牛肉にセシウム  

困ったことが起きました。
ついに牛肉から
基準値を超える放射線量が発見
されてしまったのです。

しかも、発見したのは、
芝浦の東京食肉市場です。

放射性セシウムが検出された牛は
7月7日に出荷された牛で、
芝浦と場で8日に食肉処理され、
厚生労働省からの要請で調査(首の肉を検査)した結果、
暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超え、
最も高い肉で1キログラム当たり3200ベクレル、
最も低くても1530ベクレルが検出されたといいます。

11頭はすべて、
福島第一原発事故の緊急時避難準備区域内にある
福島県南相馬市の畜産農家1軒から出荷された黒毛和牛。
この11頭の牛肉は市場内に留め置かれて、
市中には流通していませんが、
同じ畜産農家の黒毛和牛は、
5月30日に2頭、
6月30日に3頭が芝浦と場で処理されていて、
既に市中に流通しています。

福島県では、
出荷する際、
体表面のスクリーニング検査をしています。
その数値は福島県のホームページに公表されており、
今まで、基準値以上の牛(生体)は発見されていませんでした。

しかし、今回の事態で、
牛の体表面の検査をしても、
内部の肉の放射線量は分からないということになります。
つまり、無意味な検査だということになってしまいます。

芝浦では、
放射性物質についての特別な調査はしておらず、
厚労省からの指示が今までに5回あり、
その際に行ったサンプリング調査(抜き取り調査)では
いずれも基準値を下回っていたといいます。


今まで事務局長は、
このブログでも、
「福島県の肉は不安だ」
という風評に対して、
牛肉の放射能汚染はない
と主張してきました。
その根拠は、下のようなものでした。

「牛たちは屋根のある牛舎で飼育されており、
空から降下する放射性物質にさらされてはいません。
食べているものは、飼料メーカーで製造された配合飼料で、
牧草を食べているわけではありません。
飲んでいる水は水道水で、雨水を飲んではいません。
つまり、家の中で生活している人間と同様です。
屋内で基準以上の放射線量は発見されていません。

今まで生きた牛や牛肉について
どんな検査を受けても
危険な放射線量のあるものが出ていないのは、
以上の理由によるものです。
豚も鶏も同様ですから、
放射能の心配は無用です。」


しかし、今回の事態で、
この主張は、
ことごとく覆されてしまいました。

今回の畜産農家で育った牛は、
屋内で飼育されていました。
食べていたのは、県外で作られた飼料とワラ。
水は井戸水だったといいます。

この畜産農家が牛に何を食べさせ、
何を飲ませたか                                 
を明らかにすることから始めなければなりません。

南相馬市は市外への牛の移動の自粛を決定。
福島県は県内で解体処理される肉牛について
放射性物質の全頭検査導入を視野に
検査強化の検討を始めました。
サンプリング調査の個体数も増やす方針だといいます。

同じ畜産農家が出荷した肉牛6頭が
5〜6月に東京食肉市場を通じて流通していたので、
都は追跡調査をしなければなりません。

いずれにせよ、
今まで主張していた
「肉は安全。
風評被害に惑わされるな」
という主張の根拠を失ってしまい
これからしばらく暴風雨にさらされそうです。



土曜出勤と『千思万考』  

今日は午後から出勤。
来週の常務会の前の資料作りで、
月曜日、あまりバタバタしたくありませんので。

実は先週ずっと、
すさまじい睡魔の支配下にあり、
まるで時差ボケかと思うほど眠かったのです。
原因は不規則な睡眠時間で、
夜中に起きてあれこれやっているうちに、
朝を迎えるということがしばしばでした。

今日は
午前中眠ったせいか、頭は少しすっきり。
音楽を聴きながら、
仕事が結構進みました。

夕方からは映画。
まあ、面白かったですが、
紹介するほどのものではありません。
観た映画も読んだ小説も、
何でもかんでもこのブログで紹介しているわけではなく、
大半は不掲載のうきめにあいます。
その中で、↓の本などは、
紹介したいな、
みんなに知ってほしいな、
と思った次第。


〔書籍紹介〕

クリックすると元のサイズで表示します

「千思万考」(せんしばんこう)

黒鉄ヒロシは時々テレビに出て、
マンガ家にしては(失礼)
鋭いコメントをしているが、
この本は、黒鉄ヒロシの造詣の深さを知るにふさわしいもの。

織田信長から宮本武蔵に至る、
戦国時代と幕末までの
歴史上の人物に対する短評集のようなものだが、
この人物分析が鋭く、ユニーク。
文化的経済的要素の中で
それぞれの人物が
どのような要因で歴史に名を刻んだかがよく分かる。

