県浅川町は、緊急避難区域外ですよ。


というコメントを記入された方の言うとおりです。

今までたくさん人々が、
「食べることが支援になる」と言って、
福島県産の野菜を買い求め、
福島産牛肉も食べてきました。

昨日と今日、全肉連は
大井競馬場で
福島産牛肉を食べていただくイベントさえやっています。
沢山のお客さんが食べてくれています。
(提供した牛はこの42頭ではなく、
また、肉そのものも検査済みです。
念のため。)

こうした努力はどこにいくのか。

福島県は各畜産農家ごとに
枝肉を検査して、
合格になった農家のもの以外は出荷しないという措置をするそうですが、
しかし、
稲藁が感染源だとすれば、
それが周辺県に拡大していかないという保証はありません。
稲藁が県境で検門されるわけではないのです。


今朝も市場では緊急会議
中には、
6頭の問題は片づいたので、
久しぶりにフットネスクラブで汗を流し、
ロッカールームに戻ったら、
携帯に着信が何件も入っていて、
あわててあちこちに指示を出し、
今朝も早朝からやって来た方もいました。

既にと畜場まで来ている福島産牛をどうするか、
今後どうするか、
保管している11頭をどうするか、等、
詳しくは書けませんが、
大変な問題もあるようです。

とりあえず、
今判明している42頭については、
卸売の方から小売店への追跡をしなければなりません。
東京に来たのは13頭ですが、
ことはそれほど簡単ではなく、
他県から枝肉の形で搬入したものが8頭あり、
各卸売の方は横浜や千葉でと畜したものを仕入れており、
牛肉の流通は複雑です。

42頭分の個体識別番号に基づき、
各卸売の方から小売や量販店、外食に連絡し、
保管または回収することになりました。

組合でも相当数の牛肉を共同購入していますが、
個体識別番号で調べたところ、
該当の牛肉はなし。
ちょっとほっとしました。

個体識別番号は、
10年前のBSEの置土産ですが、
今考えてみると、
あの時導入しておいてよかった
ということになります。

組合員からも
自分の家の牛肉を調べてほしい旨の連絡もあり、
結果はシロ。
こういうところで役立っています。


新聞は夕方届き、これで終了。

考えてみれば、今週は大変な一週間でした。
月曜日の6頭問題の早朝会議から始まり、
金曜日の42頭の問題まで、
放射性セシウムは、
一週間、通奏低音のように
心の中に響きわたっていました。

その間に常務会をし、
新聞の編集をし。
組合年金の決着も今週でした。
38年の歴史の幕引きは、
実にスムーズにいき、恐ろしいくらい。

夜、事務所を出て、
駅に向かう途中、
どっと疲れが出ました。

家に帰って
毎週見ている「デスパレートな妻たち」を観ながら船をこぎ、
そのまま寝てしまいました。
ブログの更新が遅れたのは、
そのためです。
朝一番でこのブログを読んだ方、すみませんでした。





AutoPage最新お知らせ