セシウムと三田製麺所  

昨夜はとうとう12時を回ってからの帰宅となりました。
セシウム問題で、
組合員に対する文書を書いていたためです。

その文書は、理事長と担当部長の承認を得て、
全支部長と全理事にFAX

この問題の組合員からの反応は意外と少ないですが、
仮に福島産の牛肉の在庫を抱えている店舗も
量が少ないためかなんとかしのいでいるようです。

むしろ量の多い卸売の方の方が大変なようで、
今日の緊急会議でも
卸売団体の方から、
量販店や外食に納めたものが、
「売れないから引き取れ」
と言われて困っているようです。
大手からは「東北のものは全部ダメ」
と言われているそうです。

一度買い上げたものを
売れないから引き取れ、はないと思いますが。
しかも、そんな理由では、
風評に踊らされていることになってしまいます。

こういう会議に出ていると、
常に10年前のBSEの悪夢が頭をかすめますが、
あの時に組合員のお店での牛肉の売り上げが
マイナス90%にまで落ち込んだような
被害は出ていません。
違いは、
あの時は、全牛が対象だったが、今回は特定の地域のもの
という点があるようです。

しかし、あの時は、
「病気の原因物質であるプリオンは肉には存在しない」
という、最後の防衛線があったのに対して、
今回は、現実に肉の中から放射性物質が検出された、
ということが辛い。
しかも、それが畜産農家の行為、という
人的要素がからんでいる点で、
今後も拡大の要因を含んでいる点が違います。

今後、該当地域や福島県全体での「全頭検査」にまで発展すれば、
証明書の問題や
証明書のない肉(全頭検査以前の肉)の在庫はどうする、
引き取ってくれるのか、
燃やすのかという、
10年前の問題の再現になりかねません。

問題の畜産農家から出荷された牛肉は既に販売されて
人の口に入っており、
残った肉からも規制値を超える放射性セシウムが発見されているのも
前より進んでいます。

救いの綱は、
現在の放射線量では、
仮に食べても健康に被害が出るような量ではない
(毎日1キロのステーキを1年間食べ続けても、
健康には影響がない)
ことですが、
しかし、理屈ではそうでも
口に入るものは理屈を超えています

今後、じわじわと
牛肉の消費にも影響が出てくるでしょうし、
口蹄疫に続くこの事態に、
畜産農家の疲弊も大きい。
まだまだ先が見えません。


ところで、昨日、ブログのアクセス数を調べてびっくり。
震災の時の「浦安」「液状化」でアクセス数が増えた時を超えた
新記録となりました。

検索ワードを調べると、
セシウム、牛肉のセシウム、放射能、放射線量、牛肉の放射線量、
福島、牛、南相馬、東京食肉市場、畜産農家、汚染牛

などの言葉が並び、
ほとんどが初めてこのブログを訪れた方。
一般の関心の高さが分かります。

テレビを見ると、
放射能問題を考える消費者グループの全国団体のイベントも行われており、
安全に対する恐怖心を抱く人々の声を聞くと、
恐怖ほど人を駆り立てるものはないので、
乗り越えるのは困難だという気がします。

自分の住んでいるところ、
自分の食べているものに
不安を抱きたい人がいる一方、
レディ・ガガのように、
その日本にわざわざ来てくれる人もいるわけで、
人間は千差万別です。


明日の常務会へ向けて、
今日も残業でしたが、
家ではもう夕食を済ませたそうなので、
帰宅途中、逆方向の五反田に向かい、
評判のラーメン店へ。

金曜日深夜にやっている
「お願い! ランキング」という番組に
「地元民が選ぶ 本当に美味しいラーメン店が知りたい」というコーナーがあり、
雑誌で紹介される有名ラーメン店を
地元の人が美味しいと思っているとは限らないので、
5年以上在住・在勤の200名に路上アンケートを取り、
地元民がお勧めする
ラーメン店ランキングを作成、
そのベスト5を
お笑いタレントが、食べて、
全部を間違いなく当てれば賞金10万円をゲット、
当たらないと、
今度はベスト5を当てるまで、
延々とお店を訪ねてラーメンを食べ続けなければならない、
という、「お試しかっ!」という番組のスピンオフ企画。

先日、上野に行った際「珍々亭」を訪ねたのも、
そのベスト5のお店だからで、
今日はその五反田編で見た、ベスト1の店に。

ちなみに、事務局長は、
無類のラーメン好きで、
全国どこに行っても、ご当地ラーメンを食べるという人。
昔、実家が食堂をやっていた時代には、
子供ながら自分でラーメンを作って食べていました。
今も家では自分で作ります。
事務局長の作る野菜ラーメンが一番美味しいと、
カミさんと娘はおだてます。

五反田駅から5分、
組合員のお店の近くの
「三田製麺所」という珍しい名前のお店です。

クリックすると元のサイズで表示します

並・中・大が同じ値段というのも面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

具が追加注文でき、
↓これは「三田盛り」というセット。300円。

クリックすると元のサイズで表示します

出て来たのがこれ↓。

クリックすると元のサイズで表示します

う〜ん、これはうどんではないか。

で、初めて気づきましたが、
「つけ麺」とは書いてあるが、
「ラーメン」とはどこにも書いてない。
ラーメンと思うからいけないのだ、
と思って食べましたが、

う〜ん。

魚粉を交えた、濃い味スープ。
事務局長の口には合いません。
あとで薄め湯を入れると、
そこそこの味にはなりましたが、
全体は、
ラーメンをすする時のあの爽快感がない。
おっと、ラーメンと思ってはいけないのか。

地元民の方には悪いですが、
ちょっとがっかり。
あまりに多量の炭水化物を摂取したという後悔を後に、
五反田を後にしました。





AutoPage最新お知らせ