たとえば、

戦国武将のほとんどが領土拡大に目標を置く中で、
織田信長だけが天下統一を謳った。


などという一文は、
群雄割拠の中で、
どうして信長が
天下を取ったかの秘密だ。

信長の改革について

「楽市楽座の創設」
「関所の廃止」
「南蛮貿易の推奨」
「キリスト教布教の許可」
「兵農分離」


をあげ、

パイオニアとしての信長の改革の根幹は
「既得権益」の破壊にあった。
次の「規制緩和」は創造に当る。
すべからく、改革とは旧体制の既得権の破壊のあとの
新制度の創造であり、
ヒトの文明はこれを繰り返す。


と書く。

では信長はパイオニアたる視座をいかにして獲得できたか。
幼い頃から津島湊という伊勢湾の中継地に立ち、
出船入船を眺めながら
外国の文物と情報に触れたことは、
大いに信長の固定観念を打ち崩した。
外を見て、内を見直し、
内から外へと視座を返せば、
時代の正体が見えてくる。
                            

武田信玄については、
「武田二十四将」の上に自分を置かず、
その中に数え、
国内法施行については、
「違反すればこの信玄をも罰せよ」
自らを特別扱いしない、
民主主義、法治国家の先鞭をつけた
「哲学と科学の人」であることを明らかにし、

これほどに優れた信玄が、
何故に天下に遅れたか。
学問をし過ぎたのではなかろうか。
例外はあろうが、
知識の獲得は
予測性を高め
人を謙虚にするから、
調和をはかろうと
周囲の意見を聴き過ぎて慎重になり、
万事に於いて行動が鈍重になる嫌いがある。

更に、信長、秀吉、家康達、成り上がりとは違い、
源氏よりの名門意識ゆえに、
ついに発想が保守的に傾き易く、
結果、先祖伝来の甲斐という土地に縛られた。


と分析する。

他に「人が死に対して恐怖する理由」として、

@痛覚への不安
A近親者との別れ
B財産権の放棄
C不条理感


をあげているのは「なるほど」と思わせる。
特にCについては、

不条理感とは、
言語によってかけられた魔法を
言語によって解こうとする行為だから、
いつまでたっても堂々巡りなのは明白で、
これにいい加減ウンザリしたタイプが
ストッパーとして発明したのが
「神」や「仏」


だという分析も、
「なるほど」と思わせる。

文章は一行で短く書かれ、
その背後に
膨大な読書と教養のあることが伺わせられる。
黒鉄ヒロシ、おそるべし。
マンガ家にしておくのは、惜しい。(再三、失礼)





企画指導部会と夫婦の会話  

週末の2つ目の会議、企画指導部会

一つは、秋の惣菜・弁当講習会の
料理品目選び
『東京食肉新報』に掲載された料理22例の中から
どれがいいか、
ああでもない、こうでもないと議論したあと、
3品目に決定。
これは部会段階での決定ですので、
正式には
13日の常務会となります。

もう一つは、
以前紹介した「お肉応援隊 隊長」のシンガーソングライターの支援の件。
DVDを上映して、観ていただき、
支援することになりました。

これも13日の常務会で決まります。


↓は、まさに「内閣ひとり」が視覚化された写真。

クリックすると元のサイズで表示します

参議院予算委員会で、
菅さんが質問に答えている間、
閣僚が次々と席を離れ、
一人取り残されたという。

馬鹿馬鹿しくて聞いていられなかったのでしょう。

菅さんの粘り腰は驚嘆を取り越して不思議、いや不安ですが、
一体、誰がこの人を励ましているのでしょうか
誰かが励まさなければ、                           
こうした状況で、この踏ん張りは理解できません。

最も身近の奥さんが
「あなた、いい加減にしたら」
と言えば、心がぽっきり折れるはず。
先の松本サンには、その気配があります。

となると、
論理的に、
帰宅した菅さんを床の中で励ましているのは、
奥さんということになります。
ということは、
この日本という国の命運は、
菅さんの奥さんにかかっていることになる。
これは、恐ろしい。

「いや〜、今日も疲れた疲れた。お遍路さんやって以来だよ」
「でも、お遍路さんを再開したら、
次が『延命寺』だなんて笑えるわね」
「笑えないよ、俺は」
「せめて『長命寺』だったらよかったのに。笑える」
「笑えないよ。お前、なんでそんなに近頃ニコニコ嬉しそうなんだ」
「だって、この産経新聞の写真。笑える」
「知らなかったよ、後ろがそんなになってたなんて」
「気にしない、気にしない。
あなたは、市民活動家の時から一人でやってきて、
ここまでのし上がって来たんだから、
おぼっちゃん政治家とは違うのよ」
「岡田なんか、近頃、口もきかないんだぜ」
「ああ、あの鉄仮面。顔にシミ浮かべちゃって」
「小沢なんか、検察、早くしろよ」
「そうよ、あのガマガエル」
「安住の野郎、情けない内閣、なんて言いやがって」
「あら、安住さん、私、好きよ」
「なんだと」
「羽鳥さんも好きだけど」
「違うよ、それはアナウンサーだろう。
俺の言ってんのは、安住国対委員長!」
「ああ、あの、なべやかんみたいな顔した人」
「お前はいつも顔のことばっかりだな」
「顔は大切よ。はい、今からパックしましょうね。
それにしても、みんな馬鹿よねえ」
「何が」
「あなたの性格は、やめろやめろと言えば、
どんどん依怙地になる性格なんだから」
「俺ってそうか?」
「そうよ、だから、私はがんばれがんばれって言っているのよ」
「なんだ、お前、実はやめさせたいのか」
「でも、効き目ないから、今から方針転換。
あなた、やめなさいよ」
「・・・・・」
「すぐ、や・め・る・の・よ」
「・・・・・」
「やめて、大恥かくの。史上最低の総理、と言われるの」
「・・・うわ、闘志が出て来た。絶対、やめない」
「シメシメ。やっぱりこうなった」
「何か言ったか」
「いいえ、何にも、あなた、明日やめるのよ」
「やめるもんか」
「やめるの」
「やめない」


などという会話が毎晩繰り返されているのではないか。
だとしたら、国民は不幸です。

創作です。念のため)


総務部会と異業種交流  

週末の2つの会議の一つ、総務部会

理事・支部長会の運営を決めたあと、
早くも新年賀詞懇親会の内容を検討。
特に、ゲスト歌手候補のCDをかけて聞いてもらい、
総務部会段階ではOK。

長く続いた女性演歌歌手のあと、
前回はムード歌謡コーラス。
そして、次回は歌謡曲歌手を男一人、女一人
女性歌手は新人ですが、
男性の方は10年選手で、
実にうまい。

正式には来週の常務会で決定して、紹介します。

本日の重要課題は、
慶弔規程の見直し
「3年ごとに見直しする」
と定めてありながら、
実施していなかったので、
各条文を読みながら1条ずつ検討。
本質的な改変はありませんでしたが、
微調整が必要なところもあり、
そういう時は、
「このようにしたらいかがですか」
と事務局長の出番です。

8年前、相当綿密に作ったものなので、
大きな変化はありませんでした。


夕方から、「異業種交流」。
↓新橋のさつま料理の店で。前理事長のお店のすぐそばです。

クリックすると元のサイズで表示します

↓のような生食の料理が次々出て、

クリックすると元のサイズで表示します

時節柄、ドキドキ。
やはりおいしいですね。
しかし、食肉組合の事務局長が
生食の中毒で死んだりしたら、
週刊誌ネタにされかねません。

この交流の場は、
簡単に言うと、
3年前の団体旅行参加者の交流会
帰国後会合は1度くらいは持っても、
3年も続くのは珍しい。
しかも半数以上の十数名も集まるとは。
幹事の腕がいいのか、
それとも前世の因縁か。

異業種交流の良いところは、
日常的な狭い発想を越えた
新たな刺激を受けるところで、
昨年の会合で
事務局長が発したある提言が、
1年後にはあるイベントとして結実しており、
関係者によれば、
「歴史に残る」ほどのものだそうです。
過大評価ですが、ちょっと嬉しい。

事務局長自身も1年前のこの場で、
ある方が発したある一言によって、
ある文化的価値のあるものに触れることが出来、
人の交流とは面白い。

「ある○○」「ある○○」の連続ですね。
関係者に迷惑がかからないように、伏せ字になっています。

事務局長の立ち位置は、
業界を越えた多様性にあるようで、
映画関係の人より沢山映画を観ていたり、
旅行関係の人より旅に詳しかったり、
遊園地関係の人より多く海外のテーマパークに行っていたり
というところが面白がられたり
不思議がられたりするようです。

娘の高校時代、
娘の口から語られる父親の行動様式から、
同級生たちは、
事務局長のことを、
映画関係の仕事をしている人だと
勝手に思い込んでいたらしい。

そういえば、
組合を訪問する方々の中で、
旅行代理店と証券会社と報道関係の人に、
事務局長はやけに受けがよい。

職業の選択を誤った、
と言っても今更どうなるものでもありませんが・・・。

あれこれ話す中、
「来年は韓国に行こう」という流れに
いつの間にかなっていました。
本当に実現するのでしょうか。
もし実現するとすれば、
まぎれもなく前世の縁(えにし)があるに違いない。




焼肉ひとり  

金曜日の会議の資料を準備しつつ、
来客を数組こなしました。
特に、
来週の常務会の際、
資源エネルギー省の「節電サポート事業」による
節電説明会を一緒にすることになったので、
その打ち合わせに見えました。

とにかく、この夏の国民的課題(実は、東北と関東のみ)は、節電。
節電に協力してWEBへの掲載を同意した店舗には、
「節電実施中」のステッカーをくれるそうです。

それにしても、
この後ろ向きな仕事に用いるエネルギーを
他のことに使えないのでしょうか。

一方、
組合員からは
「福島の牛肉を売っているが、
堂々と売りたいので、
行政で測定して、
証明するように、
言ってくれないか」

という声を次長が受けました。

福島県では原発から一定距離の土地から
出荷される牛を
生体のまま測定しており、
その放射線量が基準以下であることを示すデータを
公表していることを
次長がみつけてくれたので、
今後、それで説明することにします。
新聞にも掲載します。

安全な牛肉を
福島県産というだけで心配する、
まさに風評被害です。

その根底には、
放射能に対する無知があり、
それは報道も同じで、
産経新聞に↓のような一文が掲載されていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

加藤さんの言うとおりで、
我々はBSEの時に、
トンチンカンを沢山聞きましたが、
今も同じ。
まさに、歴史は繰り返す、です。


夕方から、上野へ。

まず、いつものように↓ここに行って、

クリックすると元のサイズで表示します

↓このお店へ。

クリックすると元のサイズで表示します

深夜の番組で、
地元に長年住んでいたり、
勤めていたりする人たちによる
ラーメン店のベスト5を当てる、
という番組があり、
その上野編で第1位になったのが、ここ。

おススメは、↓のタンメン。

クリックすると元のサイズで表示します

たしかに、正統的タンメンで、
スープも麺も野菜もおいしい。
これで600円ですから、
地元の人に愛されるはずです。

最近、新しい味を追求するという
創作ラーメンが沢山ありますが、
あの手のもので、
おいしいと思ったことは一度もありません。
でも、ここのは何も奇をてらわずに、
おいしく、安い。
これなら、毎日でもいい。

次は、↓ここへ。

クリックすると元のサイズで表示します

↓の「トゥーランドット」を観る(聴く)ためです。

クリックすると元のサイズで表示します

事務局長、
今さらどうして、と言われそうですが、
やはり、
日本のオペラをけなしていても、
時々観なければ、公平さに欠けますので。
なにしろ、「二期会60周年記念公演」ですから。

結果は△。
やたらとテンポの早いオーケストラに
歌手が追いまくられるようで、
プッチーニらしくない。
巨大な歯車の回る地下工場のような場所で、
制服の群衆と
けったいな衣裳の支配層によって展開する演出は
何を意図しているかがさっぱり分からない。

リューの死で一旦止めるやり方を見たのは
二度目ですが、
流れが止まり、
こういうことはやめてもらいたい。

歌手陣は、歌も演技もか細い感じで
全体的に「なんだかな〜」という感じ。
どうして日本のオペラ歌手は、
こんなに演技がヘタなのでしょう。

ちっともブラボーでないのに、
ブラボーが連発されるカーテンコールは、
さびしくなりました。

高いおカネを払って
文句をたれるのは
不条理なので、
これ以上はやめておきます。


その後は、↓へ

クリックすると元のサイズで表示します

昨日のブログに、

劇団ひとり

内閣ひとり

焼肉ひとり


と書きましたので、
せっかく上野に来たのだから、と
やって来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

中はこんな感じで、

クリックすると元のサイズで表示します

自習室のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

↓の紙に注文数を書いて、

クリックすると元のサイズで表示します

右のボタンで店員を呼んで渡します。

クリックすると元のサイズで表示します

前に見える景色は↓。

クリックすると元のサイズで表示します

脇は↓で、食事に集中できそう。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビを一つずつ付けたらどうかと思いますが、
そうすると回転率が悪くなるかもしれません。

↓で、計2030円。

クリックすると元のサイズで表示します

ミノとホルモンは量が多いですが、
肉の1枚ずつ、というのは、相当淋しい。

クリックすると元のサイズで表示します

サラリーマンのランチとしてはいいでしょうが、
夜の食事としては、
孤独感が体を包みます。

クリックすると元のサイズで表示します

予約すれば、二人席も用意できますが、

クリックすると元のサイズで表示します

ならば、向き合って座る
普通の焼肉屋に行けばいいのでは。
それとも、上司と来た時は、
権利関係が明らかな、この方がいいのか。

ここに、劇団ひとりが来たら
さぞ面白いでしょうが、
招待したら、断られたそうです。
(ウソ)

いっそのこと、
菅さんを呼んだら、
良い写真になりそうです。

焼肉ひとりで食事をする内閣ひとりを見守る劇団ひとり。

ラーメン → オペラ → 焼肉という、
相当変なコースを歩いた
事務局長でした。








AutoPage最新お知らせ